私は現在39歳、市役所に勤める公務員です。
妻は現在34歳、おっとりした性格でどちらかと言えば男に頼るほうです。
子供を2人産みましたが体型は崩れておらず、白い肌とFカップの巨乳が男を誘う自慢の妻です。
見た目は安めぐみに似ているとよく言われます。
妻とは新宿の高層ビルで行なわれているカップリングパーティで出会いました。
巨乳でおっとり系の妻は行列ができるほどの人気でした。

ある日、私は会社に有給をとって家族で温泉に出かけました。
妻は私の趣味で、この日も胸元が大きく開いたシャツとミニスカートを穿いて出かけました。
私は、妻が周りの男たちにいやらしい目で見られるたびに興奮と優越感を覚えていたのです。
妻も口には出さないけれど男たちにスケベな目で見られることに興奮するらしく、露出の多い服装を嫌がることなく身に着けていました。

温泉へ向かう電車を乗り換えるとき、妻が子供をトイレに連れて行きました。
私は売店で待っていたのですが、戻ってきた妻と子供を見たときにハッとしました。
妻と子供の後ろに1人の男が後をつけてきていたのです。
男は50代くらいの男性ホルモンの塊のような人物で、中年太りで頭は禿げかかっていました。
妻は子供の手を引くために身を屈めて歩いていたので、胸の奥がチラチラと見えていたのです。
そして乳房はまるで果実のようにブルンブルン揺れ動いており、男は妻の胸を覗き込みながらニヤニヤといやらしい笑みを浮かべていました。
妻をこのままにしたら一体どうなるだろうかと興奮でいっぱいでしたが、やはり子供が心配になって妻たちに声をかけました。

「ママ~、ここだよ~」

すると男はサッと身を翻してどこかへ行ってしまいました。
正直ホッとしたのですが、もっと様子を見てもよかったのではないかと後悔する気持ちもありました。

その後、私たち家族は長野原草津口行きの電車に乗り換えました。
車内は人がまばらで、私たち家族はボックス席に座りました。
子供は先ほど買ったダルマ弁当を食べながら外の景色を見てはしゃいでいました。
私は先ほどの光景が頭から離れず下半身は完全に勃起したままでした。

(あのまま放っておいたらどうなったのだろう?)

想像すると興奮が止まらなくなってしまったのです。
ガタンゴトンと電車が走りだしました。
しばらくしても私の下半身の興奮は覚める気配がありませんでした。
仕方なくトイレに抜きに行こうと思ったその時、1人の男が私たちに話しかけてきたのです。

「ここ空いてますかねぇ?」

あの中年男でした。
男は私たちの後をずっとつけて来ていたのです。
これまで妻を痴漢したり盗撮した男たちはバレないようにコソコソと行動していたのですが、この男は違いました。
堂々と話しかけてきたのです。
しかもガラガラの車内であえて妻の隣に座ろうというのです。
あまりにも不自然でした。
妻のシャツは大きく開いたままで男の目線は妻の胸元に注がれていました。
角度からしてノーブラだということが男にはわかったはずです。
よく見ると男の股間部分が大きく膨らんでいました。
妻に欲情して勃起しているのでしょう。
その光景を見て私は恐ろしいほどの興奮に襲われ、勃起したズボンを隠しました。
しかし男は私と違い、大きく膨らんだズボンを隠す素振りは全くなく、妻はその姿に恥ずかしそうに目を伏せました。
私は興奮で心臓がバクバクしてしまい、男の問いかけに答えられずにいました。
すると今度は子供に話しかけてきました。

