真面目でエッチには疎かった愛。
知り合ったのは大学に入った時で、大人しく人見知りしやすい、清楚で純情そうな女性だった。
最初の頃はグループ(男4人くらいに女3人くらい)で遊んでいた。
たまに猥談になったが、愛は嫌そうな顔をして黙ってるって感じの子だった。

半年後に愛と付き合うことになったが、とにかくガードは堅く、キスをするまでに3ヶ月くらいかかった。
さらに数ヶ月後、ようやくセックスをした。
案の定、愛は処女だった。
ちなみに俺も童貞だった。

最初の頃は普通のセックス。
キスからはじまり、服の上からオッパイを触り、パンティの上からオマンコを触り、徐々に脱がせて首筋から舌を這わせてオッパイに。
手でオマンコを刺激しながら勃起した乳首を舐めたり吸ったりすると、愛は小さな声を出して身体をピクンとさせた。

エッチに疎かった割にはよく濡れるオマンコだった。
触ってるだけで俺の手はビショビショでシーツまで愛液が垂れ流れてたくらいだった。
最初は指1本、そのうち2本をオマンコに入れて動かすと、クチュクチュと音がする。
徐々に激しく動かすとグチョグチョと大きな音を立て、そうすると必ず愛は、「嫌・・・そんなに音をさせないで」と恥ずかしそうに言う。
それがまた可愛らしく、いつもわざと大きな音をさせていた。

愛は自分から何もしてこないので、愛の手をチンポに導き触らせる。
扱いてくれるわけでもなく、ニギニギと強めたり弱めたりして握るだけだった。
それでも経験の少ない俺は満足だったし、興奮して先から我慢汁を垂れ流していた。

俺はオッパイからお腹、オマンコと舌を這わせ、愛液でグショグショのオマンコを舐める。
いつも愛のオマンコは愛液を垂れ流してるのにいい匂いがしてた。
クリを吸ったり舌で舐めて刺激すると、愛は腰を動かしてクネクネさせながら喘ぎ声を出さないようにこらえていた。
当然、愛の方はフェラなどしてくれるはずもない。
そしてコンドームをして正常位で挿入。
愛のきついオマンコで3分くらいで発射!
その後も愛のオマンコを愛撫したりもするが、その頃の愛はまだイクことを知らなかった。

そんなセックスが2ヶ月以上続いた。
セックスをしはじめてから3ヶ月ほどした頃、いつものように立ったままキスをして体に触れようとすると拒んだ。

「今日、生理なの・・・ごめんね」

セックスするようになってから初めて生理にぶつかった。

「そうか・・・じゃあ仕方ないな」

俺はそう言いながらもキスをしてオッパイを触った。
オッパイはいつもより張っていて硬い気がした。
上だけ脱がして乳首を吸うと、愛はいつもに増して身体を反応させ、「あぁん」と声を出した。
どうやら敏感になってるようだった。
お構いなしに愛のオッパイを攻めていると、初めて愛の方から俺のチンポをズボンの上から触ってきた。

「すごく硬くなっちゃってる」

そう言って俺の前に跪きズボンを脱がし、パンツの上から擦ってくる。
俺は初めての光景に興奮した。
パンツの中でチンポがピクンピクンと動くと、「すごい!動いてるよー、面白いね」と言って愛はパンツも脱がしてチンポを出した。
愛の顔のすぐ前に俺のいきり立ったチンポが上を向きピクンピクンと動いていた。

「こんなに大きいんだ・・・動いてるし・・・」

初めてじっくりと見るチンポに驚きがあったようだった。

「なんでこんな風になってるんだろう?不思議だね」

そんなことを言いながら指先でなぞり続けた。
それに感じてしまった俺はビクンと大きくチンポを動かした。
愛は、「あ、すごい!」と言って、もう片方の手を袋に添えて擦った。

「本当に玉みたいなのが2つ入ってるんだね」

興味深そうに触りながら、「気持ちいい?」と愛が聞く。
俺はまじまじとチンポを見られてることに少し恥ずかしく感じた。
だから恥ずかしさを隠すように、少しぶっきらぼうに、「そりゃあね」と答えた。
愛はクスッと笑って亀頭部分を指で摘み、「ここは柔らかいんだね」と言って玉を擦っていた手を離して竿を握った。

「ここはこんなに石みたく硬いのに・・・」

そう言って少し扱いてくれた。
扱かれると先っぽから我慢汁が出てきた。

「なんか出てきたよ」

愛は指先で触り、「ヌルヌルしてる~」と言って亀頭に塗り広げた。

「男も感じると濡れてくんだよ。愛はもっと濡らすけどな」

そう俺が言うと、「嫌だ!恥ずかしい・・・言わないで」と恥ずかしそうにした。

愛が、「どこが気持ちいいの?」と聞いてきたので、「ここらへんかな?」と言って亀頭の裏側を指差した。
すると愛は亀頭の裏側をいきなりチロチロと舌先で舐め始めた。
驚いた!
あの愛が自から進んでそんなことをしてくれるとは思わなかった。
つい「うぅ~」と声を出してしまい、激しくチンポがビクンビクンと反応した。

