高校2年のお盆に父の田舎に帰省した時の話。

俺の家ではいつも毎年お盆に1週間くらい田舎に帰省してて、毎回墓参りに連れて行かれる。
毎年そうなんだけど、暑くなる前に行こうってことで午前中のうちに墓参りを済ませるんで、昼前にはいつも暇になる。
その時もそんな感じで、やることもないから飯も食わずにそのまま墓地がある山あいの中を1人で散策してたんだ。
そこは小学生の時から毎年遊びまわってる山なんで、ある程度どういった地形かはわかってるし、山の奥にある誰も来ないいつものお気に入りの川辺に行こうと進んでいった。
その川は深さは場所によってまちまちなんだけど、だいたいはスネが浸かるくらいの深さで川幅は15mほど。
所々に枕くらいの大きさの石が川の中から顔を出してるような感じ。

山間を抜けて目的地に着いたんで、まずは水で足を濡らしたりしようかと川辺に下りたんだ。
そしたら、ちょっと離れた奥まった場所に黄色いバッグが置いてある。

(誰かの落し物かな?)

近づくと、たぶんさっきここに置かれたばっかりじゃないかと思えるくらいの綺麗な状態のバッグ。
てか、そんなことより、なんとそのバッグの脇には小さめのワンピースとブラジャー、それにパンツが畳んで置いてある。
周りを見回しても人影はない。
けど、川下の川の中央にある人の背丈以上ある大きな岩の向こうからちょっと水がバタバタと跳ねてる音がする。
靴と靴下を脱いでGパンの裾を捲り、川に入って音を立てないようにその方向へ向かって歩く。
その岩に到着し、岩に手をかけながらそっと岩の向こうを覗き込むと、そこから10mほどしか離れていない場所で、岸辺の大きめの平たい石にペタンと座ってこっちを向いている人物が水に足をつけてばたばたと水しぶきをあげている。

その人物はまだこちらに気づいている様子はない。
というか、問題はその人物の特徴だ。
可能性の一つとして想定はしていた。
が、実際に目の当たりにすると、(マジかよ・・・)という気持ちになる。

その音の主は少女で、そして一糸まとわぬ裸だった。
髪はセミロング。
顔立ちと体の肉付き、小ぶりだがはっきりと確認できる左右の胸。
バタ足と水しぶきでよく見えないが、下の毛もちらっとだがその存在が見える。
おそらく中学生くらいといったところではないだろうか。
あどけなさが残るものの、同じクラスにいたら間違いなく好きになりそうな可愛い顔立ち。
すらりとした健康的な小麦色の肌。

(まず人が来ないであろう場所とはいえ、そこそこの年齢の女の子がこんなところで裸で遊んでいるなんて・・・)

と思うのも束の間。
女の子が身震いをしたかと思うと、バタ足をやめ、立ち上がる。
均整が取れたプロポーション。
陰毛も薄めに生えており、この年代の少女が持つ特有の艶かしさに思わずゴクリと唾を飲む。

(立ち上がって何をするのかな?)

岩を盾にしながら顔があまり出ないように調整して覗いていると、川の中から上がって今まで自分が座っていた石に立ち上がり、「よいしょ」という可愛い声と共にしゃがみ込む。
これほど自分の視力が悪くないことに感謝したのは初めてだ。
少女はこちら向きに体育座りに近い格好で座ったのだ。
今まで陰毛だけ見えていた下腹部だったが、これでもかとばかりに、まだ誰にも見せたことがないであろう秘部を露わにさせたのだ。
薄い陰毛の下に、はっきりと見える縦のスジ。
ちょっとタイトなジーパンの下で自分の性器がはち切れんばかりに大きくなっていて痛い。

すると、その体勢の彼女からかすかな音が聞こえる。
と思うと、その子の足元からちょろちょろと水が垂れはじめ、足場の石を濡らし、川に流れていく。
そう、おしっこをしてるのだ。
初めて見る女の子の放尿シーンだった。
それも、とっても可愛い女の子が全裸で、M字開脚をして。
最初は下に垂れるようだったその水が、だんだんと勢いを増して直接川面に飛び込むように女の子の足の付け根から飛び出していく。

