オレが中学生の時の話。
中学の頃、隣に姉妹が住んでた。
姉ちゃんはオレの3つ上で、妹はオレの1つ下。
小学生から隣だったから、幼い頃は一緒に遊んでた。
オレは一人っ子だったから。
でも小学校高学年になるとさすがに遊ばなくなった、お姉ちゃんは中学生だったし。

じつはオレの初恋の相手は、この隣のお姉ちゃん。
スラッとしてて、セミロングの綺麗な黒髪。
運動も勉強もできて、顔立ちはハッキリ系の人気者だった。
妹はワガママでうるさい女の子だった。
だから必然とお姉ちゃんの方を好きになった。

小学校の頃からよくお姉ちゃんに勉強を教えてもらってた。
だからオレが中1になった時も、自然な感じで教えてもらってた。
いつも中間テストとか期末テストの時はお世話になって、夏休み前のテスト前も、いつもと同じように教えてもらってた。
場所はいつも1階のリビング。
夏だったから、お姉ちゃんは薄着だった。
部屋着だったんだと思うけど、キャミソールみたいなの1枚だけ。
向かい合う形で座ってたから、前屈みになると胸の谷間が気になって仕方がなかった。

中学生になって分かったんだけど、お姉ちゃんは結構な巨乳。
痩せてるから余計に大きく見えた。
それが前に身を乗り出してくるから、中学生のオレには刺激的。
ダメだって思いながらも、目が谷間に釘付けだった。
たぶんバレてたと思う。
勃起してたのもたぶんバレてたんだと思う。

「教科書あるから上に行こっか」

何度も入っていたお姉ちゃんの部屋だったけど、無性に嬉しかった。
その日は妹もまだ帰ってきてなかったし。
おばさんが下にいたけど、オレとお姉ちゃんは部屋に移動した。
移動してからはしばらく真面目に勉強を教えてもらってた。

「ねぇ~耕ちゃん、彼女できた?」

いきなりの質問にタジタジになった。

「そんなのいるわけないじゃん。お姉ちゃんは彼氏できたの?」

「びみょ~な感じ。なんか怖いんだもん」

「何が怖いの?」

「なんかぁ~すぐに触ってくるし。目が怖いんだよ」

いつの間にかそんな話になってた。
その頃のオレなんてセックスがどんなものなのかすら知らなかったし。
オナニーは知ってたけど、罪悪感が嫌でたまらない年頃。

「ねぇ~、ちょっとここに座って?」

突然そう言われて、オレはベッドに腰かけた。

「何?座ってどうするの?」

「いいからいいから。ちょっと・・・」

お姉ちゃんはそう言ってオレの目に手を当ててきた。

「何すんの?ちょっと・・・」

そう言った瞬間、いきなりキスをされた。
オレは固まってしまって、何も言えないし何もできなかった。

「ちょっと練習。まだチューしたことないから練習ね」

そんなこと言われても、どうしたらいいのか分からなかった。
固まったオレを見てお姉ちゃんは笑ってた。

「チューしたことないの?」

「ないよ。初めてされたよ」

「へぇ~、そうなんだ~。でも本当のチューは違うの知ってる?」

「本当とかウソとかあるの?」

「あるんだよ、教えてあげようか?」

そう言ってまたお姉ちゃんはキスをしてきた。
今度は舌を入れてきた。
その瞬間、オレは身を引いてしまった。

「なっ!何?それ!」

焦って驚いて、もう完全にキョドってた。

「本当のチューは舌も入れるの!」

「マジかよ!なんか変だよそれ」

「まだお子ちゃまだからねぇ~、耕ちゃんは」

「そんな事ないよ、初めてだからビックリしたんだよ」

「そう?じゃもう1回練習しようか」

それから何度もキスをした。
舌をどう動かせばいいのか分からなかったけど、お姉ちゃんの舌を舐めていた。
当然のように勃起もしちゃってた。

「こらっ!」

いきなりそう言いながら、お姉ちゃんはチンコを握ってきた。

「何すんだよ!痛いじゃんか」

「やらし~!でっかくなっちゃって!やらし~」

もう恥ずかしくて仕方がなかった。
人にチンコを触られたこともなかったし、勃起してることが恥ずかしかった。

「ねぇ、こうすると気持ちいいんでしょ?」

お姉ちゃんは握った手を動かしてきた。
これがもう信じられないくらい気持ち良かった。

「ちょっと見せて?ねっ?」

「イヤだよ。なんで見せるんだよ」

「じゃあもう勉強教えないよ?いいの?」

「なんでそうなるんだよ。無理だってば」

「じゃあもう教えない。赤点取りなさい」

「なんだよ・・・じゃあちょっとだけだからね」

もうはち切れんばかりに勃起していたチンコを見せることになった。
恥ずかしさと得体の知れない興奮で完全にパニクってた。
下にはおばちゃんもいたし。
オレはジャージをずり下げて、お姉ちゃんに勃起したチンコを見せた。

