私は結婚式を挙げたばかりで新婚ホヤホヤの新妻なんですが、速攻で浮気をしてしまいました。
女子高時代の友達と久しぶりに女子会があったんです。
それで居酒屋で男子にナンパされて、そのままお持ち帰りされて、4P乱交しちゃったんです。

「面白いカラオケがあるから行こう」と誘われて、「え?どこどこ?面白いカラオケってなーに?」ってワクワクしてついて行くとラブホだったんです。

まあ友達と2人だからいいやと、調子に乗ってカラオケ唄ったりエッチなビデオ見たりしているうちに、「みんなでお風呂に入ろう」ってエッチな流れになって・・・。
友達の麗子が男の子のおちんちんを洗いはじめて、射精するとこを見たらエッチな気分になってしまったんです。

夫とは、5年付き合って結婚。
夫と付き合ってから浮気なんて一度もしたことなかったし、今までの人生で男の人を2人しか知らないウブな私。
でも、お風呂場の中で体中を舐められたら、(もうどうにでもして!)って感じになってしまいました。

そのとき、麗子は早くもベッドの上でおちんちんを入れられて悶え狂っていました。
心の中で『あなた、ごめんなさい』を何度も繰り返しながら、私は他の人のおちんちんを受け入れての浮気セックス。
それも乱交をしてしまったんです。
いけない、いけないと思いながら受け入れる背徳のおちんちんが、こんなにも気持ちいいとは知りませんでした。

「コンドームを付けて」って何度も言ったのに、私は膣内に彼の生の精液を放出されてしまいました。

私の中でヌルヌルと動く精液の感触を味わいながら、(もしも主人にばれたらどうしよう?)と考えると、興奮してブルブルと震えが来ました。

お風呂から出ると、ベッドの上ではシーツを掴んで麗子がイキ狂っていました。
男の子は2回目なのでなかなか射精しないみたいです。

(私もあんな風に乱れてみたい・・・)

そう思ったら、またエッチしたくなってきました。
麗子たちの腰の動きがだんだん速くなってきて、麗子が悲鳴をあげながら男の子にしがみつき、腰をクネクネさせさせながら、「イクーイクー」とエロい顔で絶叫しています。
男の子は眉間にしわを寄せて、「出すよ!出すよ!」と言いながら股を大きく広げ、おちんちんを奥まで突き入れました。
私、射精の瞬間を見てしまいました。
私は興奮のあまり、いつの間にかクリトリスを手で擦ってオナニーしちゃってました。

そのとき、もう1人の男の子が後ろから抱きついてきて、硬くなったおちんちんを私の股に滑り込ませてきたんです。

「すごく濡れてるね」って。

もう恥ずかしくて、腰を動かしたけど、がっしり掴まれてそのままベッドに押し倒されました。
うつ伏せのままお尻を持ち上げられて、後背位でおちんちんが挿入されました。
全身が痺れて、枕に顔をうずめて、痴女のように大声をあげて悶絶してしまう私。
主人とのエッチでもここまで大胆になれたことはないのに・・・。
私、麗子のエッチを見て何かが吹っ切れたんです。

麗子のパートナーが私の顔の下に腰を入れてフェラをせがんできました。
私は麗子の愛液にまみれたおちんちんを咥えさせられました。
なのに、夢中でフェラチオをしてしまいました。
私の中でおちんちんが暴れまわっているのに、お口ではもうひとつのおちんちんを舐め回しているんです。

(主人に内緒で、こんなにいい気持ちになるなんて・・・)

気持ちよすぎて、だんだん頭の中から主人が消えていきました。

麗子の愛液を全て舐めつくした頃、お口の中でもうひとつのおちんちんが勃起してきました。

「私もして、入れて!」

麗子が私の中に入っているおちんちんを求めはじめました。

「麗子、もう少し待って。すごくいいの、気持ちいいの!」

欲張って2本のオチンチンを欲しがってしまう私。
そして私の中で再び男の子が射精しました。
嫌いなはずの精液の匂いがとてもいやらしく愛おしく鼻に抜けていきます。
もちろん、私の中に発射したおちんちんも丁寧に舐めてあげました。

麗子に頼んで主人に電話をかけてもらって、「酔い潰れて寝ちゃったから、今日はうちに泊めるわね」と言ってもらいました。

「人妻だとわかったらなおさら燃えるな」

そう言って男の子2人は、「朝までエッチしよう」と言いだしたんです。

若い子はすごいです。
その夜、私と麗子は代わる代わる3P乱交を楽しみ、溢れるほど精液を2人に注ぎ込まれました。

翌朝、私は2人のおちんちんの感触を体中に感じたまま家に帰りました。
落ちるように眠りに就いて、起きたら夕方。
急いで夕飯の支度をしていたら主人が帰ってきました。
台所に立つ私の耳や腰にタッチしながら、主人は今夜のエッチをせがんできます。

(もし、あそこを舐められたら、昨日の出来事がすべてばれる)

そう思いながらも、私は主人が欲しくなって・・・。

昨晩の出来事が私を開花させてしまったんです。
私は夜まで待つことができず、自ら膝をつき、そして夫のペニスを舐めながら、オナニーしてイッてしまいました。