(こんな可愛い女の子が目の前で裸で放尿している・・・)

もっと至近距離で見たいという欲望を猛烈な勢いで突き立てる。
気付くと、すでに岩に隠れるのを止め、彼女の方へ向かって歩いていた。
数歩近づいても放尿中のためか彼女は気付いていなかったが、さすがに5、6mほどの所まで近づいた時点でこちらに気付き、びっくりしたようにこちらを見て固まっている。
こちらがだんだんと近づいているのに気付き、「えっ!?えぇっ!?」と動揺して身じろぎしているが、ほんのりと黄色に色付いた水は勢いを弱めるどころかさらに勢いを増していく。

俺はもう手が届くくらいの位置まで近づくと、腰を屈め目線を落とし、何も声を発することなくあからさまに観察をはじめる。

「何ですか?ちょっと、見ないでください」

彼女はか弱い小さな声で抗議の声を上げ、なんとか見えないように手で隠そうとしている。
が、手に尿がつかないように離しているので、そのぷっくりと盛り上がった秘部とスジはまったく隠れていない。
やがて、放物線を描いていた弧がだんだんと勢いをなくし、止まる。
真っ赤になった女の子が、しゃがんだまま体を横に向け手で胸を覆い隠す。

「お願いします、あっち行って下さい、お願いですから」

消え入るような声を絞り出すように言っているが、逆に加虐心に火がつく。

(まだいける。こんなんで終わりにできるか)

一つの案を閃いた俺はGパンの尻ポケットから携帯を取り出し、女の子に見えるようにひらひらと動かして、彼女に声をかけた。

「これ、結構高画質の動画が撮れる携帯なんだけど」

脅しの効果を上げるため、できるだけ野太く聞こえるように声を調整して話す。
一度言葉を切り、青ざめていく女の子の表情を楽しんで次の言葉を繋げる。

「さっきこれで君の一部始終を撮らせてもらったから、後でネットに公開してあげるよ。きっと人気者になれるよ」

もちろん動画を撮ったというのは嘘。
さっきのタイミングでそんな機転は利くほど頭は良くない。
だが、彼女はその言葉を真に受けて、わなわなと震えている。
その表情が、もっともっと苛めたいという欲望を掻き立てる。
さて、どうしようか。

「これ、公開されたくない?」

俺は女の子にわかりきった質問をする。
2回、首を縦に振る女の子。

「んじゃ、俺の言うこと聞いてくれたらこの動画消してあげるよ」

「何をすればいいんですか・・・?」

俺は川から上がって女の子の脇に移動した。

「それじゃ、立ち上がってもらえるかな?」

そろそろと横を向いて胸と秘部を隠したまま立ち上がる女の子に、こっちを向いて隠している手を下げるように指示。
困ったように怯えたように俺の顔を見るが、そんなことじゃやめたりしない。
むしろ今の俺にはもっとやってくれと言っているようなもんだ。

もう一度携帯を女の子の目の前でひらひらと動かすと、女の子は観念したように手を下げる。
間近に目の前にある女の子の裸体。
内股になっていて、かつ往生際が悪く指先だけで股間を隠していて性器そのものは見えないが、斜め下に俯いた整った幼い表情と、子供用のお茶碗くらいに膨らんだ成長途上な胸。
その胸の頂点には、ぷっくりと隆起した突起。
今までに見たどんなエロ本より艶かしい。
こんな女の子が1人で裸で泳いでたら危ないじゃないかと思いながら、心から湧き上がる歓喜が抑えられない。

俺はそっと、その膨らみに手を伸ばす。
女の子は怯えた表情をして身をよじり、せめてもの抵抗をするが、俺は構わず左の胸、そして右の胸を掴みにかかる。
濡れた表面とは反比例するように燃えるような熱を持った肌。
初めて掴む女の子の胸。

(柔らかい!)

