彼女と元カレGが別れてから2ヶ月くらいして、俺と彼女は付き合うようになりました。
俺の変態クソ野郎性欲の発現のきっかけは飲み会での出来事です。
彼女の元彼Gと俺と彼女はもともと知り合いだったので、3人プラスその他2、3人で飲む機会がありました。

飲み会の場所は大学の部室。
最初は彼女と元カレGは離れて座っていて、彼女は俺の隣で飲んでいました。
しばらく飲んでると、彼女がトイレに行くために部室を出ていきました。
その後、俺は気がつきませんでしたが、Gが彼女を追いかけていったようです。
彼女の帰りが遅いので、酔っ払って倒れてるのではと心配になり、トイレのある場所まで探しに行きました。
すると部室棟を出た木の陰の辺りで彼女とGを発見!
この頃から俺は変態だったのでしょうか・・・。
すぐに彼女とGの間に割って入ることもなく、しばらく様子を窺うことにしました。

会話の内容はGが彼女に復縁を迫っているものでした。
彼女が俺と付き合っていることを理由に復縁を断っていると、Gは信じられない様子で、「もう男を作ったのかよ?」とか「やっぱり淫乱なんだな!」などと言っていました。
俺は「淫乱」という言葉と、盗み聞きという行為で、チンポが半立ち状態でした。
すでに彼女と肉体関係にあった俺は彼女が淫乱だとは思っていましたが、それを他の男に言われるとショックでした。
しかし同時に彼女を犯しているような錯覚に陥ったのか、ひどく興奮した覚えがあります。

彼女はお怒りの様子で、「淫乱って何?私は1回も浮気したことないでしょ!」みたいなことを言っていましたが、Gはそんな事も気にせず彼女にいきなりキスをすると吸い付いて離れませんでした。
他人の生キスを初めて見て、チンポは半立ちから全開になってたと思います。

すると、Gは彼女をガッチリと抱えるようにすると胸を揉んだりスカートの上からお尻を触ったりしていました。
さすがにこのときは怒りが込み上げてGをぶっ叩こうと思いましたが、チンポが全開に勃起しているので深呼吸してから出直すことにしました。
その間にGは彼女のスカートを捲り上げてマンコを触っているようでした。
確か、彼女がフレアスカートを穿いていたのと、俺の立ち位置が悪くて、パンツの中にまで手が入っているのかどうかは確認できませんでした。

すると彼女が、「あ、あふ・・・あん・・・あっふん」などと喘ぎはじめたんです。
なぜか俺は自分が悪いことをしているような気がしてしまい、2人の間に割って入ることができませんでした。
それどころか、チンポがギンギンになって収まらなくなっていたと思います。

変態な俺がそうこうしている間にも、Gと彼女はディープキスをしながらくっついています。
Gが彼女の唇から口を離すと、彼女ははぁはぁと荒い呼吸をしていた気がします。
Gが彼女に、「いいから早く」とか「早く触れよ」などと言っていたことから、彼女にチンポを触らせようとして、彼女の手をズボンに導いていたと思います。
彼女は、「ヤダ、やめて・・・あ・・・あん、ほんとにダメだってば・・・」と言いながらもエッチな声を出していました。

俺はさすがにやばいと思い、わざとらしく女子便所に向かって、「Aちゃーん(彼女の名前)大丈夫?」と声を出して呼んでみました。
するとGが彼女からサッと離れたのがわかったので、俺はさりげなく2人のいる方へ歩き出しました。

Gは俺の方に向かってくると、「Aさんが気分が悪そうなので介抱してました」と言いました。

Gは俺の後輩なので見つかるとヤバいと思ったのでしょう。
そのままGは部室に戻っていきました。
俺はGが部室への階段を上がっていくのを確認すると、彼女の元へ駆け寄りました。

