大学生時代、とある趣味を通じて知り合った札幌在住の3歳年下の女A(17歳)がいた。
初めて旅行に行った時に会ったが、まぁまぁ可愛かった。

当時は真面目で堅物な彼女がいたが、その子はギャル系。
おっぱいはデカいし可愛いし、何より17歳とは思えないエロさがあった。
その時は彼女がいたし、彼女が大切だったし。
他の女を抱いて快楽を求めようなんて考えは全くなく、何もせずに別れた。

じつは2人で会っている時、彼女から電話が来たんだ。
女の勘ってすげーのな。
マジでビビッたわw
なんとか誤魔化し、その場をやり過ごす。

翌日以降、いけないとは思いつつも心がワクワクして、旅行中もその子とずっとメールを続けながら半年が経った。
正直、気になりはじめていたんだと思う。
それからというもの、彼女との些細なケンカが続き、ほとほと飽き飽きしていた。
それから約半年後、俺は彼女と別れた。
その時もAに相談したり、向こうに彼氏がいたがお互いの恋愛の話をしながら時折連絡を取っていた。

もともとAは母子家庭で育ちが悪く、ヤンキー仲間が非常に多いことから高校を退学になるほどのやんちゃぶり。
必然的に彼氏にもDQNが多く、毎度毎度(3ヶ月~半年周期で男が変わるw)苦労をしていたようで不憫でならなかった。

そんな中で知り合った彼氏。
どうもこれが、いい奴でなんだが相当なバカ。
自分がギャンブルで作った借金の数百万をギャンブルで返そうとして、また借金を増やす大バカ野郎。
俺と同い年らしいが高校を出ておらず、ススキノでホストをやってはバックレ、バイトをはじめては店長とケンカしてクビ。
それでもAは本気で惚れていて、助けてあげて更生させて一緒になりたかったようだ。
借金を返す為にキャバクラでバイトをし、コツコツと働いて返していたそうだ。

それから約半年後、もともとバイクが大好きだった俺は学生最後の思い出作りのため、北海道ツアーを企画。
大学の気の合う仲間同士で約2週間の長旅に出かけた。
船で上陸したライダー、長距離トラックさんならわかると思うがフェリーだと苫小牧、函館あたりがメイン。
俺は函館に上陸。
フェリーで到着した最初の日に電話で話した。

Aはひとつ年をとって18歳になった。
前々から聞いていたが、そんな男と本気で付き合っていると、当然絡んでくるのはお金。
お金が必要だと手っ取り早く大金が手に入る仕事、そう風俗業。
2~3ヶ月続けたらしいが、体調を崩して辞めたらしい。
今はキャバクラでバイトをしていて、バイト上がりに電話をかけてきた。
札幌に来た時はぜひ会いに来てと言う。

俺「てめーw売上かw」

A「うんw」

俺「行ったことないし、行ってみるかなー」

それから北海道の自然を満喫しつつ向かった札幌。
それから札幌に着いてお茶。
普段から連絡を取り合っていたので近辺の話は知っている。
今夜はバイトがなく、飯を一緒に食ってホテルで話をすることに。
友人への体裁を保つためにAと一緒に同じ趣味の連れ17歳(♂)を呼び、話し込む。
ところがコイツら、夜中になって帰らないw
疲れた俺はいつの間にか寝る。

朝、起こしに来る友人。
ビジネスホテルだったが、お互いの部屋を行き来していたので鍵は開けてあった。

友人「お、おい。お前w」

俺「ん・・・おはよう」

(!?)

隣でAが寝てやがるw
17歳(♂)は帰ったらしい。

友人1「お前らやったのかw」

友人2「プギャー!!」

いやいやいやいやwww
全く知らないwww
俺寝てたしwww

当時は頭が固かったというか、こんなシチュエーションに慣れてなかったんだろう。
今なら確実にやってる。

その日は札幌で遊ぶことになり、友人達と一緒に小樽に行ったりと訳のわからないことになった。
そしてその夜。
部屋で寝ていたら、バイトが終わったAから電話があった。
これから部屋に来ると言う。
部屋に招き入れて飲み直し、色々と話していたが俺は再度眠くなる。
布団に入って寝る体勢に入った。

A「1人にしないで」

俺「寝るだけだから大丈夫だよ」

ハラハラ&興奮したが、期待しているのかなんだか寝付けない。
突然ベッドがドサッと揺れた。
Aが笑顔でベッドの中に入ってくる。
こんなこと、したことがないから心臓はバクバク。
胸に手を当てられてパニックに陥る俺。

A「ねぇ・・・触って」

すみません。
もう無理です。
今までいけないと思いつつ我慢してましたが、もう無理です!

