<登場人物>
僕:35歳。
友人:29歳。
由美:友人の奥さん、29歳。

取引先の友人宅に招かれて、友人夫婦と他の男女の友人と宅飲みすることになった。
取引先の友人たちと言っても出張先なので、僕だけは宅飲みの家に泊めてもらうことになっていた。
宴は進み、家主である友人が酔い潰れた頃からフェードアウト気味にお開きとなった。
当然、残ったのは僕と家主の奥さんである由美ちゃん。
酔い潰れてリビングで眠る家主である友人。
彼は酒を飲んで眠ると起きないことは知っていたので、なんとか寝室まで運んで寝かせておいた。
正直、この時点での下心は全くなかった。

散らかったリビングを由美ちゃんと2人で片付け終えると、睡魔が襲ってきた。

由美「ありがとうございます。ってか、手伝わせてゴメンなさい」

僕「いいよ、みんな酔ってたからね。それに俺以外は明日も午後から仕事だし」

なんて話しながら、泊まることにはなっていたものの、気を遣って帰るつもりでいた。

由美「今、毛布とか持ってくるけど、ソファで大丈夫ですか?」

僕「ありがとう。でも今日は帰るよ、昨日までのホテルに戻れば大丈夫だし」

由美「いやいや、遅いし、泊まってくださいよ」

正直、帰りたかったので、切り替えるために洗面所を借りることにした。

僕「由美ちゃん、洗面所借りていい?手を洗いたい」

由美「いいよ、場所わかる?そこのドア」

一瞬、タメ口になった由美ちゃんが可愛いなんて思いながら、洗面所に向かった。
ドアを開けると、どこにでもある浴室の脱衣所と一緒になった洗面所。
ふと気付くと、下着が干してあった。
深い青に白の水玉。
ラッキーなんて思いながら手を洗っていると・・・。

由美「タオルなかったよね?あっ?」

僕「あ、ありがとう」

由美「ゴメンなさい、下着・・・」

気まずくなるのが嫌だったので冗談でかわそうと思った。

僕「あっ、ラッキーだと思ってたよ」

由美「恥ずかしー」

僕「なんで?可愛いじゃん?」

正直、由美ちゃんは可愛い。
何度かオカズにしたこともあった。

由美「どーせなら、他のを干しておけば良かったw」

僕「他にも可愛いのがあるんだ!これ、いらないならちょうだいよ」

由美「だめだよー。貰ってどーすんの?」

ここでスイッチがオンになった。

僕「それは内緒。他にも可愛いのがあるなら見せてよ」

由美「恥ずかしいけど、見たい?そこの引き出し」

側にあったタンスの引き出しを開けると、可愛い下着が沢山入っていた。

僕「由美ちゃん、ちなみに今は何色?」

なんて言いながら抱き寄せたら身を委ねてきた。
当然、ベロチュー。
柔らかくて甘味すら感じた。

由美「起きないよね?」

僕「大丈夫?」

そこからは、その洗面所で憧れの由美ちゃんをたっぷり楽しんだ。
腰を振りなから・・・。

僕「由美ちゃん、俺のオカズなんだよね」

なんて言ったら嬉しかったらしく、キツいベロチューを貰った。
さすがに中出しはしなかった。

由美「また2人で会いたい」

僕「いいよ」

翌日は、家主である友人は仕事で、僕は出張先での休日になっていた。

僕「◯◯ホテルだから、時間が空いたらおいでよ」

由美「やったー」

携帯番号を教えて、翌日の服装を指示して僕はホテルに戻った。
当然のように翌日はホテルでたっぷり楽しんだ。

友人には申し訳ないが、今でも関係は継続中。
出張先なので本当に時々しか会えないけど。
オカズに使える画像付きのメールをくれたり、電話が来る時は家に1人でいる時なのでテレフォンセックスをしたりしている。