大きさとしてはそれほどないが、この隆起にこれほどの柔らかさがあるなんて。
女の子ってこんなに柔らかいのか。
何度も何度も粘度をこねるように揉みしだく。
女の子に目を向けると、耐えるような表情で斜め下に目線を投げ、頬を紅潮させている。
今思うとひどい所業の連続だが、今度は唇を奪ってやろうと思った。
胸に当てていた手を上げて彼女の顎にかけ、こちらを向かせ、そのまま顔を近づける。
何をされるのか察した彼女が逃げるように顔を背ける。

「へぇ、抵抗するんだぁ」

いやらしい口調で女の子を挑発して大人しくさせる。
顔をちょっとだけ戻した動作を抵抗解除の意思と判断して、再び顔を近づけて彼女の唇に自分の唇を重ねる。
彼女が唇を真一文字に結んでいるせいか、想像したより固い感触だ。
そういう抵抗をされると、もっと苛めてやろうという思いになる性分。
舌先で唇をこじ開け、彼女の口内を舐め回す。
歯を、歯肉を、舌を。
彼女の唾液を吸い、お互いの唾液を絡める。
最初は歯を閉じ気味にしていた彼女も、諦めたのかなすがままにされるようになる。

俺も余裕が少しでてきた。
手を再び胸に這わせ、ディープキスと同時に両手で胸を揉みしだく。
口内から漏れる彼女の吐息が熱っぽくなり、それが何か特別な媚薬的な成分でも入っているのではないかと思うほど俺の頭を真っ白に興奮させはじめる。
一度キスを止めて彼女の顔から離れると、先ほどの明らかに抵抗の意思がこもった表情が、ぼーっとした何か知恵遅れの子供のような表情になっているのに驚く。

胸に当てていた手をすすっと下に滑らせ、彼女の両の太ももを押さえると、さっとしゃがんで彼女の足の付け根付近まで顔を近づける。
その突然の行動に判断能力が鈍っているらしい彼女は抵抗らしい抵抗をする間もなく、目前15cmの至近距離で性器を観察する体勢に持ち込む。
薄い陰毛が川の水か彼女自身の聖水のせいか、細かい玉のような水滴に濡れているのがとてもエロい。

「そこはダメです・・・」

俺の頭を押さえにかかるか抵抗を無視して、俺は彼女の性器に口を付ける。
鼻先が陰毛に触れ、陰毛に付いていた水滴が付く。
真夏の外気よりさらに熱い、むわっとした熱が鼻や口にかかる。
舌を伸ばし、舌先がその縦のスジに触れると、水でも尿でもない粘り気がある液体が縦のスジから溢れるようにこぼれてくる。
溢れる液体を舌で掬うたびに、太ももが電気が走ったように反応し、頭の上から、「んっ・・・んっっ」といった声が聞こえる。
頭を押さえようとしている手から力が抜けていくのがわかった。
調子に乗って音を立てて吸うと、両頬にある彼女の太ももが俺の顔を強く挟み、声にならない声がはっきりと聞こえるようになる。

(全身の感触も楽しみたい)

そう思い、石の上に腰掛けると、俺の腰の上に跨がるよう指示をする。
もうあまり考える能力がないようにふらふらと言われるがまま跨がる彼女。

(柔らかい!)

TシャツとGパン越しの感触なのに、なんて女の子はこんなに柔らかいんだろう。
あまりの従順さに、今自分がどこにいるのかさえわからなくなる。

彼女を抱き締めながらキスをすると、今度はなぜか彼女の方から舌を入れてくる。
そして彼女の両の手が俺の背中に回り、俺の服ごと体を掴んでくる。
Gパン越しだが、彼女の性器と俺の性器が何度も何度も接触を始めた。
拙い動作で何度か腰を突き上げると彼女も反応して、それを受け入れたり、逆に求めたりするような動作を繰り返す。
セックスでも素股でもないただの動作だが、俺の性器はもう発射寸前まで高まっている。

「まずい、トランクスとズボンが汚れる」

半分独り言のように言い、彼女を一度半腰にまで立たせてGパンを脱ぐ。
Gパンの股間部分に小さくだが糸を引いている彼女の体液が付着しているのを見ながら、トランクスも脱ごうかどうしようかと悩む。
が、強引に最後までやろうというつもりではないし、彼女を必要以上に怯えさせるのはよくないと思い、トランクスは穿いたままで再度先ほどの状態に戻る。

