高校2年の女子です。
家に帰ると母親の彼氏がリビングでお酒を飲んでいました。
私は無視してバスルームに向かいました。
シャワーを浴び、自室に戻ると服を脱ぎ、いつも通り下着姿でベッドに入り、そのまま眠りに落ちました。

どれくらい経ったのでしょう。
違和感に目を覚ますと、母親の彼氏がベッドに忍び込み、ニヤニヤしながら私の胸を弄っていました。

「いやっ!何してるの!?」

身体を起こそうとしましたが、寝起きで身体に力が入りません。
乳首を舐め回して唾液まみれにし、男が腰を動かしはじめました。

「やっ!いやあああ!!」

すでに男のモノが私の中に挿入されており、動くたびにぐちょぐちょと水音がします。

「やっ!!いやああ!!いやあああ!!」

嫌がる私をニヤニヤしながら見下ろし、男が何度も激しく腰を打ち付けてきます。

「あ!あ、あ!!」

足が男の肩にかけられて、男のモノが身体の最奥を貫きます。

「やあっ!!いやああっ!!」

私の嫌がる姿は余計に男を興奮させるらしく、身体の中の男のモノがさらに膨張しました。
男は酒臭い息をハアハア荒げながらぐいぐいと私の身体を犯し、身体を密着させてきました。
私の胸に顔を押し付けて左右にぐりぐりと動かします。

「やめて、お願い!いやああああ!!」

抵抗と哀願も虚しく、肌が打ち合う音と、ぐちゅぐちゅという水音が部屋中に響き渡ります。

「あ・・・あ・・・うっ」

最後は低く呻き声を上げて男が私の中で果てました。

(やっと解放される・・・)

早くシャワーを浴びて汚い男のものを全て洗い流したくて仕方ありませんでした。
しかし男は私の上に覆いかぶさったまま胸に頬擦りし、セックスの余韻を楽しんでいるみたいでした。
ちゅくっと乳首に吸い付かれ、舌で転がされました。

「や・・・あんっ」

胸が弱い私は、ぴりっと走った刺激に思わず声を出してしまいました。
私の反応に男の目の色が変わりました。

ちゅぱちゅぱ・・・。

男を立てて左右の胸に吸い付き、両手で乱暴に揉みはじめました。
すると私の中に入ったままだった男のモノが、再び膨張しはじめました。

「やっ!あ・・・ああっ、あっ」

再び乱暴に動き始めた男が私の体を犯しはじめました。

「はあ、はあっはあっ」

酒臭い荒い呼吸を繰り返し、パンパンと激しく腰を叩き付ける男。

「やあっ!いやあっ!!」

嫌がれば嫌がるほど男はニヤニヤと嬉しそうに腰を深く叩きつけてきます。

「いやっ!あんっ、あんっ!!」

心では拒絶しているのに、すっかり濡れてしまっている私の秘部はぐちゅぐちゅと男に絡み付いて男を受け入れています。
男が私の身体を抱き上げて寝転がり、私を男の上に座らせて腰を跳ねさせはじめました。

「あっ!あんっ、あんっ、ああっ!!」

身体が跳ね上がり、ズブッと男のモノを深く咥え込み、また跳ね上がり・・・。
それに合わせるように胸がプルンと跳ね上がり、男は嬉しそうに下から手を伸ばして触ってきます。

「やあっ!やめて!!あんっ、あんっ、あんっ!!」

何度も突き上げられ、色んな快感が混じり合い、最後にはもう訳が分からなくなりました。

明け方、母親が帰宅しました。
すでにシャワーを浴びて情事の跡を洗い流していた男は、何食わぬ顔で母親と出掛けていきました。
私はベトベトの身体をぐったりとシーツに横たえて、出掛ける2人の足音をぼんやりと聞いていました。