私は寝取られ性癖の持ち主で、妻(33歳)には私の前での他人棒を公認しています。
私が同行できない時は、撮影が条件で他人棒を公認しています。

初めての時は妻のオメコに他人棒が出し入れされるのを撮影しながら、触りもしないのにパンツの中に2回も出してしまいました。
若い20代の他人棒は私の肉棒よりも大きく太く、妻のオメコを精液を出すためだけの道具のように扱い、3時間で5発も妻の体に精液を吐き出しました。
精液まみれな妻はぐったりしながらも腰はヒクヒクと痙攣していました。
次回は妻と単独で会うことを約束して別れました。

その若者(A君)と妻が、先日会った時のDVDが送られてきました。
ドキドキしながらデッキに入れて再生ボタンを押すと、下着姿でベッドに座る妻の横にA君が座って妻の髪を撫でていました。

(では、誰が撮影してるんだ?)

撮影者「旦那さん、こんにちは。今からAが奥様にハメるところを撮影しますね。僕のチンポも興奮MAXです」

映し出された撮影者のチンポはA君のモノをはるかに凌ぐ大きさでした。
A君は初めて会った時よりもリラックスした感じ。

A君「奥さん、久しぶりです。今日は奥さんの穴に突っ込むために1週間我慢してきました。濃い精子を沢山出してあげますからね。さぁしゃぶって」

そう言われると妻は大きくなったA君の肉棒を扱きながら亀頭に舌を伸ばし、円を描くように舐めはじめ、亀頭の裏筋に舌を這わせました。

A君「あぁ~奥さん気持ちいいよ・・・奥さんの好きなようにしていいよ」

妻は亀頭に口唇を被せると一気に根元まで咥え込みました。
そして、ジュポジュポと大きな音を立てながら太くて大きな肉棒を味わいはじめました。

撮影者「うわぁ~さすが人妻ですねぇ~、しゃぶり方がエロいやぁ~。下半身はどうなってるのかな?お尻をこっちに向けてよ、奥さん」

そう言って妻の下半身をパチッと叩きました。
妻は躊躇うことなくお尻をカメラに向かって持ち上げました。

撮影者「あらぁ~フェラだけなのにエロい染みができてますよ、奥さん」

映し出された妻の下半身は紫のパンティのクロッチ部分には丸く大きな染みができていました。

撮影者「この中はどうなってるのかな?」

ずらされたパンティの中身は・・・。

撮影者「奥さん、黒アワビがぬめってるよ。いやらしいねぇ~」

そう言って妻のワレメに指を這わせました。

妻「はぁ~ん・・・」

A君の肉棒から口唇を外し艶かしい声を出しながらお尻を振りました。

A君「奥さん、離しちゃぁダメですよ。バツとして飲んでね。B、先にぶっこんでいいよ。奥さん、こいつ早いけど続けて何発でもできるから。Bが満足するまでぶっこませてやってね」

そう言って妻の頭を押さえて腰を振りはじめました。

妻「ウゲッ・・・ウッ・・・」

苦しそうな声をあげる妻のお尻を抱えてB君が凶器のような肉棒をあそこに宛てがうと一気に挿入しました。

妻「あぁぁ~ん・・・太い、裂けるぅ~」

声をあげる妻。

B君「奥さん・・・気持ちいいよ~、イキそうだ・・・」

腰を抱えて奥深く肉棒を打ち込み、1発目の精液を放出しました。

妻「いやぁ~ん、早い・・・アッアッ・・・まだ硬い・・・」

B君は腰を振り続けています。

B君「奥さん、あと4発は抜かずにイケますから・・・アッ・・・またイキそう」

そう言って2発目を放出しました。
半分ほど抜いた肉棒にはスキンが被さってませんでした。

(生中出し?!)

A君「B、とりあえず代われよ。俺も出したくなったから。お前は口に出せよ」

B君「うん・・・まだ出したいけど・・・奥さん、口に出すから飲んでね」

そう言って妻の黒アワビから肉棒を抜くと、パックリと開いたあそこから大量の精液が垂れ落ちました。

A君「お前・・・生でハメたのかよ・・・じゃあ俺も生でいいね?」

A君も生で肉棒をあそこにぶち込み、いきなり激しくピストンをはじめました。

妻「あぁぁ!!!いいわぁ~突いて・・・最も激しく突いてぇ~んぐッ・・・」

B君が肉棒を口に突っ込みイラマチオをはじめました。

B君「あっ!イクっ!」

妻の口の中に3度目の射精をはじめました。
妻はA君に突かれながらB君の精液を喉を鳴らして飲み込みました。
なおもB君のイラマチオは続き、A君の黒アワビへのぶち込みも続きました。
B君が4度目の射精を妻に告げた時、A君も。

A君「奥さんイクよ!1週間溜めた俺の汁を子宮にぶっかけるよ!」

妻「頂戴・・・A君のチンポ汁・・・子宮にぶっかけてぇ~」

A、B君「イクっ!」

2人同時に妻の体内に精液を吐き出しました。
2本な肉棒を抜かれた穴からはおびただしい量の精液が流れ落ちました。
撮影担当のB君が妻の下半身に回り、精液が逆流しているあそこをアップで撮っています。

B君「奥さん、気持ち良かったですか?うわ~精液が流れて卑猥だな~。それに使い込まれて真っ黒なオメコに白い精液がエロいなぁ~。あ、また勃ってきた。風呂に入る前にもう一発出しとこうっと」

そう言って妻のお尻をパンと叩くと、妻はお尻だけを高く上げ、挿入を促すようにお尻を振りました。
B君は5発目とは思えないほど硬くなったチンポをぶち込むと、激しく腰を打ち付けます。

妻「アン・・・アン・・・B君・・・壊れるよ~」

B君「奥さん、気持ちいいだろ?オメコが壊れるくらい使ってやるからな」

いやらしい音が響きます。

B君「精液便所の奥さんのオメコに突っ込むとチンポがこんなになりまぁ~す」

映し出されたチンポには、3発も中出しされた上に、B君の極太チンポに掻き回されて泡立った精液がチンポに絡み付いています。

妻「お願い、少し休ませて・・・アン・・・イク・・・」

B君「休ませて欲しかったら精液をどこに出してほしいか言わないと」

そう言ってドスッドスッと深く奥を突き上げます。

妻「あぁ~ん!子宮に、子宮にぶっかけてぇ~」

B君「よ~し!奥さんの子宮に出してやるよ!俺の子を孕め!イクっ!」

B君は妻の奥深くに5発目の精液を吐き出しました。
そして、まだまだ饗宴は続くのでした。