20代の主婦です。
あまりに肩こりが酷いので近くにある整体に行ったのですが、それが間違いでした。
初めての整体で問診を受けながらお茶をいただきました。
すると、しばらくして体が熱くなってきました。

ベッドに横になると、いきなり両腕と両足を縛られ、下着姿にされました。
マッサージ師は、嫌がる私の口を無理やり鼻を摘んで、主人の倍以上もありそうなアレをねじ込んできました。
主人のだってフェラしたことがないのに・・・。

「どうだ、旦那さんのとは比べもんにならないやろ。奥さんフェラ下手だね。舌をもっと使って、玉の裏も舌で舐めて」

などと言われ、嫌なのになぜか体が熱くて、でも早く終わって欲しくて、玉を舐め、ペニスを舐めました。
主人の倍以上に、太くて硬くいモノを喉の奥までねじ込まれ、顎が外れてしまいそうでした。
息ができなくなって、何度も出し入れされて、喉の奥に濃い大量の精子を出されてしまいました。
咽ながら精子を吐き出そうとすると・・・。

「一滴残らず飲み込め!俺の精子は奥さんの体の中に全部出す。口も、オマンコも、アナルも全て、一滴残らず俺の精子は飲み込め!これから毎日俺が調教するからな」

そう言われました。
首を振って嫌がると、「全てビデオに撮ってるから言うことを聞かないとネットに流すぞ」と言われ、ブラジャーをハサミで切られました。

「なんだよ、奥さん貧乳じゃん。まあいいや、これから俺が揉んで大きくしてやるから」

そう言って強く揉んだり、乳首を摘んだり、引っ張られたりしました。
嫌なはずなのに私のあそこはびしょびしょでした。
私、乳首が弱いんです。
彼のざらざらの舌で舐めあげられたり、吸われたり、噛まれたりして何度かイキそうになりました。
我慢していたけど、「アッ、ウッ」なんて声も漏れてしまって・・・。

「奥さん、感じてるね」

そう言ってパンティの上からクリトリスを指でなぞられました。

「奥さん、あの薬、よく効くでしょ!さっき飲んだお茶に媚薬を入れておいたんだよ。もうパンティもびしょびしょだね」

パンティもハサミで切られ、びしょびしょのあそこをざらざらした舌で舐めあげられたり、クリトリスを吸われたり・・・。
もう私は彼のなすがままでした。

まだ彼の精子が残っている口に、またあれをねじ込まれました。
顎が外れてしまいそうなくらい硬くて、太くて・・・。

「奥さんのオマンコはどうかな?」

そう言って私の口の中からあれを抜き、あそこに入れようとします。

「ダメ~、イヤ~、やめて~」

どれほど拒んでも無理やりねじ込んできました。

「痛い!壊れちゃう!」

そう言うと彼は私のあそこに直に媚薬を塗って、指を1本、2本、3本と入れられ、さらにグチョグチョになりました。
そして彼はまた主人の倍以上もありそうなペニスを一気にねじこんできたんです。
でも、最初は痛かったのに、いつの間にか今までに感じたことのないほどの快感が襲ってきました。
彼のペニスは子宮の一番奥を突き抜けてしまうほどで、私のあそこは彼のモノでいっぱいになりました。
主人のモノでは味わったことのない快感に私は失神してしまっていました。
何度も何度もイカされ、イクたびに私は初めての潮を吹きました。
私が「イク~」と叫ぶたびに彼はあれを抜き、まるで噴水のような感じでビシャーっと潮を吹いてイカされました。

今では主人とのセックスではイケない体にされてしまい、彼の言いなりです。
透けて見えるキャミソールにノーブラ(乳首が見えます)、それにミニスカートにノーパンで、屈むとお尻が丸見えになる格好でスーパーで買い物させられたり、一緒に電車で出かけて痴漢プレイをされて指でイカされたりします。

そしてついに先日、夜に呼び出されて最終電車でどこの誰ともわからない男性のあれを入れられて、中に出されました。
その男性のあれを綺麗になるまで舐めさせられ、駅のトイレで彼のモノを入れられて、また私は潮を吹いてイカされました。