大学時代、仲間でのんびり遊ぼうぜ!みたいなノリのサークルに入ってたんだが、そこで知り合った同級生のM美と付き合いだして1年が経とうとしていた。
春になって新入サークル員の歓迎会ってことで居酒屋で開始。

「新入りは1人ずつ自己紹介と芸をすること!芸ができなかったヤツ、芸が受けなかったヤツは中ジョッキ一気な!」

俺が入った時もそうだったけど、なんだかんだで結局みんな中ジョッキ一気させられるんだよな。
可哀想に。
俺とM美が付き合ってるのはサークル内では周知の事実で、俺とM美が並んで飲んでいるのを邪魔するヤツは誰もいないんだが、今回は勝手が違っていた。

「せんぷぁ~ぃっ、俺と同郷って聞いたけどホントッスかぁ?」

「あー、**県って言ってたっけか。中高どこよ?」

「◯◯中学の△△高校っす!」

「マジで!?」

思いも寄らず俺は新入りと盛り上がり、気が付くとみんな酒がいい感じに入ってベロベロになっていた。

(そういやM美は?)

姿を探すと女連中が固まってるグループの中にいた。
見ると男もチラホラ混じっているようで、見るとナンパな新入生な野郎が年上女性を一生懸命に持ち上げているようだ。

(まぁあんな野郎がM美に言い寄ったとして、M美は俺にベタ惚れだしな)

そう思いつつも、万が一ということも考えて、俺はトイレに行くついでにM美を廊下まで連れ出した。

「分かってると思うけど、ナンパされてもちゃんと断れよ」

「大丈夫だってー。それに今日は送ってくれるんでしょ?」

「当たり前だろ。今日は泊まっていくって話だったじゃねーか」

「あはは、そうでしたー」

結局その日は何事もなく歓迎会は終了。
約束通り、俺はM美のアパートに泊まって2発やった。

次の日、サークル内のダチ2人と昼飯を食べに行って、昨日の歓迎会で新入りのあの女の子は可愛いかったとか、品定めの話をラーメン食べながらしたんだが・・・。
俺的にはM美がいるから女のチェックは必要なし。
むしろ、M美に言い寄りそうな男がいないかのチェックだ。
女のグループに入ってたナンパ野郎はM美も敬遠してたから大丈夫として、後は男前も特にいなかったし大丈夫かな。

「・・・でさぁ、男で1人、可愛い系のヤツがいたろ?」

(なぬ?)

そういえば・・・あぁ、いたような。
Oって名前だっけ?
母性本能をくすぐりそうな雰囲気だったなと、なんとなく覚えてるけど、M美は年下系のあーいうのはタイプじゃないし大丈夫だろ。

それから1ヶ月くらい経った頃、俺にダチから電話がかかってきた。

「よう、なんか用か?」

「昨日さ、隣町でM美ちゃんとOみたいな2人連れを見たんだけど。いや、人違いかもしれないけどさ、気になって。昨日M美ちゃんはどうしてた?」

「どうって・・・」

そういえば友達と遊びに行くとか聞いたような・・・いや、まさか。

「昨日は夕方から会って晩飯食ったぞ?」

「じゃあやっぱり気のせいか。余計な世話だったな」

ダチに心配をかけまいと適当な嘘で誤魔化したが、俺の胸の中に疑惑の種が生まれ、それは時間が経つにつれてムクムクと育ち始めた。

M美の好みって俺みたいな男臭いのだよな?
M美に限って。
そういえば今日は会えないって日が最近何日かはあったけど。
絶対浮気なんてありえない!
でも・・・もし浮気してたら。

次の日、余計な考えは吹き飛ばそうと、M美に会った時にさりげなく聞いてみた。

「あのさー、一昨日お前、隣町まで行ってたのか?お前を見たって聞いたんだけど、どこかいい店でもあるのか?」

「え。誰に聞いたの?」

「誰って、Kだけど?」

「そう・・・う、うん、Tと一緒だったけど、女物の服の品揃えがいい店があってね、それで・・・」

後の話がどうだったかはよく覚えていない。
俺は適当に相槌を打ちながら、M美が嘘をついたこと、本当に浮気をしているという事実に激しくショックを受けていた。
すぐさま追求して白状させても良かったのだろうが、ショックのあまり俺は何もできずに普通にM美と過ごした。
それからM美を抱いても今までのようには行為に没頭できなかった。

(この体をOにも抱かせているのか?)