ディープキスをしながら胸を揉む。

A「はぁ・・・はぁ・・・」

かなり感じているようだ。
思い切って服を脱がし、ブラジャー越しにおっぱいを見る。
想像以上にデカい。
後から聞いた話だがEカップらしい。

そのままむしゃぶりつくように乳首を吸い、舐め回す。
相手はもうアンアン言ってる。
パンティの上からマンコを擦ると、もうジメジメ。
上から撫でつつ時折指を入れると、もうグチャグチャ。
いよいよパンティを脱がして真っ裸に。
今まで断片的にしか見てなかったので気づかなかったが、相当いい体。
腰はクビレまくり、おっぱいはデカい。
そして北国の女特有の白い透き通った肌。
興奮した俺はマンコをグチョグチョに掻き回した。

A「あぁぁ!!あぁぁぁぁダメ!!!・・・」

ビクビクしてる。
どうやらイッたらしい。
恥ずかしい話、21歳の今まで2人しか経験がなかった俺はセックスが下手くそで女をイカせたことがなかった。
女にも個人差があることを初めて知った。

いよいよ挿入。
今まで経験したどの女よりもグチョグチョになっている。
まあ2人しか知らないがw
正常位で腰をフンフン動かす。
狂ったように喘ぐA。
今思うとコイツも相当な数を経験しているのだろう。
この年にして敏感過ぎ。

続いてバック。
白くてきれいなお尻をガンガン後ろから突く。

A「んあぅ!んあぅ!んあぅ!」

引くくらい声がデカい。
だんだんぶっ壊れる俺。
騎乗位へ体位を変え、自分で動かせてみた。
プルンプルン揺れるおっぱいがたまらなくエロい。
最後は正常位でフィニッシュ。

その後、結局俺はAと付き合うことになった。
お互いに飛行機に乗って会いに行ったりして常に連絡を取ったりしていたが、相手の浮気&自分の未熟さで3ヶ月で別れた。
さらにその後、Aは俺の友人(一緒に北海道行った奴)と別れては復縁。
俺より深く関わっていたらしい。

ずいぶんと前フリが長くなって申し訳ない。
当時、別れた時は色んなことが重なって罵り合いもした。
それは酷い別れ方をしたので全く音信不通で、相手が何をしているか全く知らなかった。
その後、仕事で札幌へ行くことが何度かあったが、会ってもいない。

そんなある日、Aから突然のメールがあり、たまたま出張の予定があった俺はその日に会うことになった。
身の上話をしながら酒を交わす2人。
その後は自然と付き合ってる時と同じような流れになった。
ホテルに入り、抱き合う。
付き合っていた頃と同じ感触。
お互いにシャワーを浴び、ベッドの中へ。
最初はゴロゴロしながらイチャイチャしていたが、次第にお互いの性器を舐めあい、69の形になったw
なぜそんな流れになったのかは今も理解できないw

しかもコイツ、それからも風俗を続けていたようで、テクニックの向上が半端じゃない。
ジュポジュポと音を立てながら俺のペニスを貪るようにフェラチオを続ける。
体勢を戻し、胸を見る。
白い透き通った肌。
昔を思い出しながらなめ回す。
同時にマンコに手をやり、耳も刺激しながら愛撫。
昔よりは静かになったが、声を静かに出す。
なんともいえずエロい。
何年も見ない間にずいぶんとまた・・・。

そして挿入。
以前より緩くなったマンコを昔のように突き立てる。

A「アンッ!あぁぁぁ!!気持ちいい・・・」

体の相性ってあるんだろうか。
今でも思うが、今までやったどの女よりも気持ちいい。
正常位からバック、座位、側位、騎乗位と続け、筋トレして身につけた新ワザ駅弁を発動。
マジで気持ちいい。
背面騎乗位で下から突くと鏡に移るAが見える。
自分でもおかしくなりそうなくらい興奮してる。

A「あぁぁ!!◯◯!!◯◯!!」

今の彼氏の名前だろうか。
男の名前を連呼している。
悪い女だ、やっぱり別れてよかった。
さらに火がつき、今度はバックから突きながら体を起こして乳首を摘みながら胸を揉みまくるとぎゃぁぎゃぁ言ってた。

最後は正常位。
途中でイッてたが、構わずガンガン責める。
頭から足まで体全身がビクンビクンしてたw
もう限界だったので高速で腰を動かしフィニッシュ。

終わってから、正確にはセックスが終わるまで考えないようにしてたが、俺はコイツのことぶん殴りたいくらい嫌いだったんだよね。
あれから4年、これだけ時間が経てばさすがに何も思わない。
時間は偉大だ。
あ、俺がバカなだけか。

今となっては笑っちゃう話だが、あのときは興奮した。
元カノとのセックスってめちゃ興奮するのな。
俺の体験談はこれで終わりです。