どこかで自分と似た体験談を読んだので、俺も書きたいと思います。
俺は30歳の時に当時18歳の嫁(まなみ)と知り合い、19歳の時にデキ婚をしました。
出会いの経緯ですが、俺が教えてる総合格闘技の道場に護身術を習いに来て、まなみから告白してきて付き合うことになりました。
俺の外見はかなり怖く(笑)、坊主頭で筋肉質なゴリマッチョ。
そんな外見に似合わない紳士的な態度に惚れて、一大決心で生まれて初めての告白をしたそうです。

まなみは清楚な感じで、本上まなみ似の美人でスタイルも良く、処女でした。
時間を掛けて仕込み、セックスの良さを覚えた頃に妊娠が発覚。
すぐに籍を入れて、まなみの実家の近くにマンションを借りて暮らすことになりました。
デキ婚でしたが向こうの両親には喜ばれ、怒られるどころか歓迎されました。

そして、ここからが本題です。
まなみには16歳の希という妹がいて、姉に劣らずかなりの美形でした。
佐々木希似のスレンダー美人で、姉とは違って積極的な性格で、俺にもすぐ懐き、当然モテたから男慣れをしていました。
ちなみにまなみは正反対で、モテたけど男が苦手でした。

希は姉と仲が良く、しょっちゅうマンションに来ては雑談や食事をして、時には泊まることもありました。
安定期まではセックスできないので、性欲の強い俺は苦しかったんです。
なんとか安定期になるまで我慢をして、落ち着いてからはフェラも軽めのセックスも解禁されましたが、全然物足りませんでした。

そんなある日、希が制服で遊びに来て、あまりの可愛さに胸や足を凝視してしまい、少し勃起してしまいました。
希と目が合い、慌てて目を逸らして誤魔化しました。
その夜は希は泊まり、嫁が風呂に入ってる時に・・・。

「お義兄ちゃん・・・さっき私の身体を見てたでしょ?お姉ちゃんが妊娠中だから満足にやれないんでしょ?」

そう言うと小悪魔みたいに微笑み、「抜いてあげようか?」とフェラのジェスチャーをしてきました。
俺は焦りながら、「無理だよ!そんなこと頼めないよ」と言うと、「でも、そこは限界みたいよ」と勃起したチンポを指差しました。
すっかりバレていました。

「言わないから大丈夫だよ」

希はソファーの俺の隣に座り、ファスナーを下ろし、細い指でチンポを触ってきました。

「わっ!凄いよ」

俺の目を見て微笑む希。
ボロンとチンポを出すと・・・。

「うわ~っ!黒いし、何この形?大人のおチンチンって凄いね」

俺は口だけの抵抗をしましたが、ギンギンに勃起してしまい、希が軽く扱いてくれるだけでイキそうになりました。
すると希は「時間ないから」と言うと躊躇なく咥え、小さい口に目いっぱい頬張りました。
その視覚だけでもやばいくらい興奮しましたが、希の口の温かさと舌の動きはたまりませんでした。
希は俺の顔を見ながら頭を上下に動かしました。
器用に舌を絡めながら扱かれ、だんだんとスピードを上げていきます。
美少女にフェラをしてもらっている光景とあまりにもの気持ち良さで、すぐにイキそうになりました。

「希ちゃん、イッちゃうよ!」

抜こうとすると両手でお尻を押さえられ、一層激しくされて・・・。

「ああ、ヤバいって!」

そう言うのと同時に口の中に大量に出してしまいました。
希は精液を飲んでくれましたが、多すぎて口からこぼしていてエロかったです。

「お義兄ちゃん溜め過ぎ!それに濃いし、これならお姉ちゃんも妊娠するはずねw」

洗面所でうがいをして戻ってきた希はコーヒーを飲みながら話しはじめました。
要約すると、妻から俺との性生活やチンポのサイズを聞いて、というか強引に聞き出して興味があったのと、俺が結構タイプで我慢してるのが可哀想だったとのこと。
希には俺のチンポがゴツく映ったようでした。
希は経験人数は2人で、1人は同級生で1人は大学生だったそうです。

「やっぱり大人のおちんちんって違うんだね」

そう言って目を輝かせ・・・。

「お姉ちゃんはあんなのが入るんだ・・・」

なんて言ってる時に嫁が帰ってきて、「え、何が入るの?」と言われて2人で慌て誤魔化しました。
希が帰った後でメールが来ました。

『お義兄ちゃん、今度はホテルに行こうね。じつは私も彼氏と上手くいってなくて欲求不満なんだよね♪』

義妹からの誘いです。
迷いながらも希の魅力には敵わず、誘いに乗ってしまい、数日後に会うことになりました。
妻に仕事の飲み会だと嘘をつき、学校帰りの希と合流してホテルに向かいました。
罪悪感はありましたが、小悪魔的な魅力の希の美しさとエロさに負けてしまったんです。
車内ではさっそく希が俺のチンポを触ってきて、チラチラとパンツも見せてきたので我慢なんか出来ませんでした。

コテージタイプのホテルだったので車を停めて部屋に直行。
希は俺の腕にしがみついてきました。
妻よりも胸が小さかったものの弾力があり、それだけでフル勃起してしまい、部屋に入った途端に貪るようなキスをしました。
頭と身体を押さえつけて激しく唇を吸い、強引に舌を入れると希も絡め返してきました。
完全にリミッターが外れてしまい、キスをしながら弾力のある胸を制服の上から揉み、ベッドに押し倒しました。
スカートが捲り上がってパンツが丸見えになり、俺は足を抱えてパンツの上から顔を押しつけました。

「お義兄ちゃん!待って!汚ないから!」

無視してパンツをずらし、陰毛の薄い綺麗なマンコを舐めまくった。
希はかなり敏感らしく、「んあっ!」と仰け反り、マン汁と俺の唾液でぐちゃぐちゃになったマンコを音を立てながら激しく舐めました。
敏感なクリトリスに舌を這わせると「ダメっ!」と叫び、激しくイッてしまいました。
息を切らして目が虚ろな希。

「ゴメン・・・我慢できないわ」

ゴムを付けて、制服を着たままの希に正常位で挿入しました。

「ああっ!すごい!」

狭い希のマンコにメリメリと埋もれていき、希は声も出せないまま眉間にシワを寄せます。

「希ちゃんのマンコ、すごくキツいよ」

ゆっくりとピストンを開始。
妻もキツくて絡みついてくる極上マンコですが、希のはさらにキツく、締め付けもすごかったです。
俺は夢中で腰を振り、かなり激しく突きました。

「ひぎぃー!お義兄ちゃん、壊れちゃうよ!」

絶叫する希の足を抱えて奥まで突きました。
20分くらい突いて、希は何回もイキました。

「ゆるひて!おかひくなっちゃうよ~!」

最後の方は呂律も回っていませんでした。
俺もイキそうになったので一段と激しく突くと、希は「あーーー!」と叫び、ガクガク震えながら潮を吹いてイッてしまい、その激しい締め付けに俺もイキました。
少し落ち着くと、希からキスをしてきて、「すごかった」と言って抱きついてきました。
しかし賢者タイムになると罪悪感が湧いてきました。
ゴムの処理をしてるとき、激しい後悔が襲ってきました。
しかし希の魅力には抗えず、今もずるずると関係を続けています。