5分後、真里絵さんが戻ってきたときにアレの正解がわかりました。
コンドームでした。

私は真里絵さんの体を抱き寄せ、熱いキスをしました。
真里絵さんはその勢いで持っていた服を床に落としました。
私の右手は真里絵さんの小ぶりなお尻へと滑っていきます。
いきなりスカートの中に手を入れても拒まれませんでした。
抑えきれない指の動きは、一気にパンティの中に。
そしてお尻の割れ目に辿り着きました。
その間も唇は熱く重なったままです。
弾力のあるお尻から、さらにその下のおまんこへと手を滑らせました。
少し湿った陰毛の感触がした瞬間、「いやっ、早いよぉ」と真里絵さんが言いました。

「お風呂に入ってからしよう」

その言葉を聞いて、今日これからエッチできるんだと改めて確信しました。

2人で手を繋いで脱衣所へ。
今日はドアは閉めません。
真里絵さんは私の着ている服を順番に脱がせてくれました。
酒に酔っているとはいえ、見た目よりもエッチな真里絵さん。
とうとうパンツをも下ろしてくれました。
すでに硬くなった私のペニスは、恥ずかしいことに先端から液体を流していました。

お返しに今度は私が真里絵さんの服を脱がせる番です。
体にフィットしたTシャツを捲ると、前に突き出た張りのある胸が飛び出しました。
全体的にふっくらとした女性らしく柔らかそうな肉体は、エロ本でも滅多にはお目にかかれないほど綺麗でした。
次にスカートを下ろすと、すでにパンティは攻略していたため、一気にヘアーが露わになりました。
真里絵さんは、「あんまり見ないで」と片手で薄いヘアーを隠しながら言いました。
私は、「僕のも見せたから次は真里絵さんの番ですよ」と意地悪っぽく言いました。
最後のブラジャーをゆっくり外すと、垂れることなくほぼそのままの形を保った胸が、私の性欲を倍化させてくれます。

「おっぱい弱いから、絶対に触らないでね」

その言葉は、『触って欲しい』としか解釈できません。
そのまま風呂場に入るとシャワーで体を流し合い、真里絵さんはボディソープを手にとって私の体を洗ってくれました。
柔らかな手つきと反比例してペニスはますます硬くなっていきます。
すぐにでも挿入したい気持ちでした。
それを抑えるように交代して真里絵さんの体に塗りたくりました。
腕から肩、肩から胸へとぬるっとした感触に真里絵さんは満足している様子でした。

「あぁん、エッチぃ、おっぱいはダメって言ったよぉ」

みるみる真里絵さんの乳首は勃起しました。
お互い興奮して愛撫はエスカレートしていきました。
私はおまんこを洗うときに、「これで洗いますね」とペニスにボディソープを付け、そのまま真里絵さんの後ろからペニスを擦り付けました。

「はぁん、あっ、エッチぃ」

真里絵さんの花の下をゆっくりと前後させました。
陰部全体を刺激する、このヌルヌル感はボディソープだけのものだけではありません。
徐々に真里絵さんから流れたシロップが混合し、生温かく粘度を増しています。
我慢も限界です。
ベッドまで待てませんでした。
とうとう私は真里絵さんの胸を両手でつかみながら浴槽の縁に手をつかせ、立ちバックの姿勢でゆっくり挿入しました。

「中も洗ってあげます」

私は真里絵さんの背中越しから掴むような感じで胸を揉み、夢中でバックを堪能しました。

「ふぁっ、あっあん、すっご・・・ああっ、はぁっ・・・」

真里絵さんの喘ぎ声とパンッパンッという下半身のぶつかり合う音が風呂場に響いています。
そんな中、真里絵さんは少し冷静に、「待って、付けてからね」とコンドームを装着することを求めてきました。
ストロークの真っ最中でしたが、私は冷めるどころか、そんな大人の女性である真里絵さんを逆に魅力的に感じました。

私は雰囲気が悪くなるのを恐れ、混浴をおねだりしました。
2人で入るには狭い浴槽で、お湯の中で体が密着します。
私は足の上に真里絵さんを乗せ、唇を合わせながら火照った乳房を慰めました。
風呂を出ると軽く体を拭き合い、真里絵さんを抱き上げてベッドまで運びました。
投げ出すようにシングルベッドの上に真里絵さんの体を寝かせ、それに続くかのように真里絵さんの上へ重なり、まだ濡れた肌を包み込みました。
ディープキスで再開です。
私の唇は、首筋、脇、背中と、真里絵さんの艶めいた体をしゃぶるように舐め回しました。
10センチのところに真里絵さんの性感帯、乳房がそびえ立っています。
薄茶色の乳首は少し小さく、お椀型で柔らかく、私の理想の乳房です。
すっかり子供に帰ってプリンを夢中で食べました。
口の中で乳首を転がすとだんだん膨らんできました。
唇でやさしく咥えるように乳首を挟むと、「きゃっ、くすぐったいよ」と可愛い反応をします。
今度は意地悪に軽く噛むと、「あぁん。それ、エッチよ」と、嬉しそうに言いました。

