元カノと別れた後、色々と励ましてくれた女の子(アキコ、21歳)に今、中出ししました。

アキコとは元カノを通して知り合い、何度か3人で遊んだりした程度の仲だったんですが、なぜか元カノと別れた後、頻繁に電話をくれたり、飲みに行ったりと遊んでくれました。
私としては、元カノと別れたことは全然ショックでもなんでもなく、次に付き合う子も既にいたので、正直少々うざい女だなと思ってました。

が、元カノと付き合っていた時に・・・。

「アキコは実家がかなりの金持ち」
「一緒にお風呂に入ったけど、下半身の太さを除けばかなりのナイスボディ」
「今はピル服用中」

という情報を得ていたので、(セフレにちょうど良さそうだから1発中出ししてやるか!)と思い、“彼女に捨てられた悲劇の男”を演じ続けました。

今日、アキコは私を自宅(金持ちだけあって、学生なのに3LDKのマンションに1人住まい)に招き、2人きりの飲み会をしてくれました。
アキコも最近彼氏と別れたようだったので、私相手に寂しさを紛らわせていたようで・・・。
いや、違うかな?
自分よりも不幸な人間を見て優越感に浸っていたって感じでしょうね。
お嬢様だからかプライドは高い子なので、自分だけが不幸なのは許せない人なんでしょうね(笑)

酔いも手伝ったのか、彼女は私に寄りかかり良いムード。
キスをしたらアキコの方から積極的に舌を入れてきました。
寝室に移動しながらお互いの服を脱がせ合い、アキコの裸体をチェック。
アキコの体は、なるほど確かに下半身は太いと言えなくもないですが、それほど気になりませんでした。
胸も元カノより大きく(Eカップくらいかな?)ウエストもクビレてました。

愛撫もソコソコに69の体勢に。
アキコは入浴済みなのか臭くはありません。
私もやる気だったので自宅でキレイにしてました(笑)

アキコ「カズちゃん(元カノ)から聞いてたけど、ホント大きいね!」

(おいおい、そういうことを他人に話すなよ!)

私はと心の中で元カノに苦笑しながらも、「アキコのアソコ、すっげー締まり!!」と言ってあげました。
実際、指1本にキツく絡みついてきます。

(こりゃあ普通の男なら我慢できなくて中出しちゃうよ)って感じでした。

アキコは感度のかなり良いようで、69で愛撫して少し経つとビチョビチョ。

アキコ「ねぇ、もうちょうだい!!」

そう言うと自ら上に乗ってきました。

私「ゴムは?」

アキコ「ピル飲んでるから・・・」

言い終わらないうちに生挿入。
ニュルとしたかと思うと一気に私のチンチンを飲み込みました。

アキコ「あぁぁぁ、すっごい!大きい!1番大きい!!当たってるぅ!!」

腰を淫らに振って自分の世界に入っています。
アキコの締り具合ですが、指入れのときとは感触が違って、全対的に大味って感じでした。
これなら私も攻撃できると思い、下から腰を振って攻守交代。
アキコは髪を振り乱して、「奥がすごいよう!」と叫んでイッてしまいました。
楽勝ムードで体位を変えつつ、アキコを何度もイカせることに成功しました。

そして計画通りの中出し!
その瞬間、アキコの肉壁は大味に感じた挿入の時とは違い、チンチンに絡みついてきました!
まるで精液を全て膣の奥に導くように!!
こんな感触は初めてだったので、不覚にも「あぁぁぁぁ・・・」と情けない声を出しながら射精してしまいました。
アキコは私の情けない声に、「ふふふ・・・あたしとした人って、いつもそういう声を出すんだよ!」と満足そうでした。
悔しかったけど、マジですごかったです!

1回目の射精が、私としては“気持ちいい敗北”って感じだったので、2人で入浴後、2回目にチャレンジしようとお風呂で洗いっこ。
アキコを風呂場のイスに座らせてM字開脚。
アソコを広げて、さっき出した私の精液をかき出してやると、「うわ~!!やらしい!!!いっぱい出てくるね!!」と嬉しそうなアキコ。

風呂場からお姫様抱っこで運んでやり、ベッドに下ろして主導権が私になるようセッティング。
アキコの右乳首を舌で愛撫しながら、右手でアキコの左胸をモミモミ。
私の手のひらに余る大きさと柔らかさに感動しながらも、なんとか主導権を維持しようと頭の中は冷静でした。
アキコは感じながらも、主導権を自分に戻そうと私のチンチンを手でしごきはじめました。
そのまま再び69の体勢に移行。
1回目はアキコのフェラを堪能する前に挿入されてしまったので、今回はじっくりと舐めさせました。
強弱をつけて私のチンチンを口で感じさせてくれます。

私「フェラ上手いね!カズなんか比べ物にならないよ!」

事実、気持ち良かったです。

アキコ「そう?言われると恥ずかしいけど嬉しい!!!」

さらに気持ちのこもったフェラをしてくれました。
でも、ここで挿入したら1回目と同じになると思い、アキコのフェラに耐えながらなんとか前戯でアキコをイカせようと頑張りました。
私はクンニはそんなに好きじゃないので気の向いた時しかやりませんが、今はそんなことを言っている場合ではないので、アキコのお尻を大きく掴み、右手の中指で肛門付近を愛撫しつつ、人差し指でアキコの膣を愛撫。
親指でクリを愛撫しつつ時に舌でクリを舐め口で吸い・・・と、私の持てるエロテクを総動員。
膣の入口を人差し指の先で激しく刺激すると、アキコはチンチンから口を離して、「あ~、そこイヤ~!!!」と待ちに待った声!!!
責め所がやっとわかったので、さらに激しく刺激します。
もうマンコはグチョグチョ!
1回目に出した私の精子も出てきましたが、気にせずにグチョグチョネチョネチョ。
その間もアキコは口と手で私のチンチンに刺激を与えてくれました。
アキコは手でチンチンをしごきながら・・・。

アキコ「う~・・・イク、イク!!!」

ようやくアキコの征服に成功しました。
今までで一番苦労したセックスかもしれません。

前戯でイクことを我慢していたためか、アキコの体は痙攣してピクピクしっぱなし。
そんなアキコの足を大きく開いて2回目の結合。
1回目の挿入でわかっていたんですが、アキコは1度イクとイキやすくなるタイプです。
案の定、アキコは私の征服欲を満足さえるように何度も何度もイッてくれました。
終いには白目を剥いて、「ガ・・・グゥ・・・」と呻くだけ。

その反応に私も満足して待ちに待った射精タイムです。

(1回目のようにチンチンを絞ってくれるかな?)

そう思いながら射精すると、アキコのアソコはギュゥッと収縮して再び私の精子を吸い尽くしてくれました。
そして射精後も、茎、カリ、亀頭を刺激してくれました。

アキコ「1回抜いて・・・気持ち良過ぎて・・・」

もちろん無視して激しく突き続けました。

アキコ「だめ~!!アソコ、壊れちゃうぅ!!」

そう言いながらアキコはイキまくり!
最後は征服した証としてアキコの顔に少量でしたが顔射して、チンチンを口でキレイにさせました。