昔から私は、妹の加奈に対してコンプレックスを抱いていました。
真面目な性格の私と違って要領がいいというか・・・。
何をやらせてもソツがなく、いつでも自由奔放に生きる子だったからです。
私は親に言われるままに女子高に入ったっていうのに、妹は共学の高校へ。
男性と知り合う機会が少なく、卒業してから初体験した私と違い、妹は高校で何人とも付き合っていました。

その奔放さは特に異性関係で際立っています。
同じ男性と半年以上付き合ったことはなく、きれいな外見を活かし、取っ替え引っ替えの状態でした。
それに比べて私は親戚の勧めでお見合い結婚、10代で家庭に入ることになりました。
1人息子にも恵まれはしましたが、夫との関係は子育てと共に冷めていき、今ではただのお父さんとお母さん以上の何物でもありません。

5年前に伊豆のサーファーと結婚して、妹は結婚生活も謳歌しています。
それと比べると私は地味でなんの面白みもない主婦になってしまいました。

もちろん自分と妹の性格が正反対だということは分かっています。
人生を楽しくするのは結局その人次第だということも。
そうは思ってみても、やはり一抹の寂しさはどうしても拭えませんでした。

そんなある日のこと・・・。
その日、たまたま遊びに来ていた加奈が、最近はじめたという新しい遊びのことを話したのです。
私はいつものように聞き流していたんですが、内容がハードだったんです。
どうやらその遊びというのは、年下の男の子との浮気。
さすがにどうかと思いました。

「まさか相手は未成年なの?いくらなんでも・・・」

「いいじゃない。男はとにかく若い子の方がいいんだって。でも高校生っていうのは初めてかも」

「こ、高校生と不倫してるの?」

加奈の言葉に驚いてしまいました。
浮気してるというだけでも大変なことなのに、その相手が高校生だなんて。
それに息子のサトシと同じ高校生です。
妹からすれば甥と同じくらいの男の子と肉体関係を持つだなんて、私には信じられません。

「高校生なんて、すっかり大人と同じよ。教えたら教えただけ上達するし、体力が違うわ」

あけすけな妹の言葉に私は言葉を失ってしまいました。
派手な服を着ている妹は、見た目はとても28歳には見えません。
これだと確かに高校生にとっては美人のお姉さんという感覚かもしれません。
若々しい少年と妹が絡み合っている場面を想像し、頬が熱くなってしまいました。

「高校生っていいわよ。素直だし、経験が少ないからとっても責め甲斐があるの。姉さんも体験してみれば?」

「や、やめてちょうだい。そんな恥ずかしいこと。それに親御さんに知れたらどんな顔すればいいの?」

サトシと同じくらいの少年の親って私と同じくらいの年齢のはず。
妹のしでかしたこととはいえ、同じ母親として申し訳がありません。
ところが、それを聞いている加奈は、何か意味深な含み笑いをしています。

「うふふ・・・言っちゃおうかな。その子ってね、本当は姉さんも知ってる子なの」

「え、なに・・・?私に高校生の知り合いなんて。まさかサトシの友達とかじゃないでしょうね」

「当たり!しかも3人としてるのよ」

(!!!)

「さ、3人と?」

今度こそ本当に私は呆気にとられてしまいました。
加奈は、息子の友達3人と肉体関係を持っているというのです。

「やだ?そんな顔しないでよ。偶然だったんだから」

どんな偶然なのかは教えてくれないけど、息子と同い年の子と遊びで付き合ってるだなんて。
想像以上の内容を聞かされて、妹の対して様々な感情が湧き上がってきます。
加奈のただれた性生活に対する非難。
それとは逆の、自分の欲望のままに行動できる性格への羨望。
色んな感情が混ざり合ってましたが、最も強く感じたのは嫉妬でした。

(なんで加奈ばっかり。私だって、もっと人生を楽しみたいのに・・・)

いったいどんな顔をして3人もの高校生を誘惑したんだろう。
私の脳裏には、さっきよりも鮮明に高校生たちに身体を自由にさせて悶える妹の姿が浮かびました。
考えてみれば、私は複数の男性とする以前に、何人とも経験しているわけではありません。
夫とでさえ最近は仲も冷め、性生活もほとんどないのです。

