タクシーの運転手に行き先を告げた後、俺たちは黙って窓の外を見ていた。
俺はこの後に起こるであろうことを考えながら複雑な気持ちだった。
たぶんユリちゃんもそうだったんだろう。
お互いこうなったことに後悔はしない約束だ。
でも、後悔とは違った罪悪感・・・いや、葛藤かな・・・。
今付き合ってる婚約者や彼女よりも、お互いを本気で好きになりかけている自分の気持ちを整理していたんだと思う。

ユリちゃんの手を握り、見つめあう。
ユリちゃんは黙って俺に身を預けてきた。

ホテルに到着した。
フロントには幸い従業員がおらず、俺はユリちゃんを先に部屋に向かわせる。
フロントでキーを預かり、エレベーターで部屋に向かう。
不安と期待、緊張・・・。
色んな気持ちにひとまず整理をつけた俺は、ユリちゃんが待ってる部屋へ急いだ。

「ユリちゃんお待たせ」

俺に気づいたユリちゃんは、さっきよりも吹っ切れたような表情をしていた。
ユリちゃんは俺に気づくと、「ユリ!」と自分の名前を言った。

「え?」

「だから、ユリでいいよ・・・私、セージ君の彼女でしょ?さっきそう言ったじゃん」

「あっ、そっか・・・。じゃあ、ユリ、お待たせ」

「待ってたよ、セージ」

俺たちは、その瞬間、確かに恋人同士だった。
そこから先は正直あんまり覚えていない(苦笑)
思い出す限りを頑張って書いてみる。

部屋のドアが閉まる、バタンという音が合図かのように俺とユリは互いを求め合った。
しこたま飲んだアルコールも、なぜかとっくに抜けている。
俺たちはホテルのドアの下に倒れ込み、服を脱がしあった。
お互い服を全て取り払った後、俺はユリを抱え、シングルサイズのベッドへ運ぶ。
ベッドに横たわったユリの身体は、今まで見たどの女より綺麗で、俺のモノはいまだかつてないほどいきり立っていた。

俺はユリに覆いかぶさり、キスをする。
そのまま、耳、首筋、鎖骨、乳房・・・とゆっくりと下腹部へ下りていく。
お目当てのユリの下半身に到達する。
処理を怠っていない陰毛は綺麗に揃っている。
足を開くと、ホテルのダウンライトにぐしょぐしょに濡れたマンコが照らされた。

「ユリ、すごい濡れてる・・・どうして欲しい?」

「・・・セージの好きにしていいよ」

俺はカラオケボックスのお返しとばかりに割れ目にキスをすると、唇と舌と指を使って愛撫をはじめた。

「・・・あぁん・・・セージ・・・気持ちいいよぉ・・・あ」

俺はユリの身体を前から知っていたかのように、ピンポイントにユリの性感帯を攻撃した。
ユリはベッドで激しく身をくねらせた。

「セージも気持ちよくしてあげるね」

俺たちは自然とシックスナインの体勢になった。
目の前にユリのマンコとアナルがドアップになる。
ユリの目の前にも俺の下半身が剥き出しになっているのだろう。
俺は夢中でユリの割れ目に指を出し入れし、クリトリスを刺激しながらもユリとの出会いから今日までを回想していた。
一目惚れしたあの時・・・彼女と別れてユリに告白すれば・・・どうなってたかな?
入院したとき、ユリに知らせていればもっと違った展開になってたかな?
そんな想いが脳裏をどんどんかすめていく。

ユリはすでに唾液でベトベトになった俺のモノを喉の奥まで咥え込みながら、俺のアナルの表面を押し広げるようになぞってくる。
ユリのことが無性に愛しい。
早く一つになりたい!
俺がそう考えたとき、俺の心を読んでいたかのようにユリは愛撫を止め、俺に向かって、「セージ・・・入れて」と言ってきた。
俺は頷き、ユリに覆いかぶさる格好で、ゆっくりとモノを挿入していく。

ズプズプ・・・。

愛液が溢れんばかりのマンコは抵抗なく、俺を受け入れていく。

「入ってくる・・・あ、はぁん・・・」

「はぁ、う、うん、ユリの中に入っちゃったよ・・・」

「うん、セージ・・・いっぱい突いて」

俺はリミッターを取っ払い、全力でユリに腰を打ちつけた。
俺のモノがユリの奥を突くと同時に、パン、パン、グチュ、という音が響き渡る。
ユリのマンコはまるで、それ自体が独立した生き物かのように俺に食らいつき、締め付けてくる。
俺のそんなに少なくない女性経験の中でも初めて味わう、名器中の名器だった。

