数年前、夏のある日のこと。
お盆休みに帰省することもなく、近所をドライブしていた時の出来事。

暇潰しに古着とかゲームでも見ようと、田舎の国道沿いにありがちな大型リサイクルショップに入った。
なんとなく店内をブラブラしていると、レディースの古着コーナーにいる1人の女の子に目が行った。
服装は黄色のキャミソール、デニムの超ミニスカートにサンダル。
ガングロギャルってまではいかないけど、露出の高い服装から覗く日焼けした肌が生々しい。
特にミニスカから伸びた足は男心を誘うエロさがあった。

その時、俺には彼女がいたし、社会人になり数年経ってナンパからも遠ざかっていたが、久々にムラムラとした気分が湧きあがってくるのを覚えた。

とりあえず顔を見ようとなんとはなしに近付き、彼女の前に足を運ぶ。
正直、すごく可愛いとは言えない。
ただ、愛嬌を感じる顔立ちと、お世辞にも上手いとは言えない化粧が逆にエロい雰囲気を醸し出す、そんな印象だった。

店内では距離を取りつつ、女が店を出るタイミングを待って後を追った。
チャリで来ていたらしく女は駐輪場の方に向かう。
そっちは人目が減る方向で、こっちもありがたかった。
女を追いかけ、声をかける。

「ねえ、今から少し時間ある?俺、暇してるんだけど、ちょっとドライブでも付き合ってくれない?」

我ながら声かけは超普通w
まぁナンパは、どんな入りでも相手にその気があれば乗ってくるし、脈がなければこっちがどんなに頑張ってもNGだとは思う。

「可愛いしスタイルもいいから見惚れちゃって」

などと調子のいい会話を数分。
ついに折れる女。

「じゃあ、ちょっとだけなら・・・」

心の中でガッツポーズしながら女を車に導く。
ドライブ序盤は名前とか年齢とか当たり障りのない会話をしながら適当に車を走らせる。

高校中退の19歳。
地元の先輩の紹介でスナックみたいなとこでバイトしてるフリーター。
まぁそんなスペック、典型的な田舎ヤンキー崩れw

車内ではそれなりに盛り上がって話してたから、調子に乗って「足、綺麗だよね~」とか言って手を伸ばしたらメチャメチャキレられた。

「勝手に触ってんじゃねーよ、バカ。キモいんだよ!」

酷い言われようだ。
それ以降、向こうは黙りこくる。

(あ~これ失敗したな~、適当に切り上げよう)

心が折れる。
でも、傷付けちゃったかなとも思い、彼女の方をチラチラ見ながらしばらく走ってると彼女が・・・。

「何ジロジロ見てんだよ、変態」

また罵詈雑言が続くのかと凹んだその時だった。

「私のカラダ見て立ててんじゃねーよ、バカ」

そう言いながら俺の股間に手を伸ばしてきた。
突然のことに混乱しながらも、とりあえず事故らないように運転した。
こういう場面では意外に人は冷静になるw

その後、またしばらく黙り込む彼女。

(さっきのは何だったのか?)

そう思いがらも車を走らせる。
どうしたもんかと再び彼女の方に目を向けると、「何?見たいの?」と言って、自分から足を開きだした。
そして、運転中なのに俺の片手を自分の股間に導いた。

「どう?今日の下着は黒のTバック」

などと言いながら下着越しに自分のアソコに押し付ける。
さすがにこれはヤバいと思い、「ちょ、マズイって」と手を引く。
その頃には興奮と危機を両方感じる妙な精神状態になっていた。
俺は無意識になるべく人通りが少ない道へとハンドルを進めた。
少しずつ日が落ちて辺りも暗くなってくる。
車内はなんとも言えない空気に。
そして外が暗くなり、彼女のスイッチが完全に切り替わった。

「こんな人のいない道に入ってどうするつもり?」

そんなことを言いながらキャミの肩紐を自分からズラしてくる。
もともと1本の紐があっただけなのに、そこが肌蹴て見える肩がなんとも言えずいやらしい。
しばらくするとさらに、「気づいてた?私、今日ノーブラなの」と言いながら完全に片方の乳を露出。
しかも対向車線から車が来た時を狙って露出するので、対向車のヘッドライトに当たりいやらしい女の姿が浮かぶ。

こんな卑猥な女を見たのは初めてだった。
次第に俺の頭も壊れはじめてくる。

彼女の胸に手を伸ばす。
すると「ダメ。事故らないようにしっかり運転して」などとかわされ、股間のムズムズが収まらなくなってくる。
そして彼女は、「変な気分で運転して事故らないように出しちゃいなよ」と俺のアソコをジーンズの上から思いっきりしごきはじめる。
もう我慢できない。
ふと、その場所から少し離れたところにホテルがあることを思い出した。
マジで事故りそうになりながらも必死でホテルを目指してハンドルを切った。

記憶を頼りにホテルに到着。
我ながら、あの状況でよく辿り着けたと思う。
田舎によくある1階がガレージで2階が部屋になっているホテル。
空いているガレージになんとか車を入れる。

「こんなにして責任とれよ」

乱暴にディープキス、そして遠慮なく胸を揉みしだく。

「行くぞ」

車から連れ出し、部屋への階段を上る。
ドアを開け、強引に部屋に押し込む。

「もう我慢できねぇんだよ、とりあえず1回抜かせろよ」

彼女をベッドにうつ伏せに押し倒し、スカートを捲りあげてTバックをズラす。
丸見えのあそこはヌレヌレ。
俺もズボンだけ下ろし、前戯もなくバックでぶち込んだ。
さっきまで散々触られていたので、入れるなり射精感がやって来てしまう。
ただ、この快感をすぐに終わらせてたまるかと、必死にこらえながらケツを突く。
それもすぐに我慢できなくなり、慌てて抜いて顔にぶちまけた。
顔にかかった精子を舐めとる彼女。

「これで終わりじゃないでしょ?」

そう言うと射精したばかりのアレを咥え始めた。
ねっとりと絡みつくフェラ。
終わった直後に弄られるムズムズ感が重なり、これまで味わったことのない感覚。
ほどなくして復活。
2回戦は女のカラダを隅々まで味わうべく、あらゆる体位を試した。
それに女も応える。
『獣のようなセックス』という陳腐な表現を実際に味わったように思う。

「そろそろ戻ろうか?」と一緒にシャワーを浴びた。

はじめに『化粧が下手』と書いたが、スッピンはむしろ童顔だった。
エロさが想像できないあどけない顔立ち。
そのギャップと先ほどまでの乱れた姿を思い出し、またムラムラ。
もう部屋を出ようかと着替えを済ましていた彼女を押し倒し、半ば強引に3回目。
今度はロリを襲っているようで、また違った興奮を味わった。

お互いクタクタになりながらホテルを出て、声をかけたリサイクルショップまで送った。
あえて連絡先を聞くのはやめた。
帰り道、冷静になると、怖さが勝っていたからだ。
セックス依存症というのは、こういう子のことを言うんだと思う。
快感で人格が壊れていく入り口を見たような気がする。
とはいえ、彼女と別れた後しばらくは、連絡先を聞かなかったことをすごく後悔した(笑)