「どうしたの?今キスしてただろ?Gとは別れたはずだろ?!」

矢継ぎ早に質問を繰り返したのは覚えていますが、何を言ったのかはっきりとは覚えていません。

「キスされちゃった・・・」

彼女は真っ赤な顔をして答えました。
その時の彼女の顔はエッチをして感じはじめたときのものだったので、すぐに(濡れてるな!)と気づきました。
そのことを彼女に問いたださずにはいられなくなり、「お前、濡れてるだろ?」と聞くと、「そんなことないもん!」と強く反論してきました。
俺は彼女の見え透いた嘘が許せず、その場で彼女のスカートを捲り上げ、パンツの中に手を入れて確認しました。
彼女のマンコはグチョグチョに濡れていて、クリが勃起しているのもはっきりと分かりました。
(彼女のクリは勃起すると小指の先くらいになるのですぐに分かりました)

その頃の俺は彼女の体の反応が許せず、「お前とは別れる!」と言い放ち、部室に戻ろうとしました。
すると彼女が、「待って!お願い・・・好きなのはE(俺のこと)だけなの!」とか「信じて!お願い!」と泣きながら訴えてくるので、「じゃあ何で濡れた?」みたいなことを聞いた気がします。

「だって・・・Gとは2ヶ月前まで付き合ってたし・・・だから体が反応しちゃって・・・ごめんなさい・・・」

泣きながら訴えて、俺にくっついてきました。
彼女のことを好きだった俺は激しく勃起してしまいました。
するとそれに気づいた彼女は、「あ・・・何・・・これ?」と少し安心したような表情をして俺にキスしてきました。
彼女は俺にキスをしながら言いました。

「本当にごめんなさい・・・いきなりキスされて拒めなかったの・・・。Eのことが本当に好きだから別れるなんて言わないで」

泣きながらのキス・・・。
普通ならこんな女の嘘には騙されないとは思いますが、俺はあえて騙されることにしました。
しかし腹の虫は治まらず、「だったら俺の言うことを何でも聞くか?」と彼女に尋ねました。
このときの俺の頭には、(Gとやってるところを見て、もう一度あの興奮を味わいたい!)という考えがありました。
もうこのときから、というか初めから俺はこの手の変態クソ野郎だったんですねw

とりあえず彼女を茂みの奥まで連れて行くとフェラで抜いてもらいました。
その後、彼女に、「Gとセックスしてるところを見せろ!」と強要しました。
彼女からは、「なんでそうなるの?」とか「Gのことはもう好きじゃないのにできない」とか「E以外とはしたくない」といった、すごくまともな返事を頂きました。

しかし俺はどうしてもGと彼女のセックスを見てみたいと思ったので・・・。

「だからさ!俺だけが好きならその事を証明してよ!お前がGとセックスしても感じなかったら信じてやる。俺とお前のプレイだよ!Gはただのバイブみたいなもんだ!」

そんな、今考えれば頭がいかれた屁理屈をこねました。
それでも状況が状況なだけに、彼女は渋々俺の提案を飲みました。

決行の場所は部室にしました。
飲み会のメンバーの2、3人は自宅通いなので終電には帰ってしまいますが、俺と彼女とGは下宿なので部室にお泊りコースにするようにしました。
普段ならGは下宿に帰るのですが、彼女からGに部室に泊まるように持ちかけさせました。

部室に戻り、終電までは何事もなく飲み会が開かれました。
終電の時間が近づき、みんなは帰っていきます。
打ち合わせ通り、部室には俺と彼女とGの3人だけが残りました。

俺「今、Aと付き合ってるんだ」

G「さっき知りました。ちょっとビックリです」

Gは俺と彼女が付き合っているのを本当に知らない様子でした。
俺はGをエロモードに突入させるべく、「Aとはどんなセックスをしていたの?」とか「Aとはどんなプレイしてたの?」とか先輩の権限をフル活用して聞き出しました。
このときはGを詰問する形ではなく、あくまでもエロい先輩として楽しい雰囲気で。
最初は警戒していたGも俺が怒っている様子がないと知ると、「Aさんはイク時に白目を剥いたり潮を吹いたりしますよねw」と飲みながらの談笑。
すでに彼女と肉体関係がある俺は、「うん、こいつ顔に似合わず、ものすごいイキ方をするよなーw」など、当の彼女を目の前にしてエロトークを炸裂させました。
彼女は顔を真っ赤にしながらも、「恥ずかしいこと言わないでよ~・・・だって気持ちいいとそうなっちゃうんだもん・・・」と少しエロい顔になってきました。