「すご~い!何これ!こんなになるの?何ぃ~?」

テンション上がりまくりのお姉ちゃんはチンコを指でツンツンした。
それだけでヤバい感じだったから速攻でジャージを穿いた。

「ねぇ~ねぇ~どうしたら元に戻るの?」

「知らないよ。他のこと考えてたら知らないうちに戻ってるし」

それからしばらくチンコについて色々聞かれた。
お姉ちゃんもチンコを見るのが初めてだったし、どう扱ったらいいのか分からないと言っていた。
彼氏とやることになるかもしれないから、事前に知っておきたいらしい。

「じゃあ勉強は教えてあげるから、これからは耕ちゃんはアタシの実験台ね!」

「ヤダよ!実験台なんて、何言ってんだよ」

「いいの!勉強教えてあげる代わりなんだから」

その日から、お姉ちゃんとの秘密がはじまった。
勉強を教えてもらいながら、オレはお姉ちゃんの実験台になった。

男は何を考えているのか?
何を見て興奮するのか?
興奮すると何をしたくなるのか?
どうすると気持ちいいのか?
どうされると痛いのか?
精子が出た後はどうなるのか?
回復時間は?

お姉ちゃんが今まで疑問に思ってたことを、全部聞かれたようだった。
しかも途中から実際にチンコを見せろなんて言われて、勃起したチンコを見せながら、自分でシゴかされたりして。

何度目かの勉強を教えてもらった時、初めてナマで触られた。
お姉ちゃんは真面目にチンコを見ながら、ゆっくりシゴいた。
目の前に胸の谷間があって、たぶん3分ももたなかったと思う。
オレはあっという間に精子を出してしまった。
イキそうになった時、慌ててティッシュに出した。
お姉ちゃんはイッてるチンコをじっと見つめてた。

ある日、オレは思い切って尋ねてみた。

「お姉ちゃんは自分でやるの?」

「え~、ちょっとは触るけど。そんなにしないよ~」

「エロ本とか見てんの?」

「見るわけないじゃん!持ってないし」

この話題がきっかけになって、その後2人で見せあいながらオナニーをした。
ベッドに2人で向き合って座って、お互いのアソコを弄った。
1度イッた後だったけど興奮はMAXになっていた。

初めて見る女の人のオナニー。
白いパンツに染みができていた。
お姉ちゃんはオレのチンコを見ながら声を押し殺していた。
オレは人差し指で染みになってる場所を触ってみた。

「何してんの。ダメでしょ・・・アッ・・・」

指先で押したり、上下になぞったりした。
そしたらその指をお姉ちゃんは握って、オレの指を使ってオナニーをし始めた。
もうチンコをシゴいてる場合じゃなかった。
ハァハァ言いながらお姉ちゃんはオレの指でオナってるし。
恐る恐る胸に手を伸ばした。
Tシャツの上からオッパイを触ってもハァハァ言ってるだけ。
AVのように揉んでみた。
お姉ちゃんの声が少し荒くなってきた。
調子に乗ったオレはTシャツの下から手を突っ込みブラの上から揉んだ。
大きくて柔らかくて、たぶん激しく揉んでたんだと思う。
谷間から手を差し入れると硬く勃起した乳首があった。
乳首に指が触れた瞬間、お姉ちゃんは体をビクつかせた。
お姉ちゃんがオレの首に手を回してきて、キスをしてきた。
激しく舌を絡ませてきて・・・。

「んん、うっ・・・」

たぶん、あの時にイッたんだと思う。
当時のオレには全然分からなかったけど。

「もうダメ!」

ガバッと後ろを向き、お姉ちゃんは立ち上がって洋服を直した。
チンコからカウパーが出まくりだったが、そのまま急いでパンツを穿いた。
なんか悪いことでもしちゃったかと不安になってた。

フェラチオをするとか入れるとか、そんな事はしなかった。
でもこんなオナニーの見せあいとか手伝いを、それから何度もやった。
おばさんがいなくなった時は、お互いに全裸になって見せあった。
初めてオマンコをナマで見て、どうなってるのか教えてもらった。
でもお姉ちゃんは処女だったから、指を入れたりはしなかった。
クリトリスの触り方とかを教えてもらった。

<続く>