私35歳、妻32歳、子供12歳と11歳。
妻とは月に3回ほど性行為をする普通の夫婦です。
ただ、飽きと言うか、他の奥さんにムラムラ来ることが多く感じられる今日この頃。
そんな私たち夫婦のつい最近の出来事を話したいと思います。

その日、子供達は夏休みということで、妻の実家にお泊り。
妻と2人で近くのデパートへ出かけた。
その日は、特に暑く女性はみんな薄着で、その姿にムラムラ来ていた。
妻と店内で別れ、それぞれ自由行動に移った。
いつも買い物はこんな感じで、私は店内で女性のパンチラを求め歩くのが楽しみでもあった。
見れば多くの奥様が薄着にスカート姿、無防備状態で買い物に夢中だった。
ちょっと短めのスカートを穿いた女性を見つけると、チャンスを窺って歩いていた。
そんな女性の後ろには私と同じような考えの男性が群がる。

何人かの女性のパンチラを楽しんだ後、エスカレーターを上っていると、男子学生2人が話しているのが聞こえてきた。

「この上・・・すごい丸見えでさぁ、パンティが透けてるんだよ」

「本当か!」

その言葉に私も彼らの後をついて行くことにした。

「ここだよ、そこの椅子に座ってみようぜ」

なんとなく近くに立って私も確認することにした。
カウンター席なのか、椅子が外側に向かって設置されており、足元は見えるが上半身は曇りガラスで顔は確認できない。
その椅子にタイトスカートで座る女性が見えた。
ムチッとした足が色気をムンムン醸し出していた。
そして、その足の間にピンクっぽい色のパンティが・・・。
しかも透けていて、薄っすら黒っぽい毛が透けていた。
女性は全く気付くこともなく、時おり足を動かすが、その時に足が開き、パンティがばっちり見える。
見れば、学生2人の他にも中年男性数名がチラチラと見ているのが分かった。

「な、すごいだろ!こんな機会なかなかないぞ!」

「そうだな!しかもエロい足だよな!ムチムチじゃないか」

そんな話し声を聞きながら私の股間も大きくなるのが分かった。

“カッシャ”

「お前、撮影したのか?」

「あぁ、こんなチャンスは滅多にないからなぁ」

そんな学生を横目に他の男性たちもポケットから携帯やスマホを取り出す。
我先にと言わんばかりにカメラやビデオ動画で撮影が行なわれていた。
もちろん私もこっそりカメラで数枚撮っていた。
ズームアップで、透け透けのパンティとその奥の毛まで写っている。
そのとき携帯が鳴った。

「はい、もしもし」

妻からだった。

「今、どこ?」

「ん~、本屋?」

「そう。そろそろ時間だけど?どうする?」

「ん~、もうちょっとしてからでいい?」

(こっちは忙しいんだ!)

「じゃあ、もう少ししたら電話するね」

興奮がちょっと覚めたが、目の前のパンチラを見てまたドキドキしていた。
女性が足を組み、ちょっと見えづらくなったが、足のムチムチ感は増している。
男たちはみんな釘づけになっていた。

「俺、ビンビンだよ!」

「もう我慢できないよ」

学生が股間を押さえながら椅子から立ち上がり、ガラスの方へ歩く。
ガラスの近くでカメラ撮影!
さすがに若い。
おじさんにはマネできない。
羨ましかったが我慢した。

組んだ足を戻す女性だったが、数秒間大きく股が開き、股間が丸見えに!
シャッターチャンスとばかりに、みんなが撮影していた。
女性が立ち上がり、店を出るようだった。

「よし、顔を確認しようぜ!」

「ブスだったりして・・・」

学生たちは出口の方へ向かった。
もちろん他の男たちも出口へ向かい、私もこっそり後ろを追った。

「お~、めっちゃ好み」

「すげぇ美人。超ラッキー」

そんな声を聞きながら期待して覗き込み、愕然とした。
妻だった。
目が合わないように私は男たちの陰に隠れて反対側に歩き始めた。
ふと我に返って冷静に考えると、自慢の妻だと再認識した。
結婚する前は、綺麗な彼女をゲットして有頂天だったのに、マンネリな生活の中で妻の魅力を忘れてかけていた。
同時に、男たちの性の対象にされていた妻に興奮を覚えた。

また携帯が鳴った。

「もしもし」

「私。今どこ?待ち合わせしよう」

妻の方を見ると、さっきの男たちがまだ後を追いかけているのが見えた。

駐車場で待っていると妻が歩いてくるのが見え、助手席に乗せるとすぐに走らせた。
妻のスカートを捲り上げて下着を確認して股間を熱くした。
帰宅後はもちろん、すぐさま妻を抱いた。
妻の良さを再認識することができた1日だった。