私の初体験は大学2年の夏、20歳の時でした。
大学の1年先輩の知り合いの女子大生に、半分からかわれるように初体験しました。

「え!初めてなの?可愛いー」

などと言われながらペニスを扱かれて挿入前に射精させられて・・・。

「あらボクちゃん、出ちゃったのー」

などと笑われたりしながら、スキンを被せられて騎乗位で初体験しました。
その後、その女子大生や、その女子大生の知り合いの女性数人に紹介されて、まだウブな男の性を弄ばれました。
その女性たちの前でオナニーショーをさせられたり、お尻の穴を悪戯されたりしましたが、その女性たちともセックスさせてもらえたので我慢しました。
そうやって私は、恋愛を一度もしないまま、大学時代は4人の女性と色々な性体験をしてきました。

最初の女性を紹介してくれた先輩はイケメンで、素敵な女性を次々と毒牙にかけていました。
ある時・・・。

「とびきりの上玉をゲットしたんだ。しかも隠し撮りに成功したんだぜ。特別にお前にだけ見せてやるよ。絶対に誰にも言うなよ。盗撮がばれたらヤバいからな」

そう言ってDVDを再生しました。
画面に宮崎あおいさんに似た、清楚で可愛い女性が映りました。

「な、上玉だろう?短大1年の19歳なんだが、驚いたことに処女じゃなかったんだよね~。清楚でお上品だから処女喪失シーンを撮影しようと思ったんだけどなぁ・・・」

先輩に抱き締められて唇を奪われ、服を脱がされ、乳房を揉まれ、半裸状態で、「シャワー、浴びさせて」と言って画面から消えた彼女が、次のカットではバスタオルも巻いていないスッポンポンで股間を晒し、陰裂を舐められていました。
きっと勃起した陰核を舌先で転がされているのでしょう、呻きながら悶絶しはじめました。
ピチャピチャと愛液の音が響き、やがて彼女は先輩の陰茎を探すように手を出し、身を捻って口に咥えて69の状態になりました。

先輩はスキンを被せると、彼女のピンクの膣口に陰茎を深々と挿し込みました。
ズブズブと清楚な19歳の美少女を貫く産廃の陰茎は、少しずつ彼女の愛液で白く濁っていきました。
先輩は、カリまでゆっくりと引き抜くと、これまたゆっくりと奥深くまで挿し込み、グリグリとグラインドしました。
大きなストロークでこれでもかと突き立てる先輩の陰茎が最深部に達すると、彼女は大きく開いた足をビクビクとさせて、「んうぅぅぅぅぅ・・・」と清楚な美少女とは思えぬ、絞り出すような喘ぎ声をあげました。
しばらくすると、先輩は少しずつストロークを短くしながら、ピストンのスピードを速くしていきました。
彼女は身体を捩って悶えはじめると、何度も快感にさらわれているのかガクガク痙攣しながら仰け反っていました。
彼女のピンクの膣口から大量の愛液が溢れ、ピストンのたびに打ち付けられる先輩の陰嚢がパンパンと音を立てました。

美少女は清楚を投げ捨てて思い切り仰け反り、シーツを握って全身に力を入れて痙攣していました。
先輩は射精したのでしょう、ズン!ズン!ズン!と大きく打ち付けました。
そのたびに彼女の乳房がブルンブルンと波打ちました。
先輩はゆっくりと陰茎を抜き、彼女の両足を高く持ち上げて、カメラの方へ膣口を向けました。
いやらしくヒクつきながらパックリ開いた美少女の膣口からは、画面を通して淫臭が伝わってくるようでした。

「どうだ?あんなに清楚な美少女がこんなに淫乱だなんて驚くだろう?いいか、絶対に口外禁止だぞ。俺もバッチリ映ってるから、卒業するときは処分するつもりだからな」

「この人、先輩の彼女なんですか?」

「まあ彼女だけど、あと4ヶ月で卒業だから、まあ半分彼女半分セフレみたいなもんだな」

そう言ってニヤッと笑いました。

先輩が卒業して、私が4年生、先輩の紹介してくれた女子大生も2人を残して卒業、私を弄ぶ女性は2人になっていましたが、あのDVDの彼女からしたらだいぶレベルが落ちました。
いつかあんな清楚な美少女と付き合ってみたいなと思いながら、それでも玩ばれてのセックスに性欲の捌け口を求めていました。

私は次男坊なので、大学を卒業しても田舎へ帰らず、都会に就職しました。
就職して2年目、ある合コンで目にしたのは、あのDVDの美少女によく似た女性でした。
彼女は私の出身大学を耳にした時、「あっ・・・私、同じ大学に元彼がいたのよ。卒業して地元に帰っちゃったけど」と言いました。
私の卒業年度を聞いて、「あなたのひとつ先輩ね。私の初めての人だったんだ~」と言ったので、心の中で突っ込みました。

(このウソつきめ!完全に女の悦びを知ってたじゃねえか!)

その様子に気が付いたのか勘が鋭いのか、「え?なんか言った?」と言われて、「いや、そんなに簡単に元彼の話をするものなんだと思って」と言うと・・・。

「あっ!男の人って彼女の過去を気にするって言うわよね。もしかして私、気に入られてます?」

「まあ・・・可愛い、いや、美人のほうかな?とにかく綺麗だからみんな気に入ってるんじゃないかな?」

この会話がきっかけで、なんとなく連絡先を交換して、その数ヶ月後、昔DVDで見た身体を生で拝見して男女の仲になりました。
ただ残念なのは、あのDVDから3年が過ぎ、ピンクだった陰裂に若干の着色が見られたことでした。

(先輩のあとに何人の男に抱かれたのだろう?)

そんなことを思いながら彼女を揺さぶっていました。

私が26歳、彼女が24歳のときに結婚しました。
現在は結婚6年目で子供が2人います。
今でも妻は清楚な美人ですが、どうしても先輩とのハメ撮りが頭から消えません。
先輩の陰茎を咥えた唇でキスをして、先輩の陰茎を舐めた舌を絡ませて、先輩がクンニした陰核をしゃぶり、先輩の陰茎が何度も出し入れされた膣口を舐めるとき、そこには先輩が楽しんだ19歳の瑞々しい美少女だった妻が浮かんできてしまうのです。
目の前にいるのは間違いなく上玉の清楚系美人なのに、素直に喜べない自分がいます。