男「ボク、これからどこ行くんだい?」

息子「草津温泉だよ」

男「じゃあおじさんと同じだ、一緒に行かないかい」

息子「うん、いいよ」

無邪気な子供を利用されて、私たちは断る理由を失ってしまいました。

男「奥さん、ここに座らせてもらってもいいですかねぇ」

妻「え、ええ」

妻は少し恥ずかしそうにしながら席を詰めて隣に男を座らせました。
私の興奮も物凄かったのですが、妻も私と同じように異常な興奮を覚えているようでした。
自分のカラダが狙われているということが分かっているのでしょう。
不安で体は少しこわばっているようでしたが、大きく開いた胸元を隠すことはせず、むしろ男から見えやすいように姿勢を変えたようにすら見えました。
そんな妻の仕草を見た男は、ニヤニヤといやらしい笑みを浮かべました。

男「家族旅行ですか、いいですねぇ」

私「ええ」

男「私は50にもなって家族ってもんがないもんでね、全く羨ましい限りですよ」

私「ずっと独り身なんですか?」

男「まぁ私にも女房いたんですけどね、私の女癖が原因で離婚ですわ」

私「そうなんですか」

男「旦那さんも男ならわかるでしょ、たとえ女房がいてもいい女がいたら抱きたくなるじゃないですか。で、他人の女房に手を出して、しかも妊娠させちまってね。それが相手の旦那とうちの女房にバレて結局離婚。最近はもう頭がこれなもんで女に相手にもしてもらえないわけですよ」

男は禿げかかった頭を撫でながら言いました。

男「でもね、この歳になっても性欲だけは人一倍でね、いい女が乳揺らして歩く姿を見るとたまらなくなってチンポがギンギンにおっ勃つんですよ。そんなときはトイレで抜くなんてセコいことはしませんわ。チンポを勃たせた張本人をものにして、思う存分肉欲を貪るわけですよ」

私「はあ・・・でも相手が人妻で旦那さんや子供が一緒だったらさすがにそういうわけにはいきませんよね?」

男「いやいや、そんなのお構いなしですよ。むしろ子持ちの人妻なんてムチムチしてて最高ですわ。いざとなったら力づくで奪ってセックスですわ」

私「・・・」

男「いや~、それにしても奥さんいい女だねぇ。乳もデカいし肌もきれいだ」

妻は身をよじって体勢を変えました。
男を避けるためではありません。
むしろ男から胸の奥がよく見えるように体の位置をずらしたのです。
男は暗に腕ずくでも私から妻を奪うことを匂わしており、そんな強い男に対して欲情し、無意識のうちに男を誘ってしまっているのでしょう。
おそらく男からはもうピンク色の乳首も見えているはずです。
男はそんな妻の態度を見て、いっそうスケベな笑みを浮かべました。

ふと下を見ると、妻の膝の上に男の手が置かれていました。
子供を利用されたとはいえ、妻の隣に座らせたことや、何より妻が胸元を隠す素振りを見せなかったことで私たちの趣向について確信を持ったのでしょう。
男は最後に私を試していたのです。

『お前の女房を抱かせろよ、いいよな?』と。

男は私に見せつけるように妻の膝を擦ったあと、今度は太ももを擦りはじめました。
妻はその手を払うこともなく、顔がピンク色に染まり呼吸も少し荒くなっていました。
ここで私がこの状況を見過ごしてしまえば、それはもはや暗黙の了解になってしまう。
男は、『こいつの女房とヤれる』と思うはずです。

男「いや~、奥さんほんとにいい女だ、一度お相手願いたいもんですなぁ」

男はさらに私の反応を試すように妻の太ももの奥まで擦りはじめました。
私にとってここが男を排除する最後の機会でした。
私に妻を寝取らせるまでの覚悟はありません。
妻を守らなければならないのです。

でも男は中年太りとはいえ体は大きく、いざとなったら力づくで私から妻を奪うと匂わせているのです。
私は体の線が細く男としては貧弱な部類です。
暴力では間違いなく負けるでしょう。
車内はガラガラで助けてくれる人もいません。
そもそも私の股間は完全に勃起しており、一体この後妻はどうなってしまうのだろうかと凄まじい興奮に支配されていました。
私は喉がカラカラになりながらも、勇気のなさとあまりの興奮のために、結局男を排除することはできませんでした。