それなのに妹は若い子たちの相手を1人でしているなんて・・・。
もしそれが私だったとしたら・・・。

思わず自分が少年たちに好きなようにセックスされている光景を想像してしまいました。

「姉さん、どうしたの?分かった、その顔、本当は羨ましいんでしょ」

「何言ってるの!私はそんな淫らではないのよ!」

「またまた~。私だってこんな事をはじめる前は欲求不満で仕方なかったのよ。姉さんだってそうじゃないの?」

「そ、そんな事ない・・・」

心の中を見透かされたような気がして、自分でもビックリするような声を上げてしまいました。
でも加奈は大して驚きもせず、真っ赤な顔の私をニヤニヤしながら見つめています。

「別にいいじゃない。姉さんだって若いんだし、そう考えちゃうのも自然のことよ」

「そ、そんなわけないでしょ!」

否定しようとしても、暴れはじめた妄想を自分で止めることができません。
心の中には細く引き締まった3人の高校生たちの裸。
そしてまだ見たこともない、若鮎のようなオチンチンを想像せずにいられません。
高鳴る鼓動と赤面をどうにか抑えようとしていると、妹が突拍子もないことを言い出します。
実際に加奈が、その3人とセックスしている所を覗かせてくれると言うのです。

「いつもホテルの1室でしてるから、クローゼットの中から見てみる?」

そう言って加奈はどこかにメールをしはじめました。
私のことは書いてませんが、次の週末に集まろうという内容でした。
実の妹の浮気を目の当たりにしているのに、やめさせない自分。
不思議な気分でしたが、なぜか私は妹を止めることができませんでした。

(それに、加奈はもう浮気してしまってるんだし・・・)

自分にそう言い聞かせていたのは、言い訳でしかありません。
このとき私は、妹が高校生たちに輪姦される姿を想像して、体の奥をムズムズさせていました。

「じゃあ、ここで見ててよ。2人には絶対に開けさせないから」

週末、私は現場のホテルに居ました。
1人はバイトがあるから後から現れるそうです。

(なんでこんなところに来てしまったんだろう・・・)

興味があったからとはいえ、年頃の息子を持つ母親として少し後悔してました。

そのうちチャイムが鳴ったので、私は慌ててクローゼットの中に隠れます。
扉の向こうから加奈と複数の少年の声が聞こえてきます。
とても楽しそうに親しげに会話を交わしている様子に無性に腹が立ってきます。
私には青春時代からこんな機会が訪れたことなんてありませんでした。
なのに妹は、主婦になっているのに男の子と楽しむことができるんです。

「あっあ、ん・・・乳首、気持ちいいよ」

私が思い耽っていると、クローゼットの外から妹の悩ましい声が聞こえてきました。
部屋に入って間もないというのに、もうエッチなことを始めているんです。
妹の浮気現場を黙って見てるなんて倫理に反することです。
でも・・・。
好奇心に駆られながら、明かりが差し込む扉の隙間で逡巡していました。
けれど、その時の私はベッドで行なわれている行為を見てみたいという欲求しかありませんでした。
クローゼットの隙間に顔を近づけると、服の擦れるような音とベッドの軋む音。

(いったいどんな格好でどんなことをしているんだろう?少しくらいなら見てもいいわよね・・・)

音を立てないように細心の注意を払いながら、隙間を少しだけ開けました。
でも、それほど音を気にする必要はなかったみたいです。
2人の男の子が夢中になって、ベッドの上で乳房を剥き出しにした妹の身体に群がっています。
胸を乱暴に揉みながら吸い付く子と、下半身を夢中になって撫で回す子。
窓にはカーテンも引かれてましたが、遮光カーテンは開いているので明るさは十分です。
妹ははじめから分かっていたんでしょうか、ここからだと3人の乱れた行為が丸見えです。

「君たち、随分上手になってきたわね。もっとやさしくおばさんを虐めて」

加奈は髪を振り乱し、少年たちの愛撫によがり声を上げました。
2人は言われるままにソフトタッチで全身を隈なく揉んだり撫でたりしています。
上手になってきたということは、この2人にセックスを教えたのは妹なのでしょう。

