お酒を飲むと下ネタに走る男がいるけれど、私はそれに弱い。
根が嫌いじゃないからすぐに乗ってしまう。
お酒の量に比例して、話がきわどくなっていく。

「バストのサイズは?」
「今、彼氏いるの?」

そんな質問には適当に応じることができても、「キミはどこが一番感じるの?」と問われれば、「アソコ」と答える正直な私。
そしてこの時、すでに私は濡れているのだ。
会話だけで濡れるというのはエロチックなことだと思う。

「あなたはどこが感じるの?」

なんて質問を私からするから男の人は、『ひょっとしてやれる?』なんて思うのかも知れない。
さすがに「その通りよ」なんて言わないけれど、だんだんしたくなってきた私は、「私、酔うと誰とでも寝ちゃうのよね」なんて口をついて出てしまったり。
この時、私も濡れているけれど、男の人も立っていると思う。

会話だけで終わってしまうことも多いけれど、今日はどうしても欲しかった。
大胆かなと思ったけれど、私は隣の彼に手を伸ばした。
彼は同じ高校の1年後輩。
バイト先で知り合った。
バイト仲間には大学生もいて、私は誘われるままにお酒も飲むようになっていた。
彼はシャイな感じだけれど、カッコいいから結構モテると思う。
あまりプライベートな話をしたこともなかった。

彼は私の手を払いのけるでも引き寄せるでもなく、そのままにしていた。
私はそのまま手を伸ばしていった。
指先が彼のモノに触れる。
立っていた。
見事に。

「さとちゃんって、そんな人だったんだ」

「そんなって?」

「お酒は飲むし、男には自分から言い寄るし」

「じゃあ、どんな人だと思っていたの?」

彼は答えず、その代わりに私の胸を触った。

「あ、だめよ。みんなが見てる」

拒絶の台詞を口にしながら私は感じていた。

「行こう」

「どこへ?」

「2人だけになれるところ」

どこへ行くのだろうと思っていたら、私たちのバイト先(CDショップ)だった。
通用口の鍵を開けた彼は私の手を掴んで中に引っ張り込んだ。
扉を閉めて中から鍵を閉める。

「どうして鍵なんか?」

「こっそり作っておいた」

「なぜ?」

私は怖くなった。
きっと廃屋に連れて行かれても恐怖なんて感じなかったと思う。
バイト先の合い鍵を無断で作っていたということに得体の知れない怖さを感じたのだ。
でも裏腹に、これからはじまることに私はドキドキしてもいた。

「いつも、こんなことをしてるの?」

「さとちゃんだけだよ。抱いてないのは」

(え?じゃあ他のバイトの女の子とはみんなやっちゃったの?)

「そんな子じゃないと思っていたから」

(そういうことか)

「もしかして、処女だと思っていた?」

「そう」

「ごめんね。私、お酒を飲むとしたくなるの」

彼はもう遠慮はいらないと思ったのか、それからは口をきかなくなって、とにかく私に迫ってきた。
いきなりのディープキス。
舌を絡め合って、それから彼は私の口の中を舐め回す。
後ろ向けに壁に手を突かされると、彼はスカートを捲り上げてパンツを一気に下ろした。
どこかが破れたみたいで、ビリッと音がした。
レイプされるみたいな気持ちになって、酔っていたし、わけがわからなくなった。
少しだけ彼は舐めてくれたけれど、すぐに私の中に入ろうとした。
避妊なんてしてくれる素振りもなかった。
まずいかなと思ったけれど、私はお尻を突き出してしまった。
だって、もう入れて欲しくてたまらなかったから。

彼のモノが私の中に入る。
いきなり激しく腰を振ってきた。
それがまた気持ちいい。
おまけに片方の手を前から股間にまわして私のクリちゃんを弄る。
もうダメ。

(あ、中で出したな)と思った途端、私もイッてしまった。

もう何回こんなことをしただろう。
ちゃんと好きな人を作って、きちんと避妊してもらってエッチしたい。
やった後、いつも私は後悔する。

中学校の卒業式の日、告白されて、好きでもない人とついしてしまった。
それからしばらくは求められるままに抱かれていた。
恋人だなんて気分にはなれなかったけれど、彼は避妊をしてくれた。
でも、その彼と会わなくなってからは、いつもこんなセックスばかり。
男の人が私の中に入ってきたら、もうどうでも良くなってしまう。

そんなことを考えていると2回目の波がやって来た。
彼はずっと挿入したまま。
私はイクともう立っていられなくなって、その場にしゃがみ込んだ。
私の顎を彼は持ち上げて、今度は口で。
フェラなんて最初は嫌だったのに、今は平気、というか好き。
一方的にしゃぶるだけで何もしてくれなくても、どんどん興奮してしまう。
飲むのも平気。
だんだんなんでも出来るようになってしまう私が怖い。
でも、初めてのことを要求されると私は感じてしまう。

早く特定の彼氏が欲しい。
絶対に尽くしてあげるのに。