俺は網タイツやパンティストッキング大好きな、パンストフェチの40代のサラリーマンです。
目の前にパンストを穿いた女性がいるだけで興奮する変態なんです。
そんな俺の最大の喜びが、脱いだパンストをチンコの竿に巻きつけて、パンストオナニーすることです。

最初にこんなことをしたのは中学の時でした。
俺より2歳年下で当時小6だった妹が学校にパンストを穿いて行った時からです。
当時の小学生は、早い子では5年生くらいになると、寒い時期になるとパンストを穿くこともそれほど珍しくなかったのですが、まさか妹がパンストを穿くなんて夢にも思ってませんでした。
もちろん、それまで妹に対して女を意識したことなんてありません。

ところが、妹が真っ白のパンストを穿いて学校に行く姿を目にした時、初めてJSの妹に女を感じたんです。
学校に行っても清純な真っ白のパンストを穿いた妹が頭に焼き付いて離れませんでした。
今では白いパンストは珍しいと思いますが、当時は普通でした。

俺が学校から帰ると妹はもう帰っていて、パンストを穿いたままでした。
いつもは学校から帰ったら、靴下は脱いで素足になっているのだけど、初めて穿いたパンストが気に入ったのか、妹はパンストのままリビングでテレビを見ていました。
俺も一緒にテレビを見るふりをして、気づかれないように妹のパンスト脚を眺めました。
眺めながら悶々としました。

夕食を食べ、風呂に入る時、俺の人生を変える出来事が起こりました。
脱衣場に洗濯機があったのですが、洗濯物を入れるかごに、妹がつい先ほどまで穿いていたパンストが入っていたのです。
心臓がドキドキして生唾が出ました。
妹は寝たようだったし、父は出張中で、母は町内会の寄り合いで遅くなると言っていました。

俺は風呂に入るのをやめて、妹のパンストをポケットに入れて部屋に戻りました。
パンストをポケットから取り出し、観察しました。
反対側の景色が透けて見えるほど薄い繊維にびっくりしました。
真っ白のパンストのつま先だけが、少し黒ずんで汚れてました。
踵や膝の部分の繊維が伸びて、妹の脚の形を残しています。

恐る恐る匂いを嗅いでみることにしました。
まず、つま先を嗅ぎました。
思っていたような嫌な匂いはなく、スニーカーのゴムの匂いがしました。
次に脛から上の部分を嗅ぎました。
独特のいい匂いがして、俺はもう我慢できなくなりました。
股の部分も嗅ぎました。
なんだかチーズの腐ったような臭いで、まだ中学生だった俺が興奮する匂いではありませんでした。

股の部分以外を丸めて鼻に強く押し当て、何度も匂いを嗅ぎました。
そして下半身素っ裸のまま、パンストの匂いを嗅ぎながらオナニーしました。
あまりにも興奮しすぎて、後先考えずに、(このままパンストに出しちゃいたい)と思いました。
果てる寸前に、鼻に押し当てていたパンストを勃起したチンチンに押し付けました。
真っ白なパンストに大量の精液をぶっかけてしまいました。

(俺は今、妹の穿いたパンストを犯してるんだ)

ドクドクと射精しながら俺は思いました。

でも、射精して冷静になってからは大変でした。
母が帰ってくるまでにパンストについた精子を拭わなければなりません。
なんとか目立たない程度まで拭って、元あった洗濯かごに返しておきました。

これがパンストオナニーを始めるきっかけなのですが、その後も俺は妹のパンストは何度となく犯しました。
普通のオナニーの何倍も気持ちいいパンストオナニー。
あの日、当時JSの妹のパンスト姿を見て、俺の性癖が開花してしまったんです。