お母さんは44歳、僕は25歳です。
あの日以来、僕とお母さんは週末婚の夫婦みたいになりました。
土曜日に僕が実家へ帰り、ドライブデートや買い物に出かけ、夕方から日曜日の最終電車の時間まで愛しあいます。

きっかけは去年のクリスマスでした。
父を4年前に亡くしてからのお母さんは塞ぎ込んで、事あるごとに父を思い出しては泣いていました。
そんなお母さんを見るのが辛くて、就職を機に家を出ました。
親戚付き合いもない家だったので、お盆や正月の行事、祝い事や悔やみ事に呼び出されることもなかったので、思えば一人暮らしを始めてから一度も帰っていませんでした。
それが、去年のクリスマスに久しぶりにお母さんから電話がありました。

「久しぶり。元気?年末年始、用事がないなら帰ってこない?」

そういう内容でした。
僕は久しぶりに聞いたお母さんの声が明るく生き生きしてるのが嬉しくて、帰省することにしました。

電車に揺られて1時間半。
駅に着くとすでにお母さんが迎えに来ていました。
ですが、すぐにはその女性がお母さんとは気付きませんでした。
僕の記憶にあるお母さんはいつもくすんだ色の服を着て、化粧っ気けのない、地味で年齢よりも老けて見える女でした。
ところがこの日は趣味のいい赤いコートを羽織り、膝丈のスカート。
脚にストッキングはなく、ヒールの高い靴。
若々しいナチュラルメイクに少し明るい髪の色。
どれも記憶にないものでした。
身内の贔屓目ですが、30代後半でも十分通じる見た目です。
僕が驚いて立っていると、お母さんは手を振りながら駆け寄ってきます。
全体的なシルエットまで変わったような、そんな気がしました。

家に着きコートを脱いだお母さんに、また驚かされました。
前は絶対に着なかった胸元の大きく開いたセーターもそうですが、一番はそこから覗く深い谷間です。

(お母さんって、こんなにオッパイ大きかったっけ?これってFカップくらい?いや、もっとかも・・・?)

テーブルに着いてお互いの近況報告を兼ねた会話をしている最中も、オッパイにばかり目が行ってしまいます。
それに気づいたお母さんは、「やっぱり気になる?」と少し照れたように聞いてきました。

「お母さんってそんなに巨乳だったっけ?」

僕が冗談ぽく聞き返すと・・・。

「これは、ほら、あの、アレよ。・・・したの」

よく聞き取れませんでした。

「え?何をしたの?」

恥ずかしそうに話すお母さんの言葉を要約すると、豊胸手術を受けたということでした。

「なんで!?あっ!そっか!お母さん、新しい恋人できたんだ」

すると大袈裟に顔と手を振りながら、「違うってば」と説明しはじめました。

「お母さん、お父さんが死んじゃってからなんにもする気になれなくて、ボーッとしたり、泣いたりしかしてなくて、それでヨウちゃん(僕)にも愛想を尽かされて、これじゃダメって思ったの。でもお母さん自信が持てることって何もなくて、それで変身しようと思ったの」

半分泣きながら笑って言うお母さんが可愛いと思った。

「いいと思うよ!お母さん若返ったし綺麗になったよ。実際、さっき駅で会ったとき、一瞬、誰か判らなかったくらい!」

必要以上に声が大きくなって、照れ隠しに頭を掻いていると・・・。

「ありがとう!嬉しいっ。夕食は最近できたレストランを予約してあるから。それまで時間あるからドライブでもしよ。運転よろしくね」

そう言うとお母さんは車の鍵を投げて寄越しました。
身のこなしや仕草まで若くなっています。

ドライブと言っても夜景を見に行くにはまだ早く、海や山へ足を伸ばすには時間が足りません。
そこでレストランのある郊外を軽く流していました。
2人きりで車に乗るのは初めてで、ブラブラしているだけでもお母さんは楽しいらしく上機嫌です。
一人っ子の僕が小さな頃は泣き虫だったことや、最近見た映画、はまっているドラマなど、とりとめもなく話していました。
僕は相槌を打ちながら時おり助手席に目を向けるのですが、そのたびにシートベルトが食い込んで押し上げられたオッパイが気になってしまいます。
レストランに着いて気づくと僕は完全に勃起していました。
車を降りる前でよかったと思いました。

