3つ違いの姉妹がいる。
そして、姉も妹も可愛くて美人だったので、弟でもあり、そして兄でもある俺のオナニーライフはキチガイじみたものになってしまった。

小、中学校の時は姉妹のブラジャー、染み付きパンティでオナニーしまくった。
姉妹のいる人なら分かると思うが、脱衣場の洗濯物入れには常に下着が入ってる状態。
夜中に起きてそれを部屋に持っていき、1枚は頭から被り、もう1枚は股間に巻いてシコるのが日課。
クロッチの部分が汚れていたりしたらチンポ汁は出まくり。
それに、どの下着が姉、妹の下着かはすぐに把握できるようになった。

たまに姉妹のどちらかがリビングで寝てる時は、お尻とか太ももを触りながら起こしていた。
もちろん気付かれないように触らないで起こすこともあった。
そのおかげでAVには全く興味がなく、2人の体に触れて、下着、洋服をオカズに射精していた。

家に俺1人の時はまさに天国。
姉妹の部屋に行き、制服、体操服、ジャージを漁り、枕、布団にも下半身を擦りつけてベッドに寝転びながら最後はティッシュに射精した。
夏にはスクール水着、冬にはセーター。
毎回、もうやめようと考えるのだが、性欲は抑えきれない。
次の日には洗濯前のブルマを口に入れながら射精していた。

姉のリップクリーム、歯ブラシを咥え、妹の笛、箸を舐め回す。
俺も細身なので、姉妹のパジャマ、スカート、ブラジャーを身に着けてシコる。
顔には黄色い染みのついたパンティ。
入れ違いにお風呂に行く時は、脱ぎたての下着を舐めながらシコる。
特に気に入ってるパンティがある時は唾液まみれになっていた。
とにかく気持ちいい。

そんな時に姉が部屋着をスカートにした。
もし俺の行為がバレていたらそんな誘うようなことはしないはず。
もちろん興味がない、見てないフリをしていたが、パンチラには反応してしまう。
俺が何度もいかがわしい行為に使っているパンティだ。
実際に姉妹が穿いているのを見るとさらに興奮する。
その歯ブラシで歯を磨いている姉妹。
その布団で眠っている姉妹。

俺が高校生になってからは写メやムービーでその様を撮影してたが、俺に彼女ができてからはその行為も減っていった。
ただ正月に実家へ帰れば、今でも姉妹の下着でオナニーをするのは当たり前。
逆に言えば、2人以外の下着でオナニーしようなんて思わないし、彼女でも絶対にありえない。
よく「姉や妹には欲情しない」と聞くが、それは本当に信じがたい。
俺は何百、何千回と興奮して射精した。
下着の柄が変わるたびに。
脱衣場に脱ぎたての洋服があるたびに。
季節が変わるたびに匂いも違っていた。
汗と体液の香りをいっぱい吸い込んだ。

機会があれば一度試して欲しい。
ハマったら抜け出せない、地獄のような天国のような感覚が味わえるはずだ。
姉妹の下着や匂いのついたものは禁断の果実なのだ。
実際に挿入はしてないが、陵辱し、近親相姦している気分を味わえると思う。