今週のはじめ、新入社員も入ったしということで社員全員で親睦旅行に行ったわけだ。
まぁ成人ばかりの集まりということもあり、特に何も無く集合から宴まで滞りなく進行し、宴もたけなわですがということでお開きに。
とはいっても、それで済むわけないよね。
ここは大人の世界。
社長は管理職クラスを引き連れて特別室へ。
犠牲にならなかった者達は各々方々へ散った。
で、俺も漏れることなく親しい先輩方の酒の相手をするはめに。
で、会社の方針についてあーでもないこーでもないとか、業界の勢力がどうのとか、これから必要とされるのはこういう商品だの、愚痴と熱い話を交えながらそれぞれ酒を楽しんでいたわけだ。

で、22時頃かな。
ある先輩が「なんか、からあげとか食いたいよな」って言い出して、他の先輩たちも、「そうだな」「ですね」とか言ってる。
めんどくせーから「じゃあ新入りに行かせますね」って切り返すと、「でも、あいつら社長の所で召使い君やってるはずだぞ」と。
めんどくせーけど自分で行くことにした。
で、飲酒だから車に乗れないので、歩いていくしかないから宿の人に、「この近辺にコンビニってありますか?」って聞いたのよ。
愕然としたよ。

「え?ふもとの方まで行けばあると思いますが車で小1時間ですね」

(はぁ?)

そのまま先輩に報告したよ。
そしたら先輩、「じゃあ待ってるの嫌だから俺が行くわ」って。
一瞬、いい人って思ったけど、「お前らも来るよな?」って他の先輩を道連れに。
他の先輩はコバンザメみたいな奴だから、「いいっすね!」とかしか言わない。

先輩「社長が来て誰もいなかったらうるせーからよ、お前は留守番して適当に話合わせとけよ」

俺「はい、わかりました!」(←ラッキー)

先輩、おもむろに鞄から風俗誌を出して持ってった。

(それが狙いか!)

そんな展開で1人ぼっちになって、気が楽だけど、それはそれでつまらないわけで。
先輩たちが残していった酒と摘みで1人酒。
そしたら部屋のドアがコンコン。

「あ、山田君。こんばんわー」

いたのは事務の太田さんだった。

太田「あれ、みんなはー?」

俺「なんか色々あってふもとへ」

太田「まあいいや、飲もうよ」

仕事では絡むけどゆっくり話したことがなかったので色々と話せた。
で、他の連中が遅いって話になって・・・。

俺「風俗誌を持っていったから、風俗でも行ってるんじゃないですか?」

太田「えー?きもーい。山田君もそういうとこ行くの?」

俺「いや、行きませんよ」

太田「嘘だー」

とか言いながら次の展開に。

太田「でも男の人って大体そんなもんだよね。女を性欲解消の道具みたいに思ってさ」

こりゃ何かあったなって思ったから聞いたら、どうやら最近彼に冷たくされてるらしい。

太田「やりたい時だけ家に来て終わったら帰るんだ」

「それは絶対におかしいです」って慰めてたら泣き出す始末。

正直、少し興奮してた。
その後もしばらく泣いていたが、「あたし、もうやだ」って泣いた瞳で見つめられたら我慢限界だった。
普段はツンツンしてる人が弱ってる姿がたまらなく可愛くて抱き締めた。
嫌がる感じもなかったのでそのままでいたら・・・。

太田「何もしないの?」

俺「しませんよ、先輩だし」

パンツの下は下心丸出しだったけど。

太田「やさしいんだね、山田君は」

俺「普通だと思いますが」

太田「ありがとねー、落ち着くよ」

っていうやりとりをしばらくしてたんだけど、突然、「山田君、ありがと」ってキスされた。

むおお!
俺、男に戻ります。
嘘つきになります。

そのまま舌を入れると太田さんも舌を絡めてきた。
どれくらいかは覚えてないけど、かなり長いことキスしてた気がする。
そんな状態でキスだけじゃ済まないわけで、浴衣の合間から胸を触ると思いがけない大きさだった。
いや、実は入社当時から絶対に着痩せするタイプだと思ってたんだが、実物に触れてみると予想外。
相変わらずキスは続いてて、胸を同時に攻めているからか太田さんもだんだん鼻にかかった声に変わってきてた。
これはいけると思ったから下へ手を伸ばした。

太田「だめだよ。誰か来るかも」

俺「俺、もう限界ですよ」

太田「でも・・・」

埒が明かないと思ったから、「じゃあ人目につかない所に行きましょう」と提案すると・・・。

太田「こんな狭い旅館じゃ声が聞こえちゃうもん」

(喘ぎ声は大きめなんですね!)