「はぁ、はぁ・・・ユリ・・・すごいよ・・・俺ユリのこと好きだ」

「う、うん・・・あぁ・・・あぁん・・・私も大好き・・・あ・・・」

俺はユリにしがみつき、夢中でキスをする。
ユリの大きな乳房が俺に押し付けられる。
それにより俺のモノはより硬くなる。

「はぁはぁ、セージのすごく硬くなってる・・・あぁ・・・」

一突きするたびにユリの乳房がゆさゆさと揺れる。
俺はたまらず両手でそれを鷲掴みにする。
自分のピストン運動に合わせ、乳房の形を確かめるように揉み立てていく。
人差し指で乳首を刺激するのも忘れない。

「あぁ・・・あぁん、もっと強くしていいよ・・・」

俺は乳房を強く揉みながら、今度はユリの乳首を吸い、歯の先で軽く噛んでみた。

「ダ・・・ダメェ・・・気持ちいい・・・あ、あん・・・」

俺とユリはまもなく絶頂を迎えようとしていた。
ユリの喘ぎ声はますますボリュームを上げていく。
俺も全力でピストンのスピードを速めていく。

「ユリ・・・一緒に・・・イ・・・イこう」

「はぁ・・・あ・・・う、うん・・・イキ・・・イキそう・・・」

ユリの膣内がキュッと締まりはじめた。
イク前の前兆だ。
俺はその合図を受け、射精制御のリミッターを解除する。

「ユリ・・・イクよ・・・」

「わ、私も、セージ・・・そのまま出して、あ・・・はぁ・・・あ、イクぅっ!」

ユリがビクっと身体を反らせた瞬間、俺もユリの中で果てた。
ドクドクとユリの中に熱い俺の精子が注ぎ込まれる。

終わった後、俺とユリは何も身に着けず、手を繋いでホテルの天井を見ていた。

「あのさぁ、もし俺が・・・いや、やっぱいいや」

「・・・うん、たぶん私も同じこと考えてたと思う」

「そっか。ユリは今の婚約者のこと愛してるんだろ?その気持ちには勝てないや」

「愛してる?分かんないよ、そんなの・・・。愛してるって何?」

「・・・確かに・・・俺もわかんない(笑)」

さっきまで見えていた天井の模様がかすんでくる。
いつの間にか俺は涙を流していた。

「あ・・・あれ、おかしいな」

「・・・」

ユリは俺の方に身を寄せ、じっと俺を見つめる。

「なんで泣くの?泣くのは卑怯だよ・・・」

ユリの目からも大粒の涙が流れてきた。
恥ずかしながら、その後は2人で泣きながら抱き合って、泣き疲れて寝た。

目を覚ますと浴室からシャワーの音が聞こえてくる。
ユリは先に起きたようだ。
3時間ほどしか寝てないはずなのに不思議と頭はすっきりしている。
コーヒーを沸かし、タバコに火をつけたとき、ユリが浴室から出てきた。

「あっ、セージも起きたんだ」

バスタオルを巻いたまま尋ねてくる。

「うん、久しぶりに熟睡できた気がする」

「私も・・・あんまり寝てないのに不思議だね」

「やっぱ、いいセックスの後は違うね(笑)」

ユリは俺の横に腰掛ける。
ユリの白いバスタオルを巻いた胸元に目が行く。
そんな俺を見透かしたようにユリは俺に抱きついてくる。
結局その日はチェックアウトを延長し、夕方までセックスに明け暮れた。
帰りの車に乗り込み、見送りのユリと握手を交わす。

「昨日、今日と本当に楽しかったよ。ありがとう」

「私も楽しかった。こちらこそ遠いところまで会いに来てくれてありがとう」

「じゃあね、ユリちゃん」

「・・・バイバイ、セージ君」

そっか、今日でお別れなんだな。
お互い明日から別々か。
そんな気持ちにもどこか吹っ切れたものがあり、いつもの冷静な自分がいた。
いい意味でも悪い意味でも、自分は自分だ。
俺には俺の生活がある。
ユリはそんな俺の生活にほんの少しの刺激と潤いをくれた。
俺はユリのことが大好きだ。
でもそれは思い出として残ればいい。
意気地なしの俺は結局、最後までかっこつけることしか出来なかった。