彼女と初めてセックスしたときはさすがにお漏らしはしませんでしたが、チンポでマンコの奥を突くと、「あああ・・・うあああん・・・イクイク!・・・おおあああ、イッちゃう!」と普段の顔からは想像もつかないようなすごい喘ぎ声を出しました。
この時に彼女のイキ顔を見てビックリしました。
なんと白目を剥いているではありませんか!
なぜだか俺はこのイキ顔が気に入ってしまってますw
また彼女がイク時に「イク」というのは元カレであるGの仕業だとわかったので、激しく嫉妬したのも覚えています。
ただ嫉妬と同時に物凄く興奮もしていました。

そろそろ本題を切り出しました。

「G、久しぶりにAのおっぱい見たくない?」と。

Gは少しビックリした顔をしていましたが、「そうですね~、久しぶりに見たいですね」と、すぐに興奮気味の表情に変わりました。

俺「どうする?俺もお前のおっぱい見たいんだけど?」

彼女「えぇ・・・だって・・・どうしよ・・・恥ずかしい・・・」

なかなか脱ぎだす様子がありません。

そこで、「いいじゃん、Gとは2ヶ月前に別れたばっかりなんだしさ」と言うと・・・。

彼女「・・・うん・・・わかった・・・Eが見たいなら見せるよ」

顔は真っ赤ですでにエロ顔でした。
彼女は上に着ていた服を脱ぐとキャミソールとスカートだけの格好となり、キャミソールの中に手を入れてブラを外しました。
彼女のおっぱいはBカップで大きくはないですが、それでもキャミソールの上からでも彼女の乳首はピンと勃っているのがわかり、すでに興奮している状態でした。
彼女はキャミソールの裾を両手でたくし上げようとしていましたが、彼女の手は胸のあたりで止まってしまいました。

俺「どうしたの?早く見せてよ」

G「もう乳首が立ってるよ?本当は見られたいくせにw」

大学生にも関わらずエロ親父のようなことを言った記憶があります。
彼女の興奮もピークに達したらしく、「あ・・・ああ見て・・・」と言いながら一気にキャミソールを首の辺りまで捲り上げました。
俺は「おおお~」と自然に声が出てしまいましたが、Gはエロい目つきで彼女を見ているだけでした。

俺は彼女の後ろに座ると羽交い絞めするような形で彼女のおっぱいを揉みしだきました。

彼女「あ・・・見られてるよ、ダメ・・・恥ずかしすぎる・・・」

そう言っていましたが乳首をコリコリしてやるとすぐに、「あ・・・ん、ああん・・・はぁん、あはん・・・」とエッチな声を出しはじめました。
俺は我慢ができずに、「G、Aのマンコ触ってやれよ」と言うと、Gはすぐに側に来て彼女のスカートを捲り上げました。

彼女「いや・・・G君ダメ・・・見ちゃやだ・・・」

しかしGがパンツを脱がしにかかると彼女は腰を浮かせて、パンツが脱がせやすいようにGに協力していました。
Gはパンツを脱がせ終わると、「うおwやっぱりすっごい濡れてる」とか「相変わらずデカいクリだねー」などと言いながら、彼女の愛液をまぶして小指の先ほどのクリをしごきはじめました。

彼女「ああああ!ああん、あはあああん・・・!G君ダメ・・・ダメだよ・・・」

ダメだと言いながら、彼女は思いっきり感じている様子でした。
俺は彼女の乳首をコリコリしながらGの手マンを見ていました。
Gは片手でクリをしごきながら、もう片方の手の指2本をマンコに入れてグリグリしていました。

彼女「ああ!ああああ、ひぃいいん、ダメ!ダメ!・・・イッちゃう!」

彼女はすぐにイッてしまい、ガクガク痙攣しながら例の白目を剥いていました。
俺は、「すっげーな!お前!相変わらずの白目だな」と喜んでいましたが、Gはあまり彼女の白目剥きは好きではないようでしたw
彼女がイッた後、Gはどうしていいのか分からない様子だったので・・・。