なんだよ、生殺しかと思ってたら・・・。

太田「彼は下手だって言うけど、口でしてあげる」

俺「いいんですか?」

太田「でも、下手だからイケないかも」

俺「大丈夫です」(←何が?)

という流れでフェラしてもらった。

太田「ちょっ、山田君」

なんと、気づかなかったが、我慢汁でグレーのパンツの前が大きな染みに。

太田「山田君ってエッチなんだね」

とか言いながらパンツを脱がされて、ジュルッと咥え込まれた。
下手だと言ってたが、まったくそんな事はなかった。

俺「あ、すげえ」

太田「んー?気持ちいい?」

俺「うん、太田さん、すごい上手」

太田「ほお?」

キスしてる時に思ったのだが、彼女はすごく唾が多い人で、それがローションの役割なのか、舌を動かすとかの変化は無いが前後されるだけで中に入れてるような感じになる。

チュプッ、チュプッ、ジュッ、ジュッ、ジュブッ・・・。

エロい音だけが部屋に響いていた。
彼氏に仕込まれてるからか、顎が強いのか、やめる気配がない。

俺「太田さん、苦しくないですか?」

太田「んー。はいぼーぶ」

気持ちいいが、ちょっと刺激が薄かったので・・・。

俺「太田さん、吸いながらやって」

ブブッブッブブッブッブ。

俺「唇、もっとすぼめて」

太田「ん、こう?」

俺にとってはちょうど良くなった。

俺「あー、気持ちいい」

太田「んふぅ」

で、そろそろイキそうになってきた。
それは太田さんもわかっているみたいで一心不乱に顔を振っていた。

ジュッジュッジュッジュッジュッジュ!

動きが速くなる。

俺「あ、イクッ」

何も考えられなくて、そのまま口の中に出した。

太田「んんっ」

彼女はわかっていたみたいだが、それでも突然の発射に少し驚いたみたい。
だが俺はそれを上回る驚きがあった。
口の中で急に舌が硬くなったかと思ったら、“コクッ”という音が聞こえた。
その後、あんまり覚えてないんだが、とりあえず覚えているのは、(もっと奥に)って思ったこと。
で、思い出せる次は、それまで座ってた俺の股の間でパクパクしてもらっていたはずの彼女が正座して咥えてる姿。
いや、咥えてるとは言えないな。
俺は大田さんの顔を前から掴んでオナホールみたいに動かしてた。
もう自発的なフェラで出る音とかじゃなくて、「んんっ、んー、んんっ」とか表現できない擬音のような声が彼女の身体から出ていた。
出したばかりで敏感なのか、それとも喉の奥の粘膜が気持ちいいのか、とにかく気持ちがいい。
もう舌の動きとか吸うとか関係ないくらい。
彼女が苦しんでる顔がよく見えた。
それに興奮して第2波がやってきた。
相変わらず彼女は、「んんー」とか「ひゃっ」とか変な声を発している。
そのまま俺は顔を動かして喉の奥に出した。

太田「んぇっ」

みたいな声が出てたけど、全部出るまで俺は大田さんの顔を押さえ続けた。
口から抜くと堰を切ったように太田さんが咳き込んだ。
そこで我に返った。

俺「太田さん、すみませんでした」

太田「ん・・・大丈夫」

男と女って終わった後のテンションが違うよね。
太田さんはまだ少しエッチな雰囲気で、普段とは違った目で俺を見ていた。
そのままお別れっていうわけにもいかないから、しばらく一緒に酒を飲んだ。
ただ太田さんの盛りが止まんないみたいで、ときどきキスをしたりした。
でも、俺はもうすっきりしてたから、そのままおやすみなさいして、翌朝解散。

その後、何回か大田さんからメールが来てるけど、解散後は顔を合わせてないのでこれからどうなるかは分からない。