小6の夏休み。
少年野球の市の選抜に選ばれた。
アメリカからやって来たチームと歓迎会と試合をして交流を深めた後、1泊2日で合同旅行に行くというイベントがあった。
歓迎会からボランティアの通訳で参加してた17歳の女子高生3人と仲良くなった。
もちろん旅行にもついて来ていた。
こっちはエッチに興味津々な12歳。
そこで、まず他のチームの顔見知りな奴3人と仲良くなり、そのお姉さんたちとも仲良くなった。
年上の女性ってので4人で興奮していた。

<女子のスペック>
ノリコ:17歳、スレンダー体型、Cカップ。
美人顔。

アサミ:17歳、普通体型、Bカップ。
3人の中では一番可愛くない。

アサコ:17歳、グラマー体型、Fカップ。
可愛い系、眼鏡女子。

福利厚生施設みたいな所に泊まり、消灯時間も過ぎるとアメリカ人たちは時差ボケもあり早々に就寝。
そんな時、オレら4人は別々の部屋から顔を出し、みんなでトイレに行った。
すると通訳の女子の部屋からアサミが出てきた。
仲良くなっていたので他愛のない話をしながら部屋に遊びに行っていいか聞くと歓迎してくれた。

部屋に行くと、みんな風呂上がりでいい匂いがした。
試合の話をしたり下らない会話をしつつ、「エッチに興味がある」ということを4人がそれぞれ女子たちに伝えた。
そしたら女子たちも旅行の解放感からか、「教えてあげるー」って流れになった。

そこの部屋には2段ベッドが4つあって、カーテンが掛けてあった。
しかし、男が4人の、女が3人。
人数的には男があぶれる。
そこで、女子たちにベッドの上でバラバラに分かれてもらい、そこに男が入っていくということにした。
1つには男が2人入ることになるのだが。

まずオレが入ったのはアサミ。
まだ経験もないオレは何を話していいかも分からず、なんとなく会話だけして終了。
次にアサコ。
アサコとの会話は向こうがリードしてくれたのもあって結構盛り上がって終了。
次はノリコ。
顔だけで言ったらメッチャ好みだったけど、そこは12歳。
照れてしまい、話をしただけ。

他のみんなもそんな感じだったらしく、女子たちが気を利かせて、全員が同じベッドに行くことに。
全員が入るとかなり狭くなるので自然と距離が近づく。
そこで・・・。

「おっぱい触りたい」

みんなで言うと、女子たちは快く触らせてくれた。
最初は服の上から触っていたが、手を取られて服の中に手を導かれて触った。
もうここから心臓バクバクで、マイサンも上を向いてた。
そんな感じで1時間くらいしてると・・・。

「また別々のベッドに行ってしてみる?」

と、女子の方から提案。
ここは行くしかないと思い、賛成した。
今回もさっきと同じ順番で回った。

アサミはおっぱいが小さくてあんまり揉み応えがなかったけど、乳首を触るとピクッとしていた。
堪能した後に、アサコ。
薄暗い中でアサコのベッドに行くと、ツレの1人がFカップを堪能していた。
オレが行くとそそくさと出ていき、ここで1対1に。
するとアサコが眼鏡を外した。
その姿に見惚れてしまい、すっかりオレは虜になった。
そしてFカップをモミモミ。

するとアサコが、「キスしたことある?」と聞いてきた。
考えたことはあっても同級生の女子となんかできるわけがなかったオレは、「ない!」と答えた。
するとアサコはゆっくり唇を近づけてきた。
ソフトなキスだろうと思っていたら、舌が入ってきて濃厚なディープキスをしてくれた。
もうこの時点でフル勃起。

するとアサコの手がそこへ伸びてきて触りはじめる。
「あっ!」って声が出そうだったけど、口はアサコに塞がれている。
それから上下運動がはじまり、気づいたらパクっとされていた。
あまりの気持ち良さに3分も持たずに発射した!
なんとアサコは全て飲んでくれた。
まだオナニーもしたことのなかったオレの初めての精子を飲んでくれて感動だった。

時間が来て、他の2人のおっぱいを触るが、やっぱりアサコには勝てない。
次にアサコの所に行った時にはもうビンビンだった。
オマンコを触らせてくれて、アサコも感じてくれていた。

「入れさせて」

一か八かで頼んでみたけど、周りもいたので、「今日は口だけね」って言われて、3回も抜いてくれた。
そんな事をしていたら朝方4時くらいになってしまい、泣く泣く解散した。

翌日、帰りがけにアサコとアサミから電話番号と住所を教えてもらった。
その夏はアサコのことしか考えられなかった。
今となってはいい思い出だ。