レストランでの食事はどれも美味しく、楽しい時間でした。
僕は運転があるので飲みませんでしたが、ワインも味が良いらしく、お母さんは何杯かグラスを重ねました。
帰りの車内、ほんのりピンク色になった頬や胸元がとても色っぽくて、ついついよそ見しがちになります。
それを知ってか知らずか、突然お母さんが口を開きました。

「その角にお酒のディスカウントショップがあるから寄って」

僕は何か咎められたような気がして、「はいっ」と変にかしこまった返事をして車を停めました。

お母さんを入り口で降ろして1人になると、僕は大きく息を吐きました。
なんだか妙な気分です。
実の母親に女を感じて、勃起までしているのです。
どうしたものかと考えているうちにお母さんは手にワインを下げて戻ってきました。
気持ちの整理がつかないまま家に着くと、そんな僕の思いをよそにお母さんは早速グラスを並べてワインを注ぎはじめました。

「はい。乾杯」

僕も考えることを諦めて飲むことにしました。
もともと僕はお酒がそれほど得意ではありません。
その上に、まとまりがつかない気持ちのまんまだったせいで普段より酔いが回るのも早く、ボトルが半分も空いた頃には少しクラクラしていました。
お母さんも呂律が怪しくなってきています。

そろそろ切り上げようかなと席を立とうとしたら突然、お母さんがセーターを脱ぎだしました。
ブラは花柄のレースが可愛らしい白とピンク。
肌はアルコールで赤く色づいています。

「見て、おっきいでしょ?こんなに綺麗にしたんだから、見てくれるのが下着売り場の店員さんだけなんて勿体ないじゃない。ほら、ちゃんと見てよ」

お母さんはどうやら絡み酒の気質みたいです。
両手でオッパイを持ち上げたり、揺らしたりして僕を見上げてきます。

「何してるの?酔っ払っちゃったの?」

僕は呆れたふりをして再び椅子に腰を下ろしました。
正直、遠慮なく真正面からこのオッパイを見れるのが嬉しかったからです。

「うん。ホントにおっきくて綺麗なオッパイだと思うよ。よかったね」

僕が褒めるとお母さんは、「でしょう!でね、こんなこともできるのよ」とワインボトルを持ち、谷間に挟もうとします。
ところが中身の残ったボトルは太く重すぎたようで、滑り落ちてスカートに大きな赤い染みを作りました。
お母さんは照れたように、「しっぱいしっぱい」と笑いました。

僕は布巾を取りにキッチンへ。
しかし、しばらく帰ってなかったので物の場所がわかりません。
あちこちの棚や引き出しを探していると後ろから、「もういいよ。拭いちゃったから」とお母さんが言います。
振り返った僕はまたビックリです。

(スカートを脱いでる!)

もちろんパンティが丸見えです。
ブラとお揃いのレース。
腰のところのお肉が少しだけパンティに乗っているのがいいんです。

「ふ、拭いたの。そっか。じゃ、いっか」

僕は動揺を隠しながらお母さんの横をすり抜け、リビングに戻りました。
洗面所から水音がします。
染みのついたスカートを洗っているのでしょう。
ただぼんやりとそれを聞いてきました。

しばらくして水音がやみ、お母さんが戻ってきました。
さっきのままの下着姿です。
僕はもうモジモジしてしまって居た堪れないので、「先にお風呂に入るね」と言って席を立ちました。
通り過ぎるときに目をやると、お母さんのパンティは後ろ側、お尻を覆う部分が全部レースで透けていました。
ムッチリしたお尻が見えています。

