28歳の時のこと。
当時彼のいなかった私は、有給を使って一人旅に行くのにはまっていました。
北海道へ5泊6日で一人旅した時のことです。
某ユースホステルに2泊することになりましたが、たまたま他のお客さんはいませんでした。

そのユースホステルには短期のアルバイト君がいました。
彼は私より5歳年下だったと思います。
背がかなり高く、180センチはあったと思います。
ちょっと筋肉質で、テレビに出てきそうなくらいかっこいい青年でした。

1日目の夜は普通に飲み、普通に1人で寝たのですが、2日目はホテルを経営するママさんと彼と3人でキノコ狩りに行きました。
1人で来た私をママさんと彼が色々な所に連れて行って遊んでくれました。
2日目の夜も1階のホールで3人で飲んでいましたが、ママさんは、「まだ飲んでいていいよ」と私たちを置いて部屋へ引き上げました。

ホテルの裏は海になっていて、ちょっとした砂浜になっています。
お酒に酔って星空が見たくなった私は、夜も暗いので「星が見たい」と彼に言って出ていきました。
彼も一緒について来ました。
季節は秋でしたが、北海道は一足先に寒くなっていたので、しばらく海辺に座っていると寒くなってきました。
その当時の私は彼と別れたばかりで、そんな話を何気にしていたと思います。

海辺にいてどれくらい時間が経った頃だったでしょうか、彼がロビーから上着を取ってきてくれて、それに包まって降ってきそうな星空を眺めていました。
あまりに綺麗な星空だったのでもっと見つめていたいと思いましたが、だんだん寒くなってきました。
どちらからともなく体を近づけて、肩を寄せ合っていました。
そうしたら彼がいきなり頭を私にもたれかけてきて、(えっ?)と思いましたが、悪い気はしなかったのでそのままにしていました。

そのまま波の音を聴きながら星空を見つめていると、いきなり胸を触られているような感覚が走りました。
びっくりして、「ちょっと・・・!」と体をずらして言うと、彼が「ごめん」と謝ってきました。
なんだか彼が可哀想になってきました。

私「・・・触りたかったの?」

彼「うん・・・」

胸くらいだったらいいかなと思ってそのまま触られるがままになっていると、いきなり顔を私の方に向けて、大きな瞳で見つめてきました。
彼の瞳に吸い込まれてぼーっとしていたらキスされてしまいました。
驚いていると、今度は舌を入れてきました。
彼のキスが上手くて変な気になってきました。
されるがままになっていると、ブラの中に手を突っ込まれて、直接胸を触ってきました。
胸を触られながらキスをされていると気持ちよくなってきて、私は彼の厚い胸板に体を預けてしまいました。

だんだんと彼の触り方がいやらしくなってきました。
抵抗しないと思ったのか、彼は私の服を捲り、私の乳首を吸ったり舐めたりしはじめました。
思わず「あっ・・・」と声が漏れてしまいましたが、30分くらいそのまま乳首を舐められたり胸を揉まれたりしていました。

そのうち彼が空いている方の手で、私のジーンズのファスナーを少しずつずらしているのがわかりました。

(さすがにそれは・・・)

抵抗しようと体をずらしましたが、ぐっと体を捕まえられて、あっという間に指をパンティの中に入れられてしまいました。
私はあそこがグチョグチョになっているのを知られるのが恥ずかしく、顔から火が出そうでした。
彼は巧みに私のあそこを弄り、クリを指で弄ったり、あそこに指を突っ込んできてジュポジュポと動かしたりします。
もう私もたまらなくなってきたので、彼のあそこをズボンの上から触りました。
彼のあそこは硬くなっていて、直接触りたくなりましたが、すると彼は身をよじりました。

(このままどうなるんだろう?)

そんなことを思いながらも、まだ理性は働いていました。
そして彼が「毛布を取りに行く」と私から離れた時、さすがにヤバいと思い、「もう戻ろう」と言いました。
彼はすぐには返事をしませんでしたが、諦めたように、「うん・・・」と言いました。
部屋に戻り、鍵を掛けて1人で眠りました。
もう4時くらいになっていたのですが、朝までほとんど眠れませんでした。

翌日、私は早々に立つことになっていたので、早朝7時にはホールで朝ごはんを食べていました。
彼はなかなか下りてきません。
結局、帰る寸前に下りてきて顔を合わせましたが、なんだか気まずかったです。

その後、彼とは半年後に私の地元で会いました。
外で会ったのですが、人気が少ないところに連れて行かれ、いきなりキスをされて、胸を触ってきたりしました。
でも結局、最後までは行かず仕舞いでした。
彼とはそれっきりです。