すると男は私の様子を見て勝ち誇ったかのようにニヤリと笑みを浮かべ、妻のスカートの中まで手を入れたのです。
きっと心の内では嘲笑っていたと思います。

『お前の女房をいただくよ』と。

やがて妻の股間部分からヌチャヌチャと音が聞こえてきました。
夫である私と子供の前で男に性器を弄られ、妻は性器を濡らして感じていたのです。
子供はパンツの中を弄られてる母親を見て不思議そうに見ていましたが、私は何も言うことができませんでした。
男は私の反応を楽しみながら妻の性器を刺激していたのです。

やがて男は、「そろそろ挿れるか」と独り言を言いました。

男「ボク、オジサン、気持ちよくなってもいいかな?」

息子「うん、いいよ、ボクはどうすればいいの?」

男「ボクは何もしなくていいんだよ。お母さんにしてもらうから」

息子「そうなの?」

男「うん。お母さんも、もう準備できてるみたいだから、オジサンそろそろ挿れたいんだ」

息子「ふ~ん」

子供には何のことかわからないでしょうが、それはあまりにもストレートな言い方でした。

男「ところでボク、電車の一番前だと車掌さんの席がよく見えるよ」

息子「えっ、ホント?」

男「ホントだよ、ちょっと見てきなよ」

息子「わ~い、パパ~、一緒に見に行こ~」

母親がその豊満な肉体を男に奪われるかどうかの瀬戸際だというのに、息子は無邪気にはしゃいでいました。
男の目的は明らかでした。
邪魔な私と息子をこの席から遠ざけて妻と2人きりになることです。
前を見ると妻は男に性器を弄られ、時折ビクンビクン反応していました。
私が今子供と一緒に席を外せば、男はより大胆な行動に出ることは明らかでした。

息子「パパ早く~」

子供が私をせかしました。

男「ほら、旦那さん、息子さんが行きたがってますよ」

私「・・・」

男「ほらほら、旦那さん!」

私「・・・」

男「何やってんの?早く行きなよ」

男は欲望の限界らしく、ついに口調が荒くなりました。

私「・・・じゃあ、ママ、ちょっと拓海と一緒に景色を見に行ってくるね」

妻「・・・ええ」

妻をものにされた瞬間でした。
そして、それを妻も了承したのです。

息子「わ~、よく見えるね。車掌さんカッコいいね」

私「そうだね」

息子は車掌室からの光景を見てとても喜んでいましたが、私はうわの空でした。
今頃男は妻に一体何をしているのでしょうか。
妻の巨乳を思う存分揉みしだいて、これから孕ませる女体の具合を確認しているのでしょうか。
それとも激しいキスを交わし、自分の女であることを妻に自覚させているのでしょうか。
私は2人の様子を見たいという強い衝動に駆られました。

私「拓海、ちょっとここで1人でいられるかい?」

息子「うん」

私「じゃあパパはちょっとママのところに行ってくるけど、ちゃんとここで待ってるんだよ」

息子「は~い」

私は膝の震えを抑えながら恐る恐る妻たちの様子を見に行きました。
男に気付かれないように隣の車両からそっと覗くと、男は妻を膝に乗せて胸の谷間に顔をうずめていました。
私はとっさに2人の行為を止めに入ろうと思いました。
しかし足がガクガク震えだし、その場で崩れてしまった私はどうすることもできませんでした。
そもそも男が自分の女と情事をしている最中に邪魔する権利など私にはありません。
ものにした女とどのような行為をしようと、それは完全に男の自由です。
男が妻の体を貪っているのに私にはどうすることもできず、ただ呆然と立ち尽くすしかありませんでした。
ただ一つの救いは、まだ2人は交わっていなかったことでした。

ところが、しばらくすると男が私に気づきました。
すると男は再び気持ち悪い笑みを浮かべ、ズボンのチャックを開いて自らのモノを取り出しました。
そしてそれを私に見せつけたのです。
勃起したそれは物凄い大きさでした。

