先週の土曜日の夜中、ナンパ待ちの女の子を探してぶらついてました。
友達が急に来れなくなったので1人でナンパすることになりました。
基本的に夜に歩いている女の子は2人組以上が多いので半分諦めていました。

人も少なくなったので諦めて帰ろうとしたら、大きなバッグを持ったジャージ姿のあきらかに家出少女とわかる女の子が地面に体育座りをしてました。
子供っぽいなーっと思ったんですが、収穫がないからダメ元で声をかけました。
案の定、家出だったらしく、電車で2時間ほどの町に住んでいて、2、3日前に出てきて彼氏の家に泊まっていたらしいのですが、彼氏の女関係の問題で暴力を振るわれて逃げてきたそうです。

名前はマミ。
身長150センチくらいの、目の大きい可愛い女の子です。

未成年っぽいので飲み屋にも連れて行けず、しかし飲み足りなかったのでコンビニで酒を仕入れてアパートに連れ帰りました。
風呂に入りたいと言うので、お湯を溜めて、着替えも貸してあげました。
その間に彼女の服を洗濯してあげました。

ビールを飲みながら洗濯していると、「ありがとう」と言いながら浴室から出てきました。
私の大きめの服を着て、しかも中身はノーパン・ノーブラ。
ロリ好きの私にはたまらないシチュエーションです。

マミにもビールを渡しながら洗濯物を干していると、マミが「あっ」と声を上げました。
私が彼女の下着を干しているのを見て、「恥ずかしいからマミが干すよー」と私から下着を奪いました。
少し照れているようですが、「まことさんっていい人だね」と、信用させることに成功しました。

私はなんとかエッチしようと酒を勧めて酔っぱらわせました。
色々話をしながらゲームをしたりして、密着しはじめたのでキスをしました。
マミの方から舌を入れてきたので後はやるだけ。
パジャマを脱がせると、小振りの可愛い胸と毛の薄い恥部。
乳首を舌先で舐めてあげると、「イヤンッ」とアニメのキャラのような子供っぽい声を出しました。
キスをしながら乳首を指先で摘んで愛撫しながらクリをやさしくなぞってあげると息が荒くなってきます。

「オナニーとかするの?」

少しいじわるな質問をすると、「たまにアソコを触る。気持ちいいから」と正直に答えてくれました。

少しずつ指を1本マミの膣に入れました。
指を締め付けてきます。
指を振動させると、「気持ちいいよ」と言いながら愛液を出してきます。

チンチンを手でしごくよう頼んだら、「口でしてあげる」と積極的に舐めてくれました。
彼氏の教育がいいのか、なかなか上手です。
タマ袋を吸ってからアナルを舐めてくれた時は感動ものでした。

「まことさんのおっきいねー」

しごきながら私を褒めてくれました。

マミのアソコも濡れてきたので「入れていい?」と聞くと、「彼氏としかしたことないから入るかな?」と心配そうです。
足を全開で広げ、綺麗なアソコに亀頭を埋めました。

「んっ」

ピクンと反応し、少しずつ私のチンチンを受け入れてくれます。

「痛い?」

「大丈夫。でもゆっくり入れてね」

懸命に耐えてくれてます。
根本まで入れると余裕で子宮に亀頭が当たります。
「ふうっ」とマミはため息をつきながら「全部、入った?」と聞いてきたので、マミの手をアソコに持っていき確認させました。

「入ってる。よかったー」

ゆっくりと腰を振り、腰の動きを徐々に大きくすると痛みはないのか、「気持ちいいよ。お腹に当たってる」と感じてくれています。
奥が気持ちいい子なんだなと思ったので、亀頭を子宮に押し付けるようピストンしました。

「いいよー。もっと。もっとしてー」

アニメ声で喘ぐのでますます興奮しました。

もっと卑猥なことをしたくなったのでアソコがマミに見えるように腰を上げました。
マミに見えるようにチンチンを出し入れすると、「出てる。あ、入ってる。すごいよー」と興奮してくれました。
締め付けも指1本でキツキツだったから隙間がないほどの締り具合です。
射精を我慢するのが大変でした。
射精しそうになると一旦動きを止め、体位を騎乗位やバックと変えて、なんとか耐えました。

バックでガンガン突いてあげると、「まことさん、もう限界。出して」と悲鳴をあげ始めました。

「痛いの?」

「ううん。気持ち良すぎて苦しいの。もう出して」

鳥肌を立てながら泣きそうな声をあげています。
射精をこらえるのも限界だったので正常位に体位を変え、ディープキスで舌を絡めながらフィニッシュ。
射精した瞬間、マミもイッたようで、のアソコがキュッと更に締まりました。
最高の射精でした。

そのまま抜かずにキスをしていると、「なんかマミの中で大きくなってきたよ」と嬉しそうに言ってきました。
そのまま2回戦突入です。
今度は1回目の精子がローションの役目をしてくれてヌルヌルだったので、最初から全開で腰を振りました。

「さっきより気持ちいい。もっと強くしてー」

マミも完全にエロモードに入ったみたいで、騎乗位で自分で腰を振っています。

「ねえ、気持ちいい?」と言ってきたので、年下に主導権を握られるわけにもいかず攻撃を再開です。

バックでマミの手を掴みながら亀頭を子宮にぶち当てました。
奥に亀頭が当たるたびにマミの小さな体が仰け反ります。
その光景に満足したので「また、出すぞ」とマミの耳元で告げると、「いっぱい出してー」と息を切らしながらOKの返答。
マミのアソコが再びキュッと締まったのと同時に発射しました。
やはり最高の締まり具合です。
射精感を味わいながらマミにキスをしました。
2回分の精子を受け止めたマミのアソコはドロドロに汚れてました。

2人で風呂に入り、洗いっこをしていると、「しばらくここに置いてもらっていいかな?」とマミからの申し出。
快く了承し、今もマミは家にいます。
とりあえず春休み中は家に置いておこうと思っています。