結婚して2年目の3月のはじめ、九州の父が脳溢血で倒れたという知らせを受け、金沢から都城の実家に帰った時のことでした。
幸い程度が軽くて大事に至らず、父の体調も順調に回復して、2週間後には金沢に帰ることになりました。
その帰りの新幹線の自由席で彼と出会ったんです。

満員だと覚悟していたのに意外と空いていました。
座席は3号車の一番後ろの窓側のE席でした。
2人掛けの座席の通路側の席に座ったのは、30歳後半のきちんとしたスーツ姿の男性でした。
笑顔の素敵なかっこいい男性で、私より五歳くらい上かなと思いました。
話し方がソフトな爽やかな感じで好感の持てる方でした。
そして私と同じ石川県で小松市の方でした。
おしゃべりも上手な方なので親近感が持ててすぐに仲良くなれました。
旅先で同乗の見知らぬ異性の方とあんなに仲良くなれることに不思議な気がしたくらいです。
それに高校時代の恩師にも雰囲気が似ていて次第に気安くなりました。

ところが新幹線が博多を越えてから異変が起きたんです。
彼は自分の体の上に上着を掛けたんです。
冷房で冷えたのかと思いました。
すると彼の右手が私のスカートの中に入ってきたんです。

(ええっ!!!)

左手でスカートの前のボタンを外して、スカートは緩められました。

「なっ、何を・・・」

その時の彼の自信たっぷりの表情は私には衝撃でした。
通路の反対側の座席にも前の座席にも乗客はいませんでした。
彼に抱いていた親近感が戸惑いになり、彼の堂々とした態度に気押されていました。
上手く言えませんが、親しくなり過ぎて拒絶するタイミングを掴めなかったんです。

困惑しているうちにいつの間にか彼の指は私の体の中に入り、Gスポットに触れていました。
激しい愛撫ではなく静かで、嫌というほど長い愛撫でした。
広島を過ぎて神戸へ。
呆れるほど長い愛撫に私は下着を濡らし、座席で何度も顔の向きを変えたり、腰の位置を変えて無表情のまま悶えさせられました。
何度も感じてしまいました。

京都についた時は敗北感で打ちのめされていました。
まるで彼の言いなりになったように京都で途中下車してラブホテルに連れて行かれ、部屋に入るとすぐに全裸にされました。
新幹線での痴漢行為ですっかり興奮していたので、彼を受け入れてしまいました。
思いきり貫かれて、私は彼にしがみついて大きな声をあげてしまいました。
あんなに興奮したセックスは初めてでした。

彼と不倫関係になったのはその時からでした。