俺は大学2年で、妹(りん)は高校2年。
この前ついに自分の欲望を、りんにぶつけてしまった。

俺とりんは昔から仲良くて、俺が中学くらいまで一緒に風呂にも入るくらいだった。
でも俺はずっとりんを大好きで、他の男と話してたり学校の話も聞くとイライラしてた。
りんは風呂でもずっと俺にくっついたり、くすぐってきてた。
俺は、少し膨らんだおっぱいをくすぐるふりをして、揉んだり、乳首をつねったりして、その夜のオカズにしてた。

中2くらいから俺にも彼女ができて、りんにしたいこととかを想像したりしながら、何人かと付き合ってセックスもした。
でもやっぱり俺にとってりんは特別で、色んな人と付き合うたびに、セックスするたびに、逆にりんへの欲求が大きくなってた。
好きすぎる気持ちと欲望とが何だかぐちゃぐちゃで、引かれてもしょうがないから、伝えたいって思うようになった。

バイトから帰ると、りんはいつもと変わらず、リビングでテレビを見てた。
うちは両親共働きで、夜10時くらいに母さんが帰るまで、いつもどっちかが夕飯を作ったり適当に買ってくる。
いつもと本当に変わらない風景。
だけどなぜか俺は、今かなって気がした。

ソファーに座ってるりんの隣に座って、りんの頭を撫でた。
りんは、「なにー?どうしたの?(笑)」と、少し照れながら俺を見た。

「知ってるかもだけど・・・りん、好きだよ」

実際今まで口にできなくて、でも俺の中ではち切れそうだった気持ち。
りんが黙るから、泣きそうになった。

「りんが好き。このままじゃ俺、無理やりでも襲っちゃいそうだったから。でもちゃんと、りんと気持ち繋がりたくて」

りんは、冷たくて小さい手で俺の手を触れてきた。

「好き。りんもずっと大好きだった」

そう言いながらポロポロ泣くから、俺も一緒に泣いた。
気持ちが通じ合って初めて気づいた。
想像と違う。
すげー切なくて、俺だけじゃなくて、その切なさをりんにも感じさせてるってことに胸が痛かった。
嬉しいだけだと思ってたけど違ってた。

「りん、キスしていい?」

切なさと告白しちゃった少しの後悔が紛らわしたかった。
何も言わずにりんはニコッと笑ってから目を閉じた。

ちゅ。
ちゅっ・・・ちゅっ。

唇が触れて温かくて、今までのキスは偽物みたいに唇に全神経が集中してるみたいだった。
唇だけのキスなのに、指先まで痺れてジンジンした。
少しだけ唇の間を舌でペロペロしてみた。
りんはやさしく『いいよ』って言うみたいに、唇を開いて俺の舌を受け入れた。
俺は緊張とか不安が切れたみたいに、りんの口の中を激しく貪った。

りんが、すげーエロい息をして、「ん、ちゅ・・・くちゅ、はぁっ」って吐息が耳を刺激して、それだけでギンギンになった。

我慢できなくて、キスしながら部屋着のトレーナーの上から、おっぱいに触れた。
潰れないように、形を確かめるように。
中学の時にお風呂で触った時より大きくなってた。
すぐトレーナーの中に手を入れた。
ブラジャーがおっぱいを包んでる。

むにゅ・・・むにゅ。

やばい。
本気で、りんが全部欲しいってなる。
揉みながらブラを捲り、乳首までずらした。

くりくり。

「あっ!やっ、お兄ちゃん」

久しぶりにりんが言葉を発した。

「いや?」

クリクリ・・・。

「んっ、恥ずかしいよ、ぁっ」

俺が上を脱がそうとすると、「ここじゃ嫌だ・・・」と恥ずかしそうに俺を見上げた。

「俺の部屋に行こ」

部屋までは、いつもみたいにじゃれながら向かった。
部屋に入ってすぐにキスをした。
ベッドに行くまで激しくキスをして、りんを寝かせた。
上の服もズボンも脱がせた。

「りん、大好き」

キスを顎、首筋とずらして、ぴちゃぴちゃ舐めた。

「ん、っあっ、はぁっ」

ブラを外した。
可愛い乳首がツンと上を向いてる。

「乳首・・・ツンってなってる」

舌先でちょんちょんした。

「ひゃっ、あっ」

舌でぐりぐりと乳首を押し潰すように舐めた。
りんの体がぴくっぴくっと跳ねる。
りんって、こんなエッチな声で泣くんだね。
手をだんだんもっと下に。

「りん、足開いて?」

ぎゅっと閉じた膝をゆっくり開いてくれた。
そっと下着の上からなぞる。

「ん!んんぁ」

「パンツ、びちゃびちゃだね」

いつものじゃれた感じでりんに言う。
パンツの上から少しぐりぐり・・・おまんこの穴に中指を押し付ける。

「あぁっ、やぁ!お兄ちゃんっ」

ぐちゅぐちゅだから指先が入っちゃう。
パンツを少し横にずらして指で入口をなぞった。

くちゅくちゅくちゅくちゅ・・・。

その音とりんの喘ぎ声だけで、もう我慢汁でさっきからズボン濡れてる。

ぐちゅ・・・くちゅー・・・。

指を中に入れた。
ぐちゃぐちゃで、すげー狭い。

「お兄ちゃんっ!あっ・・・中っ」

やばい、もう我慢の限界。

「入れてもいい?」

りんは、すげーエロい顔、まるで『早く』って言ってるみたいだった。
速攻でゴムをして正常位になった。

「いくね」

先っぽが、おまんこの入口でぐちゅぐちゅ言う。

くちゅくちゅ、くちゅー。

「あぁあっ」

少しずつ、でもズンズンと奥に入る。

(やばい、動いたら出る)

苦笑いしながらゆっくり動く。

ぐちゅ・・・ぐちゅ・・・くちゅー。

「お兄ちゃんっ、ぁあっ、気持ちいいよっ・・・好きっ」

「りん、大好き」

早くも限界が来た。

「りん、イッちゃいそう」

「うんっ・・・あっ、いいよ」

くちゅくちゅっ。
パンパンパンパンっ。

「あっ、あ、出る」

その後も母さんが帰るまで3回もした。
本気で愛しても切ないけど、今は離れられない。

最後までありがとうございました。