足早に浴室に入ると、浴室暖房を掛けて湯船の加減を見ました。
温くなっているので追い焚きボタンを押してから蛇口を捻り、冬にしては低い温度のシャワーを浴びました。
ワインと興奮で火照った身体を少し冷ましてから熱い湯に浸かり、頭をはっきりさせたかったんです。
でもシャワーのお湯がかえって刺激になって、どんどん硬く反り返ってきます。
一度出してしまわないと収まらないと思いました。
シャワーを止めてオチンチンを扱きながら、さっきみたお母さんの身体を思い出していました。
ピンク色の肌とプルプル揺れるオッパイ。
ムチムチのお尻。

「ああ、お母さん」

手に力が入り、スピードを上げ、もう爆発しそうになったその瞬間、バスルームのドアが開きました。

「やっぱりしてたのね」

お母さんです。
スッポンポンです。
その手にはなぜか脱いだばかりの僕のボクサーパンツがありました。
僕はオチンチンを握り締めたまま目をパチパチしていました。
お母さんはそんな僕を面白そうに見ながらボクサーパンツの前を広げて言います。

「ほら、見てよ。オチンチンのところがヌルヌルして濡れてるよ?」

自分でも知らずにたくさんの我慢汁をパンツの中に漏らしていたんです。
恥ずかしさに俯いていると、お母さんが少し強い口調で言いました。

「ほら、オナニーを続けて」

僕は何がなんだかわからなくて、ぼんやり立ち尽くしてました。

「続けなさい」

今度は命令みたいな声で言いました。
言われるままに僕は手を動かします。
目の前にはお母さんの巨乳と薄い陰毛の奥にほんの少し陰部が見えています。
こんなにいいオカズはありません。
一気に昇りつめます。

「出るっ!出るぅ!」

思わず口を突いて恥ずかしい声が漏れていました。
でも、もうほんの1回か2回しごけば射精するというところで急に手を止められました。
お母さんが僕の手をオチンチンから払い除けてしまったのです。
僕は恨めしくお母さんを見つめました。

「どうして?」

お母さんは何も言わず、僕の手をオチンチンに戻しました。
僕はまたオナニーをはじめます。
今度は息の届くところにお母さんがいます。
アルコールの匂いに混じって甘いような酸っぱいような少しだけ動物的な香りがしました。
僕は数度しか経験はありませんでしたが、それが女性の部分から漂ってくる芳香だとすぐにわかりました。
僕は大きく鼻から息を吸い込んで、匂いを嗅ぎながら扱きます。
さっきよりも短い時間で限界を迎えました。

「ああっ、出るぅ!」

しかし、またお母さんに止められました。

「なんで止めるの!?」

僕は泣き出しそうになってお母さんに抱きつきました。
するとお母さんはその場に座らせて、ゆっくりと膝の上に乗ってきました。
太股にお母さんのオマンコが擦れて、クチュッと音がしました。

(お母さんもすごく濡れてる!)

僕は目の前に来たオッパイに吸い付きました。

「っくぅっっ!」

お母さんは小さく声を押し殺して僕の身体を離しました。
それから少し腰を浮かせて、僕のオチンチンを掴みました。
次の瞬間、一気に根元まで熱く濡れているお母さんの中へ飲み込まれました。
お母さんから女の香りが溢れてきます。
僕とお母さんの身体の間の狭い隙間を上ってくるので薄まらず濃さを保ったままです。
僕はその香りに焼かれるような快感を覚えました。
しばらくお母さんはじっと僕を見ていましたが、ゆっくりと動きはじめました。
ほんの少しお尻の角度を前後に揺らすだけです。
でもその動きはオチンチンの一番敏感なところがお母さんの奥に擦れて、痺れるほど強い刺激を与えます。
それに、中を掻き回すようにしているせいでクチュックチュッと音が漏れ、音と共に香りも広がります。
お母さんも気持ちいいのでしょう、短く「ハッハッ」と薄く開いた唇から吐息のような声を漏らします。
僕は目眩のような快感で、もう我慢できませんでした。

「お母さん!出るよ!出しちゃうよ!」

大きな声で叫んでいました。
するとお母さんは僕の顔を胸に押し付けるように抱き締めました。
僕は息ができない中、お母さんの身体を突き上げるように奥深くまでオチンチンを差し込んで射精しました。
しばらく止まることなく精子が飛び出し続けているのが、朦朧としながらもわかりました。