そんな、どこか冷ややかな俺が心の中にいた。
次第に俺の心が冷めるにつれてM美とは距離を置くようになっていって、ある夜M美から電話がかかってきた。

「最近冷たいじゃない!次、いつ会うのよ!」

激しい口調のM美に俺もカチンと来て、つい言い返してしまった。

「俺と会えなくてもOと遊ぶから大丈夫だろう!?俺を裏切りやがって。次どころかもう会えなくていいよ!」

「な、何、言ってるのよ?」

「何って、浮気する女とはもう付き合わないって言ってる」

「ちょ、ちょっと待って!」

「何を待てって言うんだよ?別れるのをか?俺はもうお前とは嫌だ」

「ごめんなさい、別れるなんて言わないで!お願いだから私を捨てないで。私が悪かったから・・・」

「じゃあ説明しろよ、Oとはどういう関係だったか」

「うん・・・」

話をまとめるとこうだ。
可愛い系のOをはじめのうちはM美はちっとも気にしてなかったんだが、サークルの仲間内で何度か会ってるうちに好きなアーティストの話で意気投合して、カラオケでそのアーティストの曲は上手いと自信たっぷりに言うOに、M美がじゃあ聞かせてみろ!という流れになったらしい。
さすがに2人きりでカラオケはヤバいと思い、カラオケ好きの女友達も呼んで3人でカラオケに行くことになった。
当日、待ち合わせの時になって、友達が遅れるとの連絡が入り、しょうがないからとOとM美で先にカラオケに入ることになった。
Oのカラオケの腕前は相当のものだったそうで、M美の好きな曲をセレクトして唄い、M美が惚れ惚れとしていると恥ずかしそうに隣の席まで移動して来て、恐る恐る肩に手を回してきた。

『この子、恥ずかしがり屋なのか積極的なのか分からないなぁ・・・』なんて思ったら胸にキュンと来たそーな。

どうするのかと様子を見ていても、それ以上のことをしてくる様子はない。
回されている腕もぎこちなくて、焦れったくなったM美が・・・。

「・・・キスしようよ」

Oをリードしてキスをしたら、「実はファーストキスなんです。ありがとうございました」と恥ずかしそうに頭を下げられて、惚れてしまったらしい。

女ってのはいつどこでどうなって誰に惚れるか分からないものだ。
後から女友達も来てその日は何事もなく帰ったが、M美の携帯にOから電話がかかってきた。

「あんな事するから好きな気持ちが止まらなくなっちゃいました。M美さんが好きです、大好きです!」

「嬉しい!」

って感じで付き合いはじめて、つーか俺と付き合ってるんだから浮気だよな。
次の週末に2人でデートして、しっかりOの童貞もその日に奪ったらしい。
しかも騎乗位で1回した後、正常位、バック、休憩して69、手マン。
一晩で思いつく限りのエッチをやって、何回イカせたか、何回イッたか分からなくて、次の日、アソコは使いすぎでヒリヒリするわ、腰がフラフラするわで大変だったそーな。
俺とのセックスで、そんな事になったことないのに・・・。

そんな話を聞いている俺の心には悲しみなんてちっともなくて、怒りと性欲が渦巻いて居ても立ってもいられなくなり、M美を呼び出すと問答無用で抱いた。

「俺よりもOとのセックスが良かったのか?」

「そんなこと・・・ないっ」

「正直に言わないと抜くぞ?」

「あっ、嫌ぁっ!・・・私とエッチしてO君が上手になっていくのが楽しくて。ね?だから突いて!もっとして!離れないで!」

「じゃあOとは別れるんだな?」

「別れる、別れるからぁっ!」

結局、M美とはその晩3回やった。
怒りに任せて女を抱くと、なぜか異様に興奮して新鮮な感動がある。
そんなことを、やった後にぼーっと思った。
M美は「Oと別れる」と言って帰っていったが、何も連絡がないまま数日が経ったんで問い詰めたら、直接会って話したら泣きつかれて情が湧き、そのままズルズルとエッチしてしまい、次のデートの約束までしたそーな。
さすがに俺も愛想が尽きて携帯も拒否にした。

その後、サークルで顔を合わせることもあったが、シカトしているうちにOとM美はサークルを辞めた。
さすがに大学までは辞めなかったようだが、共通の友人から話を聞いた限りでは、しばらくOとの関係が続いた後、M美の熱が冷めてOは振られたらしい。