結婚8年、私は38歳、妻は35歳です。
信じられないかもしれませんが、妻の星子は26歳まで処女でした。
星子はややムチッとした体型(B80-W62-H86)で、身長が165センチほどあるので大柄に見えました。
整った綺麗な顔をしているのですが、いわゆる老け顔で、知り合った頃は25歳でしたが30歳を過ぎた既婚者に見えました。

「私、昔からオジサンにばっかり声をかけられてたんですよ~」

なんて言っていましたが本当でしょう。

付き合ううちに何度もいい雰囲気になりましたが、なかなか体を許してもらえませんでした。
柔らかそうなムチッとした体のラインや胸の谷間を見せつけられ、ほのかに香るメスの匂いを嗅がされること半年。
我慢も限界に達して、「セックスしたい!」と正直に言いました。
すると星子は俯いて「じつは・・・」と、今まで26年間男性と恋人として付き合ったことがなく、性体験もないことを打ち明けてくれました。

「私、太ってるし、オバサン顔だから若い男性にはモテなくて」

ポッチャリとムチムチは違うと思うので、太っているとは思いません。
オバサン顔は確かにその通りですが、+7、8歳と思って見れば美人なんです。

ラブホテルが珍しいらしく星子は挙動不審で、天蓋の付いたベッドを見て顔を赤らめていました。

「一緒にお風呂に入ろう」

そう誘いながら、私はさっさと裸になりましたが、星子は下着姿で躊躇していました。
星子のムチッとした下着姿に陰茎がムクムクと反応し、それを見た星子は顔を背けました。
私は星子に寄り添い、ブラを外しました。
ボヨンと大きめの乳房が露わになり、パンツに手をかけると、私に背を向けて自分で脱ぎました。
星子の腰に腕を回すと、観念したように髪を束ねてバスルームへ向かいました。

バスルームからベッドへ移動するとき、これからセックスするというのに、まだ一度もキスをしていないことに気付き、星子を抱き寄せて唇を重ねました。
ムグムグする星子の口に舌を侵入させて絡ませると、星子は腰が抜けるようにしなだれかかってきました。

「あの・・・私のファーストキスなんです・・・」

ベッドへ横たえて、片方の乳首を擦りながらもう片方の乳首を舌先で舐めると次第に乳首が隆起してきました。
そのままゆっくり下腹部へ移り、ぴっちりと閉じた足の間に割って入り股間に顔を埋めました。
性体験の全くない26歳の亀裂を広げると、色白のムチッとした股間に鮮やかな桃色の超美麗な陰唇と淫核が輝いていました。
陰唇に沿って舐めあげると、ピクッと星子の体が反応し、淫核を円を描くようにそっと舐めると、「ハァ~」というため息のような吐息が漏れ、やがてとろりと愛液が滴ってきました。
いつまでも舐め続けていると星子は腰をカクカクと震わせて、「ア、アァ~ン」と仰け反りました。

「だ、だめ。頭が変になりそう」

初めてのクンニにゼイゼイろ肩で息をする星子の目の前にビクビクする陰茎を差し出すと、恐る恐る指で摘んで・・・。

「かたーい・・・あ、そうか、舐めて欲しいのね」

星子はアイスキャンディでも舐めるようにペロペロ舐めはじめました。
いい年をして稚戯なフェラに思わず笑いそうでしたが、とても丁寧で心がこもっているのを感じました。

膣外射精を約束し、生のままゆっくりと星子の膣口へ陰茎を沈めていきました。
メリメリと広がる膣の感覚に、30代の美人妻のような顔が引き攣りました。

「いっ!痛い痛い・・・」

ゆっくりするよりも、かえって一気に入れてしまおうと、ズリュリュン!と根元まで入れました。

こうして星子は性生活の第一歩を踏み出しました。
この後、次第にピストンやグラインドをしても痛がらなくなり、膣壁上部のツボをカリで擦られる快感を覚え、Dカップの乳房を波打たせて快感に酔うようになりました。

「セックスって素敵な行為ね」

今ではすっかりセックス好きになり、年齢も老け顔に追いついて、色気漂う美人妻になっています。
ちなみに妻は、熊田曜子さんに似ているとよく言われますが、それを言われると妻は不機嫌になります。
まあ似てなくもないですが、もう少し妖艶な感じです。
夫婦の営みは今は週5回くらいですね。
1週間のうち、しない日が2日くらいある感じです。
私もムチッとした星子の体を見るとしたくなりますが、星子がセックスに目覚めた結果ですね。