左手は次第におまんこへと伸びていきました。
ビラビラの周りには、まだ微かに真里絵さんのシロップが残っています。
敏感なクリトリスは私の中指が通過するたびに真里絵さんを困らせます。

「そこも、弱いのダメ。ホントに・・・ああっ、もうだ、んぁっ・・・」

そして溢れ出す大量のシロップはシーツの色を変えました。

「シーツ、汚さないで下さいよw」

私は2本の指でクリトリスをかき混ぜるように愛撫しながら言いました。
真里絵さんは半ば放心状態になりながら私の耳元で言いました。

「す、スゴいの・・・あんっ、気持ち、いい、ふぁっ、あっ・・・。もっとされたら、ああぁん、もっと汚し、んっ、ちゃうよぉ・・・」

艶っぽいその声だけでも放出しそうなほど、私のペニスは硬くなっています。
私は、「僕が飲んであげますよ」と言い、顔をおまんこの下に潜り込ませ、真里絵さんのおまんこを舐め回しめました。
それに応えるかのように真里絵さんはペニスを咥えてくれました。
最高のシックスナインでした。

ジュプ、ジュプ・・・。

卑猥な音が部屋中に響いています。
真里絵さんの口はおまんこよりも気持ちよかったです。
部屋の明かりを消さなかったので、見事に花開いたおまんこが中まではっきりと見えています。
私は急激に早くなる首の動きに耐え切れず、一気に口内放出しました。
真里絵さんは出し切るまで口に咥えたまま手でしごいてくれました。

少し休憩することになり、しばらくベッドで肩を寄せ合いました。
ダメ元で、「2回戦は真里絵さんの中でイカせてください」と言ってみると、真里絵さんは意外にも、「いいよぉ。いっぱいしようね。んふっ」と私を興奮させてくれます。
しかもそれだけではなく、「もしイカせてくれたら生でもいいかなぁ・・・」と。
願ってもいない誘惑に、それだけでペニスが再起しました。
私は聞きました。

「それって、付けないままで中で出してもいいってことですか?」

真里絵さんは急に恥ずかしくなったのか、枕を顔の上に乗せて顔を隠しながら。

「頑張ってくれたらネ。ホントは今日、大丈夫な・・・」

私はその言葉を最後まで聞かず、いきなりペニスを真里絵さんの中へ挿し込みました。
真里絵さんは少し驚いた顔をしましたが、拒もうとはしないのでそのまま正常位で腰を振りました。
風呂場でのバックよりもヌルヌル感が増していたように思いました。

思う存分に突いた後、今度は座位になりました。
真里絵さんの上下に揺れる乳房を眺めながらのストロークは性感を高揚させてくれます。
次第に息が荒くなると、「今度は私の番よ」と真里絵さんは挿入したまま私を横に寝かせ、騎乗位で腰を動かしはじめました。

「痛かったら言ってね」

痛いはずはありません。
ペニスの先端から根元までゆっくりと出し入れする真里絵さんのいやらしいセックスは、私の想像を超えていました。
もういつ出てもおかしくないくらいに感じました。
しかし、先にイクことは許されません。
夢の生中出しを実現すべく、真里絵さんに聞きました。

「一番好きな体位を教えてください」

「言えないよ。恥ずかしいでしょ」

騎乗位の体勢では説得力はありませんが、しつこく聞くと真里絵さんは顔を真っ赤にして答えてくれました。

「寝バック・・・チューもしてね・・・」

真里絵さんをうつ伏せに寝かせて、後ろから挿入しました。
少し入り難かったので、真里絵さんの下腹部に枕を挟み腰を浮かせると、私のペニスは見事に奥のほうまで届きました。
真里絵さんの希望通り、上半身を振り向かせてキスをします。
上ではディープキス、下では後ろからのピストン運動、弾力のあるお尻がクッションになって気持ちいいです。
真里絵さんはキスをしている唇を少し離すとトロンとした瞳を潤わせながら言いました。

「あっ、あっ、あっ、・・・いっ、いいよ・・・凄くなっちゃう・・・」

私はさらに強く、奥まで挿入を繰り返します。

「い、一緒にイッて・・・んっあ、はあああっっ・・・!」

その瞬間、真里絵さんの入り口が急に狭くなるのを感じました。

「真里絵さん・・・好きですっ・・・あぁっ・・・!」

私は勢いよく真里絵さんの体内に放出しました。

それから数分間、頭の中は真っ白でした。
しばらく入ったままのペニスをゆっくり抜き出すと、2人の混ざり合ったジュースが真里絵さんのおまんこからとろとろ流れ出しました。

「いっぱい出たね。すごく上手だった」

お世辞なのか真里絵さんは私を褒めてくれました。
その後、一緒にシャワーを浴びているとき真里絵さんに誘われました。

「お風呂が直ったら2階にも来てね」

それから数ヶ月、1階と2階を往復する日々が続きました。
一緒に食事をしたり、お風呂に入ったり、セックスをしたり。
しかしその縁も、真里絵さんが家の事情で帰郷することになり、ぷっつりと切れてしまいました。