(年下の男の子のセックスの手ほどきをしたのね・・・。しかも2人も・・・)

私の胸がチクリと痛みます。

「うふふ、とっても気持ちいいわよ。中神君、こっちに来なさい」

中神君のことは自宅で見たことがあります。
いつだったか日曜日に、息子のサトシと1日中テレビゲームをしていたので注意をしたことがありました。

(その中神君が、私の妹と関係していただなんて・・・)

妹の言葉に中神君は顔を上げてにっこりと笑顔を浮かべました。
中神君は体を起こすと、着ている物を全部脱いでいます。
その股間でそそり立っているものを見て、私は思わず声を上げそうになってしまいました。
それは逞しく勃起したオチンチンでした。
根元には黒々と陰毛が生え揃い、裏側しか見えないほど反り返っています。
まだ子供だと思ってた息子と同世代の子の発育ぶりに胸が震えるようでした。
あれなら加奈が夢中になるのも無理はありません。

「さあ、来て・・・オッパイでその大きいのを挟んであげるから」

妹の手招きに少年はベッドに上がりこみました。
そして妹の胸の辺りに跨がって身を屈めたのです。
私はそのようなことをしたことがありません。
でも2人のしてることは見当がつきました。
加奈は少年の勃起したモノを乳房で挟んで刺激を与えようとしているに違いありません。
ほとんど四つん這いになった少年の口から快感に満ちた声が漏れてきます。

「ああっ、おばさんのオッパイ、柔らかくて気持ちがいいよ!パイズリ、サイコー!」

「まだまだこれからよ。オッパイでオチンチンしごきながら先っぽ舐めちゃうから・・・」

(そうか・・・ああいうのをパイズリって言うのね・・・)

自分のしているいやらしい行為を説明する妹の言葉に、赤面しつつも興奮してしまいます。
ちゅるっ、ちゅるっという湿った音が響くたびに中神君の体がビクッと反応します。
そんないやらしい行為を覗いている私の身体もどんどん火照っていきました。

「中神ばかりズルいぞ!俺も気持ちよくなりたい!おばさん、いいよね!」

放っておかれていた少年が我慢し切れなくなったようで、妹の下半身を脱がせにかかります。
中神君の勃起にキスをしていて返事のできない加奈は、腰を浮かせることで答えています。
妹の下半身を丸裸にさせた少年は自分の衣類も脱ぎ捨てています。
その股間には、やはり同じように逞しくて活きの良さそうなオチンチンが・・・。

「おばさんのここ、もうびしょびしょだよ・・・パックリ開いて欲しがってるみたい」

「そうね、今日はなんだかいつもより興奮してるみたい・・・このまま入れちゃって」

その言葉にドキリとしました。
あの2人は私がここに隠れてることを知らないんだ。
でも加奈は知っている。
私に覗かれていることが分かってるから、いつもより興奮しているのかもしれない。

(もしかして・・・あの子、私に覗かせて自分が楽しみたいからこんな事を・・・)

嫌な想像が頭をよぎります。
そう、妹の加奈は昔からそういう娘でした。
自分が楽しいことをしたいためには、遠慮なんかしない行動派。
私をこんな事に誘ったのは、自分のためだけだったのかもしれない。
そう考えると、再び悔しさと嫉妬の炎が燃え上がってきました。

(いつも自分ばっかり・・・私だって楽しみたいのに・・・)

「ああんっ、硬いのが入ってきた・・・もっと奥まで・・・根元まで突っ込んでっ!」

妹の大きく開かれた両脚の間に少年が腰を押し込んでいっています。
少年の大きなモノが根元まで挿入されると、加奈は脚をビクンビクンと震わせて悶えました。
若々しいオチンチンが妹の膣穴にねじ込まれ、そこから体液を溢れさせています。
口と胸で中神君に奉仕をしながら、あそこをもう1人に犯させている・・・。
3人のあまりに淫らな行為を見て、頭の奥が真っ白になりました。
気がつくと、私は自分のスカートの中に右手を差し入れていました。
自分で自分を慰めるなんて、随分昔にしたきりです。
なのに、快感のポイントを的確に弄っている自分に私は驚きました。