『お前の女房に生でぶち込んでやる』

まさにそういう意思表示でした。
男は膝の上に妻を乗せたまま私の方へ向かせました。
そして私が見ていることに気付いた妻は驚きの表情を浮かべました。
しかしそれでも私から目を逸らすことはありませんでした。
直後、男は自らのモノを妻の性器に宛てがい、ゆっくりと挿入していったのです。
もちろん避妊具無しの生挿入です。
妻は男のペニスの大きさに驚いたようで少し狼狽えていました。
しかし、すぐに覚悟を決めたようでした。
辛そうに顔を歪めながら、入っていく生のペニスを見つめていました。
男は巨大なペニスが妻の体に馴染むように焦らずゆっくりと挿入していきました。
そして巨大なペニスがすべて妻の体内におさまったとき妻の体は大きく仰け反りビクンビクンと痙攣しました。
妻の痙攣が収まるまでしばらくその状態で静止していましたが、やがて男はピストン運動をはじめたのです。
それはまさしく生殖行為そのものでした。
妻は目に涙を浮かべ襲ってくる快楽に耐えているようでしが、男は勝ち誇ったかのようにニヤリと笑うと妻を振り向かせてディープキスをしました。
妻は男に逆らうことなくそれを受け入れました。
男はその後も欲望の赴くままに妻を犯し続けたのです。
やがてピストン運動が激しくなり、男は妻の腰に手を添え激しく腰を振りはじめました。
そして妻を私の方へ向かせたかと思うと、すぐに妻の中に射精しはじめたのです。
妻は涙を流しながら男の精子を受け入れ、その間ずっと私の目を見つめていました。
男はそんな妻の首筋をペロッと舐めて私を嘲笑うかのように笑みを浮かべ、妻を妊娠させたのです。

男が妻の中に射精した後、私はものすごい脱力感に襲われました。
私は足元もおぼつかずにフラフラと息子のもとに戻りました。
妻を寝取られた哀れな男の姿でした。
息子はずっと車掌室からの眺めを見ていました。

その後も男は妻を犯し続け、ようやく男の肉欲が収まったのは最初の射精から2時間が経った頃でした。
終着駅に近くなった頃に男が私達のもとにやって来ました。

男「ボク、車掌さんの席はよく見えたかい?」

息子「うん、とってもよく見えたよ」

男「よかったね、ボク」

息子「うん、オジサンは気持ちよくなれた?」

男「そりゃあもう超気持ちよかったよ。ママの中に7回も出しちゃったよ」

そして今度は私に話しかけてきました。

男「奥さん、ご馳走様」

私「・・・」

男「奥さんいい乳だし、締り具合も最高だね」

私「・・・」

男「今日は危険日だって言うから玉ん中が空になるまで出しちゃったよ」

私「・・・」

男「もしできてたら産ませてね」

私「・・・」

男「聞いてんの?ちゃんと産ませろよ」

私「・・・はい」

男「俺の女とセックスするなよ」

私「はい」

そう言うと男は電車から降りていきました。
その後、妻の元へ戻ると一応服は着ていましたが胸元は大きく肌蹴ており、色気ムンムンのその姿は誰が見てもセックス直後の姿でした。
それを見た私はものすごい悔しさと今まで経験したことのない興奮に襲われて、すぐにトイレに駆け込みました。
そして自らの手で射精したのです。
妻と交わるのではなく、自らの手で処理したのです。

やがて終着駅につきました。

息子「パパ、ママ、早く行こ」

私「うん、バスに乗り遅れちゃうから急ごうね」

妻「拓海ちゃん、リュックちゃんと持った?」

息子「持ってるよ」

妻は時折立ち止まり、股の間を押さえていました。
たぶん精子が漏れてきたのでしょう。
そんな妻の手を息子が引っ張って歩き、どうにかバスには間に合いました。
バスの中ではさすがに気まずい空気が流れましたが、無邪気に喜んでいる息子のおかげで徐々に普通に話すようになりました。
ただ、中年男の話題には一切触れることはありませんでした。