腰の下に脱いだGパンを敷き、その上に座って再び彼女を俺の上に跨がらせる。
さっきとの違いは、1枚布が取り外されただけ。
しかし厚い生地のGパンがなくなった後では、何倍も股間に感じる感触が違う。
Gパン内で押し込められていた自分の性器が、自由なトランクスの中で最大限に大きくなっている。
先ほどまでの動作はお互い性器同士を擦るような動きだったのだが、今では彼女が俺の性器を自分の性器に突き刺すような動作をはじめる。
もう、それこそトランクスを穿いていなかったらそのまま挿入されるんではないかと思えるくらいだ。

ふと気付くと、自分の性器の肌の色がトランクスの中央部からこんにちはをしている。
基本的に無精なのでトランクスの前のボタンは普段は留めていないため、そこから出ようとしている。
何回も交錯する動作が繰り返されるたびに、だんだんと露わになりかける。
というか、これ以上はまずい。
これ以上抑制が効かなくなるのはアウトだ。
もちろんセックスしたいという欲望はあるが、名も知らぬ少女の純潔を強引に散らして、一生残る傷をつけるほどの覚悟はなかった。
脅迫までしておいて何を今更かもしれないが、挿入するか否かでは天地の差がある。

彼女は俺の性器が露出しようとしていることには気付いていないはずはないが、彼女の腰が複雑なグラインドを描く。
すると、性器の先端部分と布の引っ掛かりがはずれ、自分の性器がすべてトランクスから出てしまった。
一度動きを止め、俺の性器を凝視する彼女。
それも束の間、再び性器の擦り付けを再開する彼女。
今度は、お互いの性器を遮るものはない。
彼女の動きが激しさを増す。
手で固定しない形での素股とでも言おうか、ちょっとずれたら入ってしまいそうだ。

(入れたい!入れたい!入れたい!)

でも、さすがに挿入したら、俺はものすごい十字架を背負うことになる。
彼女ももう目の焦点が合ってない感じで、口が半分開いた状態でひたすらグラインドを繰り返している。
そんな動作を繰り返されるうちに限界が近くなってきた。

「もうイキそう」

その言葉を受け、動きが止まる彼女。
と思うと、俺の性器を右手で掴み、自分の秘部へと誘導し、そのまま腰を下ろした。
俺は、何が起きたのか一瞬理解できなかった。
一気に性器全体がゼリーに包まれたような感覚。
それが彼女の性器の中に入っているのだとはっきりと認識した時点で、すでに俺は絶頂に達していた。
彼女の膣内に何度も何度も大量の精液を放出した。

俺は唖然としていた。
自ら入れたわけではないとはいえ、少女の純潔を散らしたのだ。
彼女は見た目からいっても初めてだっただろうと思う。

「初めて・・・だよね?」

俺の問いかけに、こっくりと頷く彼女。
話に聞くより数段スムーズな挿入だったが、まだ合体したままのお互いの秘部の結合点は水でもこぼしたかのように濡れていてトランクスの大部分が変色している。
こんなに濡れていたからすんなり入ったのだろうか。

彼女は膣内に大量の精液が入った後も、なおも物足りないようにグラインドを続ける。
その動きに、半分柔らかくなっていたであろう俺の性器が彼女の膣内で再び硬さを取り戻す。

「あっ・・・はぁぁ」

嬉しそうに彼女は呟くと、何度も何度も腰を打ちつけ、性器の摩擦の感触を楽しみはじめる。
愛液と精液と破瓜の血が混じってるであろうその膣内を、自分の性器が何度も何度も往復して、ぐちゃぐちゃと音を立てる。
さっき出したばかりだというのに、もう限界が近い。
彼女の動きもどんどんと激しさを増す。
彼女の口から悲鳴ともとれるような、「ヒャァ」とか「ハヒャァ」とかいった嬌声が何度も何度もあがると、最後に大きく彼女が仰け反り、同時に俺も二度目の絶頂を迎えた。

彼女がぐったりと俺に体を預けもたれかかってくる。
1時間前には想像もしていなかった脱童貞だった。