ベッドの上では加奈が両足を少年の腰に巻きつけて、バネの効いた腰振りを受け止めています。
受け止めながらも胸をせわしなく動かせて、舌先でもう1本のオチンチンをなぶっていました。

「あぁ・・・もうダメ・・・もうイッちゃう!このままイカせて!」

先に音をあげたのは加奈の方でした。
気持ち良過ぎてしまうのか、胸での奉仕を中断して何度も背中を反らしています。
少年も、そんな加奈の様子に興奮して、ますます激しく腰を振っていきました。

「おばさん、俺ももう出ちゃいそうだよ。このまま中に出してもいい?」

「いいわよ。あっ、イクっ!ううう?!」

妹は少年に膣内射精を許すと、そのまま絶頂してしまいました。
全身をビクンビクンと痙攣させて快感に喘いでいます。
きっとあそこの中もきつく締まったんでしょう。
少年も耐え切れなくなって、お尻をへこませながら若い精液を妹の身体の中に打ち込んでいます。
全身の痙攣も収まって、ぐったりとしている身体からオチンチンが引き抜かれました。

(あんなに出されちゃったんだ・・・)

加奈のあそこからはゼリー状の、いかにも濃い精液がたくさん溢れ出てきます。
すると無残に荒らされたそこに、今度は中神君が挿入しようとしていました。

(え・・・?連続で・・・?)

剥き出しの下半身にそびえ立つ中神君の勃起は、おへそにくっつきそうなほど反り返っています。
それが妹の股間にあてがわれ、ズブズブと沈んでいきます。
その頃には私も興奮してしまって、その光景を見ながら自分であそこを掻き回していました。
そこは自分でも信じられないくらいに濡れてしまっています。
中神君が息も絶え絶えの妹を犯している姿に見惚れつつ、1人淫らな行為に耽っていたのです。

「ああっ、おばさんの中、気持ちいいよ!俺のをぎゅうぎゅう締め付けてくる!」

「ああんっ!中神君のオチンチンも素敵よ!いっぱい突いて!いっぱい中に出して!」

2人は手を足を、そして舌を絡ませ合いながら激しい交わりを続けました。
初めのうちは淫らな言葉を交し合っていましたが、途中からは言葉もなくなっていって、自分の快感に集中しはじめた2人は、ただ荒い息を漏らしながら腰を振るだけになっています。
あまりにも刺激的で濃厚なセックスを見ていて、何度もその場にへたり込みそうになってしまいました。
いけないとは思いながらも、自分の股間を弄ることを止めることができません。
そして、中神君が妹の中に射精した時・・・とうとう私も自分の指で絶頂に達してしまったのです。

(ああ、すごい・・・。私もあんなふうに犯されてみたい・・・)

その時の私は、すでに母親ではなく1人の淫らな女になっていました。
3人での行為を終えた後、妹たちは浴室へと消えていきました。
自慰で達しても、まだ覚めやらない火照った私の身体。
妹のように淫らな行為をしてみたいと強く願う私は迷っていました。

「もし姉さんも若い子たちと楽しみたいのなら、混ぜてあげてもいいわよ」

じつはここに来る前、妹の加奈にそう言い含められていたのです。
でも相手は息子の友達です。
当然私の顔だって知っているし、そんなはしたない姿を見せるわけにはいきません。
それを妹に言ったら、「目隠しをして顔を見せないようにすればいいじゃない」だって。
確かにそうだけど、そんな事をしたらそれこそ何をされてしまうのか分かりません。

(どうしよう・・・)

妹の痴態を覗いていた時から迷っていたのですが、欲情しきっている身体が疼いちゃって我慢できません。

(私だって分からなければ、あの子たちにとって、私はただのエッチな人妻・・・)

そう自分に言い訳してみると、思い切って身体を差し出そうという気になってきます。
それに、今ここで冒険できないのなら、一生妹のようなことは出来ないとも思いました。

<続く>