今から10数年前の俺が大学2年生だった夏のこと。
バイト仲間の健から、「海にナンパ行かね?」と誘われた。
ナンパなんかうまくいくとも思えなかったが、健は彼女と別れたばかりだったし、俺は面白半分、付き合い半分で行くことにした。
貧乏だった当時、その金をどうやって捻出したかは覚えていない。
とにかく健と1泊の予定で海に向かった。

「おめーと2人で夜を過ごすのは洒落になんねーな」

俺たちは笑い合っていたが、いざ浜辺につくと凍りついた。
人がいない。
いや、いるにはいるが、ほぼ家族連れ。
言ってみればファミリービーチだったわけだ。

『成せば成る』

昔の偉い人も言ってたし、俺たちなりに頑張ってみた。
余裕で全敗だった。
特に最後に声をかけた娘には彼氏がいて、「なになに、俺の女に何か用?」なんて凄まれてしまった。
それで俺たちは意気消沈。
まだ陽も高いうちから宿に退散した。

これがまたしょぼい宿だった。
描写するのもだるいんで、一口に言うとくたびれた民宿。

「せ、せっかくだから」と俺たちは酒を飲むことにした。

が、民宿の自販機は高い。
というわけで近くの酒屋に向かった。

「今日はあれだ、飲み明かそうぜ!」

無理やり盛り上がってみたものの酒屋がまた遠かった。
しかも帰りは酒が重い。
宿に着いた頃にはお互いクタクタだった。

「か、乾杯・・・」

俺はビールを1缶だけ飲み干すと大の字に伸びた。

「おい」

その時、健が俺を揺すった。

「何よ?」

「隣だよ、隣」

そう言うと健は壁に耳をつけた。
俺も黙ってそれに倣う。
すると、人の気配とともにはしゃぐ声が聞こえた。
女の声だった。
俺たちは部屋の中央に戻ると興奮しながら話し合った。

「女だな」

「だな」

「2人っぽくね?」

「ぽいね」

「男の声は?」

「しなかった」

だが、ここで先ほどの忌まわしき記憶が蘇った。

「他の部屋にさ、男がいるとかあり?」

「・・・ありだな」

事は慎重に運ばねばならぬ。
この一点で俺と健は限りなくシンクロしていた。

「まず男がいるかどうかの確認。これが必須」

確かめるのは簡単だった。
この民宿は、客が食堂に集まって一緒に夕食をとることになっていたからだ。

「いなかった場合、行動に出るよ」

「なんて?」

「んー、『一緒に飲まない?』とか?」

(まんまじゃん・・・)

そう思いつつもこれ以上の案が出るわけもなく、結局それで行くことに決まった。
そして夕食の時間がきた。
俺たちは一番乗りだった。
誰もいない。

「焦りすぎだろ、バカ」

「うるせーよ、ボケ」

そんなやり取りをしていると、徐々に宿泊客が食堂に集まってきた。
カップルらしき2人連れは1組だけで、あとは全員家族連れだった。
まあ安宿なんで、若いのは無理してでもいい所に泊まるのだろう。
そして、お目当ての2人は最後の登場だった。
俺たちは出された物をほぼ食べ尽くしていたため、お茶を限りなくゆっくり飲みながら様子を窺った。
見る限り男の影は見えない。
どうやら女2人客。

この2人、ちょっと年上っぽいけどノリが良さそうだし、結構可愛かった。
1人は髪がソバージュで、肌が小麦色のほっそりした美人タイプ。
もう1人は栗毛色の髪の毛で、肌が真っ白な可愛いタイプ。

というわけで最高の環境が整った。
このチャンスを見逃すわけにはいかないのである。
だが、いざ行動に出ようとしてもきっかけが掴めない。
食堂でナンパするのも正直気が引けた。
ガキどもが走り回っててうるせーし。
というわけで結局、何をするわけでもなく食堂を後にした。

「どうする?」

「どうしよう?」

俺たちは部屋に戻るなり相談した。
が、どうしても下心丸見えで、うまくいくとは思えない。
俺たちは酒を片手にしばらくの間、頭を抱えていた。
どれくらいの時間が経ったか分からないが、それは突然起こった。

コンコン。

部屋のドアがノックされたのだった。

「え、誰?」

俺は首を傾げながらドアを開けた。

「こんばんわー」

顔を覗かせたのは、先ほどの肌の白い可愛いタイプの子だった。

「こ、こんばんわ」

予期せぬ事態に俺は大いに動揺したが、構わずこの子は続けた。

「あのさ、迷惑じゃなかったらなんだけど・・・。あとでちょっと、ここに遊び来てもていいかな?」

「は、はひ」

「やりぃ。んじゃちょっとしたら来るね」

それだけ言うと、その子は自分の部屋に戻っていった。

「・・・信じられねぇ」

そう言いながら振り向くと、健は仰向けに倒れていた。
近づいて顔を覗き込むと、「戦じゃー!戦じゃー!」と呟いていた。

その後の俺たちのチームワークは完璧だった。
敷かれてる布団をさっと丸めて隅に追いやり、素早く場所を確保。
次にゴミを片付けた。
掃除機があったらノータイムでかけていただろう。
こうして酒宴の場は滞りなく準備できた。

