高1の夏休み。
1人暮らししてすでに働いている姉のマンションに3日で泊まりに行った。
姉のマンションに行くと、急に仕事入って一晩家に帰れなくなったと言う。
朝、小遣いをくれて、「明日の夜には帰れると思うから適当にご飯食べといて」と言い、「絶対にあたしの部屋に入るなよ」と言って家を出た。
PCMAX

(素直に聞くわけないじゃんw)

姉ちゃんがいない間に部屋に入る。
タンスを開けて下着を漁った。

(すっげえな、こんなエッチな下着を穿いてるのか)

カラフルなパンツとブラジャー。
Tバックとかスケスケパンツもあった。
ひと通り下着を見たあとで、バレないように仕舞った。

夜、テレビを見ながらくつろいでいるとチャイム鳴った。

(あれ、姉ちゃん、もう帰ってきたのかな?)

開けると知らないお姉さんがいた。

「あんた誰?」

「あなたこそ誰ですか?」

「あたしは紫乃(姉)の友達だけど、あんた何者?紫乃の彼氏にしちゃ若いな」

「俺は弟」

見た目はちょっとヤンキーっぽい感じ。
茶髪、ロングヘアで派手なシャツとローライズで、ちょっとパンツが見えてる短パン姿。
「上がるぞ」と言って部屋に入ってきた。
で、姉ちゃんがいないのに気付く。
俺は理由を話した。

「なんだいないのか。一緒に飲もうと思ったのに」

手に缶ビールと摘みが入った袋を持ってる。
「ま、いっか」と言ってビール飲みはじめた。
姉ちゃん、いないんだけど・・・。

なにやら訳がわからない話に付き合わされ、かなり酔ってきた。
話し方はヤンキー丸出しで、ちょっと怖いお姉さん。

「もう無理」と言ってソファーに寝転ぶ。

「ここで寝るな」と声かけたり揺すったりしたけど起きない。

しばらく様子を見るが、完全に熟睡。
目の前に寝てるお姉さん・・・。
性欲が沸騰してきた。

シャツを捲った。
ピンクのブラジャーだった。
ブラジャーを上にずりあげた。
でかいおっぱいがこんにちは。
ちょっと揉んでみた。

「んんっ」

(やばい?)

けど、起きない。
短パンを脱がした。
これまたピンクのパンツ。
ドキドキしながらパンツも脱がした。
毛が見えた。
あそこははっきり見えなかったけど、もう興奮マックス。

パンツを脱いでちんぽを出した。
で、おっぱいを見ながらしごいた。
お姉さんの手を取り、ちんぽを握らせた。
手首を掴み、ちんぽをしごく。

(うわあ、他人にやられてるようですっげえ気持ちいい)

手を動かしてると急に力が入った感じした。

「ああ、何?」

(起きた?)

そしたら、ぎゅっと握られた。

「あっ」

どぴゅ!

お姉さんの顔にかかった。

「あああっ、何やってんだ?」

お姉さんの顔の前にはちんぽ。
顔にかかった精子を触るお姉さん。

「このどあほう」

「あわわ、ごめんなさい」

土下座して平謝りした。
お姉さんの足が見えた。

「顔上げろ」

恐る恐る顔を上げた。
お姉さんは腕組んで仁王立ち。

(あっ、あそこが見えた)

「お前バカか?何やったか分かってんのか?」

「はい」

「正座しろ」

正座した。
さっき出したらばかりなのにまた勃起した。

「ああん、ちんこ立ってんじゃん」

そりゃ、下からあそこ見たら・・・。

「お前、童貞か?」

「はい」

「ソファーに寝ろ」

ソファーに寝たら、ちんぽ握ってきた。
少し手でしごいてから咥えてきた。

(うお~、これがフェラチオか、すっげえ気持ちいい!)

あっと言う間にまたイッた。
お姉さんは咥えたまま飲んで、絞り出すように手を動かしながら吸ってくる。
そしてちゅぽんと口を離した。
グッタリしてる俺を見ながらビール飲むお姉さん。

少し休んだあと、お姉さんがシャツとブラジャーを外して裸になった。
そしてちんぽを咥えてきた。
またまた勃起した。

「あそこ見たいか?」

「見たいです」

お姉さんが座り、足を広げた。

「ほれ、見ろ」

近くに寄ってじっくり見た。
初めて見たあそこは、なんかきしょかった。

「触ってもいいぞ」

触って、中に指を入れた。
温かくて、なんかうにょうにょ動いてる感じ?
お姉さんは、「んっんっ」と声を出してる。
じわっと濡れてきた。
穴の上の方を触るとコリコリしたものがあった。

(これがクリトリス?)

興奮してコリコリ触ってると・・・。

「んふっ、そこはあんまり強く触るな」

そう言われると余計にやりたくなる。
グリグリ弄った。

「ばかっ、ダメだって」

グリグリ、グリグリ・・・。

「あはっ」

お姉さんの体がびくんとなった。

(なんだ?)

「イッちゃったじゃん」

お姉さんははあはあ言ってる。

「セックスしたいか?」

「はい、したいです」

お姉さんが跨がってきた。

「入れるぞ」

そう言って腰を落としてきた。

なんだこれ?
ちんぽが温かい!
ぎゅっぎゅっと締めつけてくる。
中でぐにょぐにょ動いてる!

腰をずぽずぽ動かした。

「出すときは言えよ」

「もう出そうです」

「マジか?早いな」

腰を外して咥えてきた。
咥えてしごくフェラチオ。
お姉さんの口に出した。
また飲んで絞り出す。

「これで童貞卒業だな」

「あざ~す」

「紫乃には内緒だぞ」

(言えないよ・・・)

そのままお姉さんと朝まで一緒に寝た。
起きると、「また夜来る」と言って帰り仕度をして、「じゃあな」と言ってキスしてきた。
最初は怖いお姉さんだと思ってたけど、いい人だった。

<続く>