「こうすると気持ちいい?」

「すごくいい!最高だ」

俺の答えに気を良くしたのか、愛は手でチンポを持ち上げると玉袋も舐めてくれた。
玉袋から裏スジに舌をチロチロと動かしながら亀頭の裏側に這わせる。

「ん?いっぱい垂れてきた」

見てみると我慢汁が先から溢れ、亀頭の裏側にまで流れていた。
それでも愛は嫌がることなく俺の我慢汁を舐めてくれた。
俺は嫌われるんじゃないかと思いながらも勇気を振り絞って、「玉を口に含んで」と言った。
愛は何も言わずに玉袋をパクっと咥え、口の中で玉を舌で転がした。
玉をしゃぶってくれながらチンポを扱き、先から我慢汁が溢れ出してくると、人差し指の先で亀頭に塗り広げた。
俺はもう射精しそうなくらいに感じてしまい、チンポの先が敏感になりすぎていた。
しばらく両方の玉を丹念にしゃぶってくれると、また裏スジに舌を這わせて亀頭の方に・・・。
すると今度は我慢汁でテカテカになった亀頭をパクッと咥え、口の中で舌を動かし舐めてくれ、たまにチュゥと吸ってくれた。
尿道から我慢汁が吸い出される感じがした。

ときどき愛が口を離して、「気持ちいい?もうイキそう?」と聞いてくる。
俺は黙って気持ちよさそうにしていると、「口の中に出していいよ」と言ってくれた。
俺はその言葉に興奮した。

「いいのか?じゃあそのまま咥えて扱いてくれる」

愛は亀頭を咥え、舌を動かしながら竿を扱いてくれた。

「んー!いっぱい出てきた・・・口の中がヌルヌルしてる・・・」

きっと我慢汁が大量に愛の口の中に出てるんだろうと思った。
俺も限界が来て、「イクよ!出すよ!」と言って愛の口の中に射精した。
愛は「ん!ん~」と言いながら口を離さず、ずっと竿をしごいてくれた。
今までにないくらい長い射精だった気がする。
愛の口の中に何度もドピュドピュと精液を出し続けた。
愛の口の横から口で収まりきれない俺の白い精液が流れ出し、愛はそれを慌てて手で受けていた。

俺はそんなチンポを咥えた愛の顔を上から見下ろしながら余韻に浸っていた。
しばらく動かずにいた愛がチンポから口を離し、「すごくいっぱい出たね」とニコッと笑いながら俺を見上げた。

「あれ?精子は?」

「飲んじゃった」

無邪気な顔で愛が言った。

「不味かっただろ?」

「ちょっと青臭かったけど嫌じゃないよ」

初めてのフェラで飲精もしてくれるという男には最高の出来事だった。
しかし俺は不思議に思った。
あんなにエッチに疎くて、あまり積極的ではなかった愛が自らこんな行為をしてくれると思わなかったからだ。
確かに処女ではあったが、もしかしたら昔付き合ってた男にフェラをしてたんだろうか?

「どこでこんなこと覚えたの?」

自然に口から出てしまった。
愛は恥ずかしそうに照れながら答えた。

「A美に聞いたの。こうやってしてあげると彼氏が喜ぶんだって言ってた。『愛も彼氏にしてあげたら?きっと喜ぶと思うよ!』って言われて・・・。今日は生理でできないから、してあげたらいいかなって・・・」

俺はホッとした。
嘘かもとは思わなかった。

「こんなことする女の子は嫌い?私のこと嫌になっちゃった?」

心配そうな顔をして見上げている愛。
俺は慌てて、「嬉しかったよ!気持ちよくて最高だった」と答えた。
そして、「毎回でもしてもらいたいよ。愛は嫌かな?」と言うと、「じゃあまたしてあげる」と愛は嬉しそうに微笑んだ。

その日以来、セックスする前は必ずフェラや69をするようになった。
69をするようになって愛はようやくイクことができるようになった。
しかし指や舌でクリトリスを刺激してイクことができても、なかなか挿入だけではイケなかったようだった。
最後は必ずと言っていいほど指やクンニでイカせてあげていた。

愛が生理の時はフェラをしてもらい、手で扱いてもらって、「イキそう!」と俺が言うと必ず慌てて亀頭をパクッと咥えて、口で精液を受け止めてくれるようになった。
当然のように毎回飲んでくれた。
付き合ってから1年以上、こんな感じで過ごした。
フェラ以外はやはり積極的ではなく、セックスは受身の正常位だけだった。
何度かバックや騎乗位をせがんだが、「恥ずかしいから嫌・・・」と断られていた。

付き合って1年半が経つ頃、愛はようやくエッチに関して興味を示すようになった。
当時はネットもなければDVDもなく、俺が友達に借りた無修正のビデオを「見てみよう」と言うと、昔の愛なら「嫌!」の一言で終わったものだ。
それが、「え~!そんなの見るのー?」と笑いながら言ってくれた。

ダビングにダビングを重ねた裏ビデオは画像も荒く、今で言う薄モザのようだったが、当時の2人には十分だった。
初めて見る他人のエッチに愛は好奇心と興奮を覚えたのか、並んで座って見ていた俺に自分から寄り添ってきてキスをしてきた。
そのままお互い全裸になり、裏ビデオが流れている状態でセックスしまくった。
この時は愛も挿入だけでイクことができた。
俺も愛もお互い3回はイッただろう。
これを機会に、たまに裏ビデオを借りて観ながらセックスするようになった。