大学2年生の時、初めて家庭教師をすることになり、勇んでその家に向かいました。
教える子は男子高校の3年生です。

電車を乗り継ぎ、やっと見つけたその家は思ったより立派な門構えのある家でした。
お母さんが出てこられて挨拶を済ませ、彼の部屋に案内されて本人とご対面。
今頃の高校生らしく部屋には色々なアイドルのポスターが貼ってありました。
180cm近くありそうな背の高い男の子でした。
でもやはり顔は童顔で、子供らしさがあちこちに見てとれました。

最初はお互い自己紹介などしてリラックスしようと努めました。
緊張しながら1日が終わり、次に2回目に行った時はもう昔からの顔なじみのように色々な話ができました。

彼から、「お姉さんには彼氏はいるの?どんな人?」と聞かれました。

「俺も大学生になったら早く彼女が欲しいなぁ。彼とのデートではどんなことしてるの?」

男女関係に興味を持つ年頃らしく、そのような質問ばかりでした。
帰り際には、「お姉さん、キスしたことあるの?」と聞かれてびっくりしてしまいました。

それから何度か訪問したある日。
彼は治療中の歯医者で少し時間がかかっているみたいで不在でした。
お母さんに「部屋で待っていてください」と言われてしばらく待つことにしました。

その気になって部屋を見回すと、やはり男臭さを感じました。
よく見るとそれはベッドの横に置いてあるゴミ箱からのようで、そこに目をやるとティッシュの山でした。
ぐっしょり濡れたその匂いは、鼻を噛んだものではありませんでした。
すごく臭く、イヤなはずなのに、なぜか興奮してしまう匂いです。
頭がクラクラして、あそこがジンジンしてきました。

ふとベッドと敷布団の間から本が覗いているのを見つけました。
手に取ると、それはエッチな本でした。
中を開くとそれは写真集で女性のヌードばかり。
全裸で股を開き陰毛が中心に映し出されたものやら、女性が自らの手を股間に当てているものやら、男性のそれが女性の中心部に埋まっているものやら・・・。
こんな激しいものを見たのは私も初めてで、もう胸がドキドキでした。
私もたまに妄想の中でこのような場面を想像しながら手を這わすことはあります。
見つかったらいけないと思い、本当はもっとゆっくり見たかったのですが、元に戻しました。
しばらくして彼が帰ってきたのですが、私の頭の中はいやらしい妄想でいっぱいでした。

(彼はこんなエッチな本を見ながら1人でしているんだ・・・)

そんな目で見るようになると、折に触れ、彼の股間がすごく気になりました。
彼が椅子に座って私が後ろから覗き込む時など、自然に私の胸が彼の身体に当たるようにして反応を楽しんだりしました。
明らかに動揺しているのを見るのがすごく面白かったです。
時に前屈みになり、私の胸元が見えるような体勢をとると、彼はそれを見逃さず、ちらちらと覗いているのがわかります。

ある日、勉強が終わりお茶をいただいていました。

「集中して受験勉強できてる?何か気になって勉強に熱中できないことはない?」

私は彼に聞いてみました。

「・・・お姉さんのお尻がすごく気になる。その丸くて可愛い2つの山に食い込んだ股間の中が、痛いんじゃないかなあ・・・なんて」

すごく恥ずかしいことを言われました。

「エッチね。そんなことないわよ。それより◯◯君、性欲の処理はどうしてるの?たまには1人でしているの?何を考えながら・・・手を動かしているの?」

「今まではエッチ本だったけど。お姉さんが来るようになってからはお姉さんの裸を想像しながらやってる」

「そんなことしてたら大学に合格しないよ」

「お姉さんだって1人エッチするんでしょう?それとも男とセックスしてるの?」

もう高校生の質問ではありませんでした。

「一度お姉さんのスカートの中を見せてよ。どんなパンティを穿いているの?すごくエッチなやつ?」

彼の股間を見ると大きく膨らんでいました。
すごく興味が湧いてきました。

「お姉さんに、いつもやってる1人エッチを見せてくれる?」

一瞬、彼はびっくりしたようですが・・・。

「いいよ。お姉さんに見られながらしたら、いつも以上に興奮するだろうから・・・」

そう言うやズボンを脱ぎ、ベッドに仰向けになりトランクスを膝まで下ろすと、いきり立った男性器がお腹に付くくらいに大きくなっていました。
しっかりと目の前で見たのはこれが初めてでした。

彼はそれを片手で握り、もう片手にはティッシュを丸めて持ち、上下に動かしはじめました。
もう私は目が点になり、喉がゴクリと鳴りました。

間もなく彼は、「あッ・・・もう出る・・・」と言うと、身体を海老のようにしてティッシュを持っている手をそこに宛てがいました。

当時の私は経験が少なかったので、彼に何もしてあげられませんでした。
初めて見た男性のオナニー場面は、今でも私の脳裏にしっかりと焼きついていて、思い出すと濡らしてしまいます。