大学に入り、都内の2階建てアパートの1階に入居した私。
ある初夏の夜、雨戸を閉めようと窓を開けたところ、地面に落ちている女物のパンティを発見しました。
どうやら真上の部屋に住んでいるOLの物のようです。
たぶん22、3歳。
特別美人ではないもののセクシーな感じで、入居以来、気になっていたのです。

(ラッキー!)

早速窓から飛び降りて拾って部屋に戻り、顔に押し当て、それをオカズにオナニーしました。

(ん?「洗濯物が落ちてますよ」と教えてやって、うまくいけば持ち主のOLと仲良くなれるかも?)

そう思った俺はもう一度外の地面に落とし、玄関を出て外階段を上り、真上の部屋に行きました。
ドアの脇には『F・Y子』の表札。

(ふーん。『Y子』っていうのか)

チャイムを鳴らしました。

「はーい、どなたー?」

「下の部屋の者ですけど」

「はーい」

なんとドアを開けたY子は、裸にバスタオルを巻いただけの姿でした!

「で、どんな御用?」

「え、あ、そのー、ボクの部屋の前の地面に、お宅の洗濯物が落ちてて・・・」

「あら、そう。じゃあ拾ってきてよ。この格好じゃあ外に出れないし」

どうやら酒が入っている様子。

「でも、その・・・下着みたいなんですけど」

「いいからいいから、じゃあ頼んだわよ」

Y子はそう言うとドアを閉めてしまいました。

あんな格好で出てきて、下着だと言ってるのに拾ってきてって頼むなんて、もしかして誘ってる?
期待に胸を膨らませ、俺はパンティを拾ってまたY子の部屋に戻り、チャイムを鳴らしました。

「どうぞー。入ってきて」

中から声がします。

「お邪魔しまーす」

遠慮なく部屋の中に入りました。

「こっちこっち。さあ」

玄関からキッチンを抜けた奥の部屋のソファーにY子は座っていました。
テーブルには缶ビール。
やはり飲んでいたようです。

「これですけど」

私はパンティを差し出しました。

「ああ、ありがと。うん、確かに私のだわ」

Y子はパンティを受け取ると、「お礼にビールでも飲んでって」と、缶ビールを差し出しました。

「じゃあいただきます」

私はY子と90度の角度に座り、ビールを飲みはじめました。
その後は、他愛もない話を少ししましたが、どうしてもタオル1枚の胸の谷間や脚に目が行ってしまいます。

「そうだ、お礼にこれもあげよっか?」

そう言うとY子は先程のパンティをひらひらさせました。

「えっ?」

「それとも、私のパンティなんていらない?」

「え、そんなことないけど・・・」

「ないけど・・・何?」

「中身の方がいいかなぁって」

俺はY子の方ににじり寄りました。

「こいつー。図々しいぞ!」

Y子は艶かしく微笑んでいます。

「お姉さま、お願いします」

Y子の肩に手を回しました。

「いいわよ。こっちにいらっしゃい」

Y子は立ち上がると隣の部屋に行きました。
後からついて行くと、そこはベッドルームでした。

「ちょうど彼氏と別れたばかりでヤケ酒を飲んでたとこなのよ」

そう言いながら、Y子はベッドに腰掛けました。

「へー、そうなんだ」

俺はTシャツとGパンを脱ぎ、トランクスも脱ぎ捨て全裸になり、Y子の隣に座りました。

「ふざけた奴でさー、二股かけてたのよ。しかも私の大っ嫌いな女と」

「こんなに素敵な女性にそんな仕打ちするなんて、とんでもないヤツだね」

「でしょ?よく言った。ご褒美にたっぷりさせてあげる」

Y子はバスタオルの合わせ目をはらりと解き、私に抱きついてきました。
そしていきなりのディープキス。

「ああ・・・ん・・・」

早くもY子は感じまくり。
高校時代から結構女性経験はあったし、先程パンティをオカズに抜いたばかりなので、こっちにはまだ余裕がありました。
唇を重ね、舌を絡めながら胸を弄りました。
巨乳というほどではありませんが、形のいいバストです。
乳首をこねまわしたり、掌で転がしたり、そしてだんだん手を下に。

「んん・・・気持ちいいよお・・・」

Y子は私の首に手を絡め、ベッドに引き倒しました。
俺の手はY子の蜜の溢れる泉に到達。
すでにぐちょぐちょです。

「あっ・・・あん・・・」

悶えながらもY子も俺の肉棒を探し当て、手でしごきはじめました。

「童貞君かと思ったら違うのね。すごく上手いもの・・・」

「でも、こんな素敵な女性は初めてだよ」

実際、そうでした。

「ああ、もうだめ・・・来て!・・・して!」

Y子は俺の肉棒を自ら泉に押しつけ、下から腰を差し出してぬるりと体内に飲み込みました。

「ゴ、ゴムしなくていいの?」

強烈な快感に囚われながらも訊きました。

「大丈夫。そろそろ生理だから・・・」

そういうことなら遠慮なく!
正常位でピストン運動をはじめました。

「ああ・・・あ・・・いい・・・」

肉襞が吸い付いてきます。
さらにY子はディープキスをせがみます。

「ん・・・んん・・・」

「ああ・・・イキそう、イク!」

「私もイく!いっしょにイこう。中に出していいよ、いっぱい!」

「うん・・・ああ、あ・・・あ!」

オナニーしたばかりだというのに大量で出ました。

「すごーい。いっぱい出たね」

「だって、Y子さん、美味しいから」

「ほんと?」

「ほんとw」

中出しは初めてだったので超興奮でした。

「もっとしよ」

Y子はそう言うと俺の肉棒をぱくりと咥えて綺麗にしてくれました。
結局その晩は夜中過ぎまでやって3発。
すべて中出し。
忘れられない中出し体験でした。