俺は母親とやっていた2年間をものすごく後悔している。
彼女ができてから母親とすることはなくなったけれど。

あれは中学3年の夏だった・・・。
母子家庭で母親と市営団地で2人きりの生活の中で反抗期真っ只中の俺。
些細なことで苛立ってキレては物を投げ、壁を蹴り、とにかく大きな音で何かが壊れると気分がスッキリとして楽になった。
家の中はいつもグチャグチャだった。
それでも母親にだけは暴力を振るうことだけはしなかったのが唯一の救いだったかも知れない。
俺が暴れるたびに母は部屋の隅に座り込んで泣いていた。

満たされないストレスが性的な方向へと向かい、1日に何度も何度もオナニーをした。
母が風呂に入っている隙に脱衣籠から母の汚れたパンツをかすめては危険な妄想に浸り、射精の快楽に溺れる毎日。
母親が風呂から出るまでの時間内に全てを済ませる必要があるのだが・・・。

ある日、パンツを籠に戻す前に母が風呂から出てしまったため、パンツがないまま洗濯機が動き出す事態が発生した。
母親はその不自然さには触れようとはせず、俺に問いただすこともしなかった。
母親の目をまともに見ることができずに、ことさら物に当り散らした翌々日の朝のことだった。
いつも通りにトイレに行く時に何気なく洗濯籠を見ると、数枚のタオルの間に母の淡いブルーのパンツが見えていたのだ。
手に取ってみると洗濯前のもので、恐らく昨日1日穿いていたに違いない汚れが付着していた。
パンツの淡いブルーと母の尿の黄色が合わさってグリーンっぽい染みがその部分にくっきりと確認できた。

出来事の不自然さを疑う知恵などなかった。
ただラッキーとばかりに早朝から仕事に行って母親のいない1人きりの家で、いつもとは比べ物にならない時間をかけてたっぷりと楽しんだ。
匂いを嗅ぎ、舐めて、その仄かな酸味を味わいながらチンポを扱いた。
唾液で濡れると一段と匂い立つ女の汚れに、あっという間に紙で包む間もなく床に大量の精液を撒き散らしてした。
その搾り出す快感の間も、床を拭く間も母親の下着に鼻を押し付けたままだった。
その夜は母の下着で悪戯をしなかったが、そのパンツだけが翌日の朝、洗濯籠に残されていた。
さすがに少し不自然な感じを持ったが高まる欲求が勝って、その朝も存分に楽しんだのだった。

その翌日も洗濯籠の中に母は汚れたままのパンツを置いていた。
明らかに故意に母が置いているのだと知った。
俺に“これで楽しめ”と言っているのだと。

その日の夜、俺は母親を犯した。
いや、レイプと言えるものではなかったかもしれない。
訳のわからない何かを叫びながら、夕食の支度をする母の背中から抱きついて、スカートの中に右指を突っ込んだ。
母は一瞬、俺のその指を掴んで払おうとしたが、すぐに離して俺の思いに任せてくれた。
俺の指が女の部分を乱暴に捏ねくりはじめると、繰り返し俺に母が言ったのだ。

「わかったから、わかってるから、わかってるから布団でしよう?ねっ?」

敷いたままの俺の布団まで母を引きずるように引っ張って行くと、押し倒すまでもなく母は自分から布団の上に横になった。
仰向けではなく横向きで体を縮めた格好の母のスカートを捲り上げ、パンツを引きずり下ろすと尻の割れ目を広げて性器を覗き込んだ。
よく見えなかった。
焦って膝関節の裏を掴んで仰向けにすると大きく左右に開いた。
いつの間にか、下げただけのはずのパンツは母の足から無くなっていた。
しかし、そのことに気付く余裕など失っていた。
夏だから、というのもあったのだろうか、広げられた母親のそこからはパンツの汚れと同じ香りが立ち上ってきた。
その匂いが俺を完全に狂わせてしまった。

ジーパンとトランクスを一気に膝まで下げると母の股の間に割り入った。
ジーパンのスナップを外す間も母は足を広げていてくれたのだから、やはりレイプと呼べるものではなかったと思う。
大体はパソコンで見たエロ動画でわかっているつもりだったのに、実際にはなかなか侵入できなかった。
焦って何度も何度も押し付ける俺のチンポを母の指が摘むと簡単に潜ってしまった。
その熱さ、そしてチンポの感触。
神経の全てを一気に包んだ得も言われない軟らかさ。
チンポの付け根に感じる女の恥丘と恥毛の感触。
あまりの気持ちよさに動きを止めてその部分を見つめていると、小さく囁くように母が聞いた。

「いいって顔してる、気持ちいい?」

「うん、すげえいい」

何十回となく見た動画のように抜き差しをしてみると、本当にチンポが濡れて光っている。
母の目は俺の胸の辺りを焦点の合わない遠いものを見るかのように虚ろに泳いでいた。
ゆっくりと抜けないように突いた。
チンポの先に甘い痺れのような痛みにも似た快感があり、射精の予兆を感じると、動きを止めてその瞬間を待った。
射精の瞬間、本能的なのだろう、奥深くへと腰が突き出された。
何度も何度も。
いまだに俺はあの気の遠くなるほどの快感を超える射精をすることが出来ないでいる。

事が終わっても余韻に浸って差し込んだままでいた俺の胸を押して抜くように促すと、母は脱ぎ捨ててあったパンツで俺のチンポを拭いた後、自分の股間を押さえて立ち上がり、風呂へ行った。
母が股を洗うシャワーの音をぼんやりと聞きながら、俺は正座したまま放心状態で動けずにいた。
これが俺の初体験だった。