教育学部教員養成(体育)学科に所属していた大学3年の22歳の時、いまだに童貞だった自分は早く童貞を捨てたいと思っていた。
周りの友達はさすがに童貞の人はほとんどいなく、好きな女の子にアタックするもののフラれてばかり。
唯一付き合った女の子とも、がっつき過ぎたのかエッチを拒まれ、自信を相当に喪失していた。

(風俗で捨てよう・・・)

そう思っていた矢先、当時アルバイトをしていたスポーツジムのお客さんで、36歳の弁護士の女性と知り合った。
そのお客さんは某有名大学卒業で学生時代に司法試験に合格したという才女。
なので、ジムでのトレーニングも理論を説明してほしいと引き下がらないので、他のアルバイトでは対応できず、スポーツ理論を一応少しは心得ている自分が彼女の担当となった。
その時は、(きれいな人だけどなんかキツそうだな・・・)というイメージを持っていて丁寧に接客していた。

半年くらい経った頃だろうか、彼女から「ホームパーティをやるので来ないか」という誘いを受けた。
だいぶ打ち解けていたし、金持ちの家だから美味しいものが出るに違いないと邪推をして自宅に向かった。
そこに恋愛感情など微塵もなく、邪なことしか考えていなかった。

当日、彼女の家に行くと招待されていたのは自分1人。

「先に始めましょう」とのことで先に始めていた。

一流のオードブルと高級シャンパンに感激し、がっつき始めた。
酒もまわったところで、トレーニングの話(主にダイエット)から恋人の有無などプライベートな話に展開していった。

ふと彼女(理恵)が、「彼氏が何年もいなくて淋しい」と漏らし始めた。

「でも恋人とかは面倒くさいから、いつでもセックスできる男が欲しいな」

冗談か本気か分からない感じで言ってきた。

「そしたら俺とかどうですか?童貞ですけど(笑)」

冗談混じりで言ったら、理恵が迫ってきた。

「パーティは嘘。今日は2人でこうしたかっただけなの」

その言葉で酔いが一気に覚めた。
寝室に2人で移動して理恵に服を脱がされて下着だけにさせられてしまった。

「スゴい身体・・・」

20年近く体操をやっていた俺の身体は理恵の理想だったようだ。

「じつは入会したときからあなたのことが気になってたの。この身体に抱かれてみたいって・・・」

その時、全ての謎が解けた。
要は理恵の作戦にまんまとはまってしまったのだ。
全ては理恵の戦略通り。
でも自分よりイケメンのインストラクターはいくらでもいるのに、なんで自分なのか?

「私、イケメンには興味がないの。筋肉フェチで・・・」

理恵も服を脱ぎだした。

「はぁぁあっ・・・」

乳首を攻められた。
俺はすでに理恵のペースにはまっていた。
パンツも脱がされて全裸にさせられ、チンポを嬉しそうに頬張る理恵。

「あぅ、大きくて硬い・・・」

その瞬間、俺の理性は崩壊した。
理恵を抱えあげ、パンツを無理やり脱がせて、熱くなったチンポを理恵のマンコにぶち込んだ。
激しい言葉責めに普段はSっ気たっぷりの理恵がしおらしくなり、「裕太君・・・もっと激しく突いて・・・お願い」と懇願してきた。
俺も初体験の感動も相まって、ガンガン突いてフィニッシュ。
大量の濃厚なザーメンが理恵の顔を飛び越え、髪にまで飛び散った。

その後、変態プレイを繰り返し、半日以上もセックスをして、気がついたら月曜日の朝になっていた。

「裕太君の腕枕、本当に枕みたい・・・」

40センチもある俺の腕で理恵はすっかり女の子になっていた。

結局、理恵とは3年付き合った。
普段は頭が良くて頼りになる理恵は、教員採用試験を落ちて沈んでいる自分にアドバイスをくれたり、支えになってくれたりした。
夜はそのぶん理恵にたっぷり濃厚なセックスをしてあげた。

26歳で教員採用試験に合格し、理恵にプロポーズしようと指輪を準備した矢先、理恵は俺の前から姿を消した。
マンションも引き払い、ジムも退会していた。
どうやら仕事で大きなミスをしたらしく職場にいられなくなったらしい。
失意のドン底で何度も悔やんだ。
もう理恵以外に愛せる人はいないと。

あれから7年経って、俺も34歳になった。
すでに結婚して子供もいて毎日仕事に追われているが、いまだにあの濃厚なセックスを忘れられないでいる。
だから、家に嫁さんがいないときは理恵のことを思い出しては激しいオナニーをして気持ちを紛らわせている。