<スペック>
俺:高3、身長160センチちょっと。
相手:24歳、身長160センチ、Cカップ。

先週の土曜日、13時~18時までバイトに入った。
その時に、後に俺の童貞を奪う女に会った。
俺は忙しくて品出しをしてた。
そしたら俺の横をそいつが通った。

俺「いらっしゃいませー」

(やべ・・・いい女)

女はスルーして通ってった。
いい匂いもしたし、歩くたびにぷりんぷりんケツを振ってるから勃起した。
で、確実に勃起してるのがばれた。
チラチラ俺の息子を見ていた気がする。
作業ズボンがもっこりしたから急いでチンポジ修正してばれないようにした。
結構焦ってたから台車から缶詰を落とした。
そしたら女が戻ってきた。
落ちてる缶詰を見て、女は何も言わずに缶詰を拾ってくれた。
とりあえずお礼を述べた。

俺「あ、ありがとうございます」

女「いえいえー」

チラチラと俺の息子を見ていた気がする。
でも缶詰の落ちた場所が悪かった。
女が拾って顔を上げたら目の前に大きく膨らんでるものがあったからさぞかし興奮したんだと思う。
この日のバイト中にこの女と数回すれ違って会釈してこの日のバイトは終わった。

そして翌日。
13時~20時までシフトが入っていたからバイト先に向かった。
バイト先の制服に着替えてひたすら品出しを続けた。
15時くらいで品出しが終わって前出し作業に入ることになった。
前出しをしている最中に女は現れた!
昨日より挑発的な服装をしている。
胸元を強調しすぎ。
寒いのにショーパンを穿いてた。
童貞の俺はこれだけで抜ける気がした。
普通に勃起した。
とりあえず目を合わせないように挨拶した。

俺「いらっしゃいませー」

女「昨日の子だよね」

(!?)

まさかと思ったが顔を覚えられていた。
急に女が耳元で囁いてきた。

女「昨日は挨拶のほうが元気よかったのに、今日は下の方が元気じゃない?」

顔が真っ赤になった。

俺「そんなことないっす・・・」

そう言ってその場を去ろうとした。
女の横をすり抜けた瞬間、腕を掴まれた。

俺「な、なんですか?」

女「トイレに案内して欲しいんだけどー」

とりあえず場所を説明した。

女「説明じゃうまく伝わんないから一緒に案内してよ。ね?」

1年以上ここでバイトしてて、何回トイレの場所を案内したと思ってるんだ。
俺の説明がわからないとか何を言ってんだこいつ!
とか思いながら案内することになった。

女「何歳?」

俺「18っす」

女「6つ下かー。彼女はいるの?」

俺「彼女ってなんすか?僕には必要ないですよ」

女「強がってるー」

いつの間にか女とフレンドリーに接してしまっていた。
案内している最中に色々と妄想した。

(もしかしてカップルに見えてるかな?)
(いいおっぱいだな~。乳首はピンクかな?)

童貞は爆発寸前だった。
会話していたらトイレに着いた。
俺の役目はここで終わりだと思っていたが、戻ろうとしたときに腕を掴まれた。

女「なんで逃げようとするのー?」

俺「いや、バイトがあるんで!」

女「いいじゃん。ちょっと来なよ」

俺は女性用トイレに連れ込まれた。
幸い店に人が少ないせいか誰もいなくてとりあえず一安心。
そしたらいきなりズボン脱がされた。

女「こんなに硬くして溜まってるんでしょー」

それはないはず。
バイトに行く前にちゃんと抜いてるし・・・。

女「包茎とかまじウケるwwww」

(うっせー!)

女「口でして欲しい?手でして欲しい?」

俺はこう答えた。

俺「フェラしてください」

俺の息子に女の唾がかかった。

女「フェラしてくださいとかwwwさっきまであんなに嫌がってたじゃんwww」

俺「もう大丈夫です」

女「別にいいけどwww」

笑いながら女は手で俺の息子を上下にコスコスしはじめた。
ずっと俺の黄金の右手で鍛えてきた息子だったが、コスコスやられたらすぐにイッた。
女は唖然としてた。
バイトに来る前に抜いたはずなのに、出た量が半端なかった。

女「めっちゃ溜まってるじゃんwww」

俺「おかしいっすねー。バイト前に抜いたんですけど」

女「イッたのにまだ勃起してるとかやばいwwwカッチカチだよ、これwww」

俺は得意気に息子をビクンビクン脈打たせてみた。
女はすぐにかかった。
俺の息子はただの息子じゃなくてすごい釣り竿だった。
女が俺の息子を咥えてジュポジュポ音を立てる。

俺「あっ・・・もう出ちゃいそうです」

女「え?」

どっぴゅん。

女の口の中にぶちまけた。

女「もっと早く言えよwww」

俺「あ、はい」

2回イッたのにも関わらず、俺の息子は立っていた。
ムスカ大佐になった気分だった。

女「まだ元気とかwwwさっすが若いねーwwww」

俺「そっすねーwww」

女がいきなり脱ぎはじめた。
純白のブラとパンツが目の前に現れて、童貞の俺はさらに興奮した。

女「触ってもいいよ」

俺は無我夢中でおっぱいを揉み続けた。
おっぱいを揉むたびに女が、「ん・・・」みたいな声を出すからさらに興奮した。
そろそろ生乳を揉みたくなったのでブラを外すことに試みた。
だてにAVは見てないぜ!と、どや顔で一瞬で外すことに成功した。

女「早漏君はブラ外すのも早いねwww」

俺は早漏君と呼ばれはじめた。
俺は目の前に現れた乳首をちゅっちゅした。
AVで見た風に乳首を吸ったり、舐めたり、噛んだりした。
女は感じていた、はず。

女は下を脱ぎはじめた。
目の前に広がる草原。
ジャングルだと想像していたアソコは草原のようにびっしりと整地されていた。
女が便器の上でM字開脚して説明してくれた。

女「ここがクリトリスで・・・ここが・・・」

長くてどうでもよかった。
とりあえず俺の息子はただ入れたいだけだった。
見ている最中に俺の指が女の穴を襲った。
アナルだった。

女「そこは肛門だってwwwここだよ、ここ」

指を誘導してくれた。
グロテスクだった。
でも興味津々な俺がいた。
とりあえず舐めてみた。
人生初クンニはしょっぱかった。
汗みたいな味がした。
女は感度がいいのか、ずっと「あっ・・・」とか言ってた。

俺は興奮してクンニだけじゃ飽き足らず手マンしてみた。
Xvideoで無修正も見ているからやり方ならわかっている。
人差し指と中指を突っ込んでみた。

俺「ヌメヌメしてるっす」

女「濡れてきてるんだよ・・・ん」

まじで糸を引くことを知った。
俺の息子も知らない間に大きくなってた。

女「そろそろ入れる?」

俺「まじっすか!?」

女「中には出さないでねwww」

俺の息子は気合十分だった。
初めての経験に俺の心は舞い上がる。

(いっくぞおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!)

少しずつ息子を奥に入れていった。

女「思ってた以上に太いねwww」

俺「そうっすか?自分では細いと思ってました」

奥まで入ったから腰を振ってみることにした。
中学校時代のあだ名は『ハードゲイ』だ。
ゲイじゃないのに腰の振りが速いってだけで呼ばれてた。
そんな俺だが、セイセイセイとか言う暇もなく果てた。

女「え?もうイッたの?てか中に出した?」

俺「・・・ごめんなさい」

女「まぁいいけどさwww」

申し訳ない気持ちになったけど、息子が回復したから、もう1回チャレンジした。
でも、気がついたら3回チャレンジしていたwww