昨日、以前チャットで知り合って関係を続けている『あきは』を久々に呼び出して中出ししてきた。

あきはとは、彼女がJKの頃にチャットで知り合った。
彼女は帰国子女で、当時は日本に帰ってきたばかり。
まだ周りに溶け込めずに引きこもっていた頃だ。
そんな彼女も今では26歳、かれこれ10年の付き合いになる。

久々にメッセを開くと、彼女がログインしてきた。
お久しぶりと会話を続けていると、いつものごとく下ネタトークへ。
聞くと、彼女には友達以上彼氏未満の存在がいるとのこと。
で、肉体関係の話を聞くと、毎回中出しとのこと。
どうも彼は種無しで妊娠しないとのことだった。

けっして美人でもなく可愛くもない彼女だったが、他の男に中出しさせてると聞き、なんだか無性に久しぶりに私も中出しをしたくなった。
そこでなんとか口説き落として会うことに。

昼前に大阪のミナミで落ち合い、少し歩いてコンビニで買い込み、ホテルへ。
部屋に入り、ソファーに座るなり、優しくキス。
彼女も彼はいるものの、私の息子の味が忘れられなかったらしく、早速フェラを開始。
女子大生の頃は拙かったフェラもすっかり口の中に咥え込めるようになっていたが、私の息子は大きいから、「全部は咥えられない」と苦笑いしてた。
ちなみに彼のはすっぽりとのことw

フェラに夢中になっているところに指マンをしてやると、いい声で鳴く鳴く。
今までの経験で、だいぶ体が出来上がっているようだった。
しばらく指マンしていると彼女は潮を吹いた。
準備が整ったので、いざインサートすることに。

「どうする?」

「生で入れて・・・生で欲しい」

なんと彼女の方から懇願してくるではないか。
まずは正常位で生インサート。
奥まで突いてやると私の体にしがみついて感じまくり。

「これこれ、これが欲しかったの!やっぱりこれがいい!全然違う!」

1発目は体位を変えずにじっくり生膣を味わうことにして、射精感が近づいてきた頃、彼女の耳に囁いた。

「すっげー気持ちいいよ。彼のとどうだ?どっちがいい?」

「ぁああ、あなたのが一番いい!ぁぁ、ぅ、あぃ」

もう言葉になっていない。
そこで私は腰を速め、出す準備をした。
射精感が込み上げてきた頃・・・。

「そろそろ出すよ。彼にばっかり中出しさせてずりーよな。俺にもさせろよ」

「だって彼は種がないから問題ないけど、ぅ、あ、あなたのはできちゃうでしょ?量も多いんだから」

「だったら、このまま抜いて、手コキで抜くわ」

そう言って抜く素振りをすると・・・。

「あ、抜かないで!お願い!このまま!もう中で出して!欲しいの!」

同意を得たので、遠慮なく彼女の子宮奥深くに大量の種を放出した。
2ヶ月くらい仕事が忙しくて溜めてたので、出るわ出るわw
その射精の感覚で彼女は何度もイッたらしく、射精が終わる頃には気を失っていた。

しばらくして正気を取り戻した彼女は、本当に中出しされたことに気づき、ちょっと怒った素振りを見せたが、すぐ機嫌を直してお掃除フェラをしてくれた。

「出したからには、もっといっぱい出してもらうからね!」

息子の中に残ったザーメンを吸い取り、愛おしそうに舐め上げる。

いったん2人でお風呂に入り、シャワー中にフェラをさせた。
そのままベッドへ行き、第2ラウンド。
今度は私がクンニして彼女の蜜液を味わった。
彼女の蜜液はサラサラ系でやや匂いがキツめであるが、シャワーの後だったので気にならず、クンニを堪能した。
クリを舐め、吸い、マンコに舌を出し入れすると早速昇天。
あっさりイッたので、それじゃあと2度目のインサート。
今度は色んな体位で攻めようと、正常位→騎乗位→駅弁→バックと楽しんだ。
彼女のバックはとにかく締まり、こっちが痛いくらい。
バックで奥深くを突いていると、バックの締まり具合に負けてイキそうになった。

「イキそうだ。中に出すぞ!」

そう言って腰を速めると、「奥に!奥に出して!」とリクエスト。

絶頂を迎え、腰を彼女の尻に思いっきり打ち付けて、思いっきり種を解き放ってやった。
2度目であったが大量に放出し、またもや彼女はその射精感で絶頂を繰り返した。
また次も機会があれば中出ししてやろうと思う。