果たしてそれから30分もすると、コンコンと再びノックされた。
俺がドアを開けると、「お邪魔しま~す」と2人が入ってきた。
俺の前を通り過ぎる時、香水のいい匂いがした。
2人はビールとお菓子を持参していた。

「いきなりでごめんねー。暇でさー」

「いやいや、俺たちも暇だったんで嬉しいっすよ」

心の底からそう言うと4人で乾杯をした。
2人は思った通りノリがよく、2本目のビールを手にする頃にはすっかり打ち解けていた。

聞くとこの2人、社会人だった。
小麦色の美人系は怜さん、色白の可愛い系は茜さんといった。
2人とも24歳で大学からの友達なんだとか。
なんでもここへは茜さんの車で来たらしく、今日は違う浜辺で遊んでいたとのことだった。
そして一通りこちらの質問が終わると、今度は怜さんが俺たちに聞いてきた。

「なんで男2人でこんなとこ来たの?」

「あ、すんません。ナンパ目的っす」

「やっぱりねぇ~」

2人はケラケラ笑った。
食堂の俺たちの態度からバレバレだったらしい。
正直に言ってよかったと思った。

「おふたりこそ、なんで?」

「んー、なんとなく」

最初こそそんな感じではぐらかされていたが、しばらくすると怜さんが事情を話し始めた。
茜さんは最近彼氏と別れたらしく、「元気出しなよ」と怜さんが海に誘ったんだとか。
だが急な話だったため、いい宿が取れず、なんとか空いていたこの民宿に来たとのこと。
俺たちにとっては降って湧いた奇跡と言えた。

「よし、とりあえず飲みましょう!」

「おう!」

俺たちはガンガン飲み始めた。
しばらくすると、茜さんと健、怜さんと俺という図式が成り立っていた。
健と茜さんは別れた者同士ということで盛り上がり、俺と怜さんは共通の小説や映画の話で盛り上がった。
そして最初に本性を出したのは健だった。

「茜さーん、茜さーん」

甘え声を出して茜さんに絡んでいた。
茜さんも笑いながら。「しょうがないねぇ」と満更でもない様子。
そのうち2人は、「酔い醒ましに散歩してくる」と言って部屋を出てしまった。
残された俺と怜さんは・・・。

「あの2人、雰囲気よくない?」

「付き合ったりして?」

なんて笑いあった。
そして笑いあった後、俺も怜さんと2人きりだということに今更ながら気付いた。

怜さんはTシャツに短パン姿で、スラっとした小麦色の足が綺麗だった。
ほっそりしている割には胸が大きくて、ピッチリしたTシャツがさらにそれを強調していた。
ソバージュの髪は後で束ねられ、細いうなじが色っぽい。
だが残念なことに、怜さんには大学時代からの彼氏がいた。
もっとも卒業してお互い地元に戻ってしまい、月に1回会うかどうかと言っていた。

(どうにかして落としたい・・・)

俺は躍起になっていた。
だが、そこは社会人。
飲み方も知っていたし、ヒラリヒラリとかわされてしまう。
怜さんは確かに酔ってはいたものの、決して潰れるようなことはなかった。
それどころか逆に俺が酔い潰れてしまい、いつの間にか眠ってしまった。

どのくらい眠っていたが分からないが、俺は体を揺すられて起こされた。
目を開けると怜さんが俺の顔を覗き込んでいた。

「・・・起きた?」

「あ、すんません・・・寝ちゃいましたね」

「いいからいいから、ちょっとすごいよ」

そう言いながら、怜さんは壁に耳をつけると俺を手招きした。
(?)と思いながらも、俺は壁に耳をつけた。
すると、何かを打ちつけるような物音が聞こえた。
たまに、「あっ、あっ」という声も混じっている。
そして健も茜さんもこの部屋にはいなかった。

「嘘、あの2人?やってます?」

「うん、やってる」

俺たちは小声で話をした。
いきなりのことですごい驚いたが、それを通り過ぎると、(健と茜さんが隣でセックスしてる・・・)と興奮し、チンコがみるみると勃起した。
しばらくすると健がスパートをかける音がして、「うーっ!」という茜さんの声を最後に静かになった。
俺と怜さんは壁から離れると、「すげぇ・・・初めて人の聞いた」と小声で盛り上がった。
そしてそれが落ち着くと沈黙が流れた。

<続く>