今から6年ほど前、池袋のとあるSMクラブに勤めていた『レイナ(仮称)』という女王様と深い関係になったことがあります。

その子は当時22歳。
外見は倖田來未を上品にしたような韓国美人タイプで、身長は170cmくらいありました。
ホームページでレイナを見るなり、その小麦色に日焼けした肢体の悩ましさに、その場で射精しそうになるくらい興奮したのを覚えています。

すぐさまレイナが在籍するSMクラブで予約を取り、その週末にはレイナに会いに行きました。
じつはレイナに会うのは初めてではありませんでした。
私は六本木の黒人が集まるクラブでレイナをナンパしたことがあったのです。

(女王様をやってたのか・・・)

レイナの外見から考えて、普通の日本人男性では気後れするのも納得がいきました。
女王様という職業はぴったりだったのかもしれません。

(でも、なんだかちょっと無理してるような・・・)

レイナと話したことのある私には違和感がありました。
どちらかというとサディスティックな性癖の強い私には、(レイナって本当はMなんじゃないか?)と疑わせるところがあったのです。
それは動物的な勘とでもいうべきものでした。

(うまくいけば私のものにできるかもしれない・・・)

なんの根拠もなく、写真のレイナを見ながら私は思いました。

「ほんとになんにもしなくていいの?私は別にいいけど」

レイナは煙草に火をつけながら微笑みました。

「俺、痛いのとかダメだからさ・・・」

そう言いながら、私はボンデージ姿のレイナの美脚に粘っこい視線を這わせていました。
わざとレイナに気づかせるように。

「クラブでも私の脚、そうやって見てたよね・・・」

「お前の脚がきれいすぎるんだよ」

「見るだけならいいよ・・・。ほら、もっと見なさいよ・・・」

「ああ・・・匂い・・・嗅ぎたい・・・」

「やだ・・・誰があんたみたいな変態に・・・」

私はレイナをさりげなく、「お前」と呼んでいました。
レイナがそれに怒りや嫌悪感を覚えた様子がないことを、私はそこでしっかりと確認しました。
それは私がレイナにとって“店の客”ではないことを意味していたからです。

その後、半年近く私はレイナのもとへ通いました。
もちろんその間、一度もレイナの体には手を触れませんでした。
ただ話をするだけです。
しかし、レイナとの間にある種の緊張感と親和性が作られていくのを感じていました。
これまでレイナは男と深い話をしたことがなかったらしく、思った以上に自分の内側を話してくれました。

「今までバカな男としか付き合ったことなくてさ。なんか面倒くさくなって女王様やってるっていうか、別に黒人好きでもなんでもないんだよね」

思った通り、レイナは仮面を被っていたようでした。
私の職業のひとつに心理療法家という顔があるのですが、私はレイナを自分のものにするためにすべての知識とメソッドをその半年間に注ぎ込みました。

そしてある夜。
私とレイナは例の六本木のクラブに来ていました。
デニムのホットパンツにビキニという露出度の高いレイナのファッション、鼻先をくすぐる甘いコロンの香りに私は思わず生唾を飲みこんだものです。
レイナはいつになくテンションが高く、大胆に私の体に触れてきました。
気がつくと、フロアの隅で私とレイナはお互いの指を絡ませ合いながら熱っぽく見つめ合っていました。

1時間後、私とレイナは都内のホテルの1室にいました。
部屋に入るなり引き寄せてキスを求めましたが、意外にもレイナは自分から大胆に舌を絡めてきました。
夢にまで見た甘い唾液の香り。
私はもう痛いくらいに勃起しました。

「ああン・・・ねえ・・・シャワー浴びさせて・・・」

「・・・シャワーはだめだよ・・・」

耳元で熱く囁きながら、微かに汗ばんだ首筋をねっとりと舐めあげると、レイナは体をくねらせて逃げようとしました。

「ああ、やだ・・・シャワー浴びる・・・いやンッ!」

私はもうレイナを離すつもりはありませんでした。
レイナの大柄な体に背後から抱きついたままベッドに倒れこんでいったのです。

「あッ・・・あッ・・・あッ・・・はあああンッ!」

照明を落とした部屋の中に、すすり泣くような甘い媚声が響いていました。
私はじっくりと時間をかけてレイナの肌を味わっていきました。
若い男とは違う中年男独特のねちっこい愛撫を繰り返されるうちに、レイナは全身に鳥肌を立たせて敏感に反応しました。

「ああ、レイナの汗の匂いたまらないよ・・・」

足の指の間をねっとりとしゃぶり立てながら、すでに濡れきっているあそこをパンティの上からくすぐってやると、レイナは甘い悲鳴をあげながらベッドの上で身をくねらせました。
体中を舐め回し、焦らしに焦らしまくった後でようやくパンティを脱がせて濡れきったあそこに吸いついていくと、レイナは腰を跳ね上げさせながら部屋中に響くほどの甘い悲鳴をあげました。
そして、しつこいクンニで4回もイカされてしまうと、もう私の要求にはなんでも応じるようになっていました。

「どうだレイナ、いいか?」

「はあああン・・・やばい・・・超気持ちいいよお・・・」

背後から抱きついてじっくりと腰を使ってやると、レイナはたまらない声を漏らしながら尻を振って私の勃起をさらにそそりました。

「お前は俺のもんだ・・・俺だけのもんだ・・・」

思い切り尻をスパンキングしながら子宮の奥を突きまくってやると、レイナは部屋中に響くほどの甘い悲鳴をあげてよがり狂いました。

次の日はレイナのマンションでじっくりと交わりました。
中年男の吸いついてくるような精力を一度味わってしまうと、若いレイナはひとたまりもありませんでした。
よくよく聞くと意外にもレイナは男性経験が少ないようでした。
すべて私の読み通りだったのです。

こうして私はとうとう女王様を自分のものにしたのです。
レイナが海外留学するまでの2年間、付き合っていました。