俺「Aにチンポしゃぶってもらったら?」

G「え?!いいんですか?!」

Gは嬉しそうにズボンを脱ぎはじめました。
Gは彼女にチンポを咥えさせると満足そうでした。
俺は彼女のマンコに指を3本入れようと、彼女の愛液を指にまぶしていました。
彼女のマンコはガバガバなので指3本くらいなら楽に入ってしまいます。
ちなみにガバガバにしたのは彼女自身らしく、小さいときからオナニーをし過ぎたせいだと言っていました。
彼女のマンコに入れた3本の指を曲げながら激しく動かすと・・・。

彼女「ああ・・・イヤ・・・ダメ!出ちゃう・・・ああん、出ちゃうからダメ」

彼女は必死に我慢していました。

G「え?何?Aはチンポだけじゃなくて指でも潮吹くの?」

Gはビックリした感じでした。

俺「え?潮って普通は指で吹かせるんじゃない?」

G「いや、俺はマンコはあんまり弄らなかったですから・・・」

その間も俺は彼女のマンコを弄り続け、ついに!

彼女「あああん、ダメダメ!・・・部室が汚れちゃう~。おおおお!はああおおおお、イク・・・イク・・・いくう」

彼女は叫びながらイッてしまいました。
俺はこのシチュエーションと彼女の白目に興奮して、パンツの中に射精してしまいました。
チンポを触らずに射精したのは初めてで、物凄い快感でした。

いよいよ俺はGに言いました。

G「Aのマンコに入れてみろよ」

俺が促すと、彼女もそれに協力するかのように、部室に置いてある毛布の上に寝転がりました。
Gのチンポは俺のチンポよりも鋭く上を向いていて、少し嫉妬しました。
Gは反り返ったチンポを彼女のマンコに宛てがうと、一気に挿入して腰を振りはじめました。
彼女が協力的だったのでGのチンポにも感じるはずだと確信していましたが、彼女は、「やっぱりダメだよ・・・抜いて・・・G君・・・お願い・・・Eごめんなさい・・・」と言うではありませんか。

(あれ?おかしいな)

そう思いましたがGの腰が止まるはずもありません。
Gは腰を叩きつけるようにして彼女の奥を突いていました。
すると俺の予想通り彼女は、「あ・・・あ・・・あああん・・・あん・・・」と喘ぎはじめました。
必死に声を抑えようとする彼女。
興奮しきっている俺は、「大丈夫だよ、感じてもいいんだよ」と彼女の乳首をこねながら言ってやりました。

彼女「ほんと?嫌いにならない?気持ちよくなってもいいの?・・・ああ、ん」

俺「大丈夫、嫌いにならないよ」

そう言ってディープキスをすると彼女は抑えきれずに、「あああ・・・いいいい・・・気持ちいいぃぃ・・・ああん、はぁああん」と喘ぎ声を出しはじめました。
しかし、マンコの奥をガンガン突かれるとすぐにイッてしまう彼女がなかなかイキません。
俺はこの時、彼女が約束を守ろうとする気持ちが見れた気がしました。
その後Gは限界を迎えたのか、チンポを抜くと彼女の太ももに射精していました。
俺も我慢できなくなり、彼女にチンポを入れて腰を振りました。

彼女「あああ・・・気持ちいいぃ・・・ああん、おおおお!あおおお!・・・イクイクいく」

彼女は絶叫していました。
しかし彼女のマンコは彼女がイク時でも少し締まるだけで、一度射精している俺をイカせることはできませんでした。
しかし彼女の痙攣しながらの白目剥きを見た途端、俺は彼女の中に出してしまいました。

俺「ごめん!中に出しちゃった」

彼女「ううん、いいよ。私もEに中に出してもらいたかったし」

少しして冷静になると3人とも気まずくなり、Gは自分のアパートへ、俺と彼女は彼女のアパートへ帰ることにしました。
帰り道で彼女がしきりに「嫌いにならない?」と聞いてきたので、「大丈夫だよ」と慰めてやりました。

俺「今日のは俺とAとのプレイだから気にすることないよ」

彼女「ありがとう。私はEのことがずっと好きだからね」

しばらくはセックスのたびにこのときの出来事を言いながら調教しました。