私にはK美という家族ぐるみで仲のいい愛人がいます。
K美とのセックスがいい刺激になってるようで、妻との関係もマンネリ化せずにすんでいる気もします。
もちろん万が一にもバレたらえらいことになるので、そのあたりには十分気を遣っていますが。
ピルを服用しているのは不妊治療の一環だそうですが、こちらとしては願ったり叶ったり。
さすがに中出しはしてません。
というか、必ず「飲ませて!」と言われるのでw
精液って、自分でも舐めたことありますけど激まずですよね?
それを飲んでくれるだけでもすごく嬉しいのですが、K美によると愛液と混じり合うことで独特の味になって、一種の媚薬のようになるそうです。

「美味しいってわけじゃないけど、抵抗なく飲めるし、不思議な快感があるの。精液だけだと不味くて飲めたものじゃないし、飲んでも気持ちよくならないよ?不思議だねw」

ちなみにこれ、実験と称してフェラ抜きされて、味を比べられた時の会話です。

先月の連休、K美夫妻と一緒にキャンプに行ったときのこと。
2日目の昼間、2人で車で買い出しに行きました。
スーパーで食材など買い込んだ後、コンビニに立ち寄り、『?』って顔をしているK美に、「これ買ってきて?」とメモと財布を渡しました。
メモを見ながら車を降りかけたところでK美の動きが止まりました。

「ほら、早く!」

急かすと、恨めしそうな上目遣いでちょっと睨んでから、コンビニに入っていきました。
ちなみにK美買わせたのは、店で一番太い魚肉ソーセージ、コンドーム、レディースコミック(笑)
しばらくして耳まで真っ赤になって戻ってきたK美を車に乗せ、すぐ先の道の駅に向かいました。

「もう、なんて物を買わせるの?二度とあの店に行けないじゃない!」

「次に来るとしても何ヶ月も先だし、問題ないだろ?店員はどんな顔してた?」

「恥ずかしくてそんなの見れないわよ。ばか」

「恥ずかしかっただけ?」

そう言いながらパンツルックのK美の股間に左手を差し込むと・・・。

「見られて感じてたんだろ?なんか湿っぽいよ、ここ」

「ダメ、触っちゃ・・・」

差し込まれた手を両手で押さえ、懸命に抵抗するK美。
そうこうするうちに道の駅に到着。

「ほら、降りるよ。ちゃんと買った物を持ってきて」

もう何をするかはK美にもわかっています。
辺りを素早く見回し、2人で身障者用のトイレに入りました。
中に入るとK美の方からしがみついてきてキスをねだります。
それをはぐらかしつつ股間に手を差し込もうとすると、結構本気で抵抗するK美。

「待って、お願い・・・」

「したくないの?なら帰ろうか?」

「違うの、そうじゃなくて・・・」

「何?ちゃんと言ってよ」

「このままだと染みちゃうから・・・」

消え入りそうな声で言うと、しがみついてきて強引にキスしてきます。
K美の好きなようにさせながらパンツをずらして下着の中に手を突っ込むと、思った通りもう大洪水。
わざとピチャピチャと音がするように触りました。

「すごい濡れてるよ。なんでこんなに濡れてるの?」

「・・・知らないっ」

「いつから濡れてたの?」

「・・・コンビニで買い物をしてた時から」

「どうしてこんなに濡れてるの?」

「だって・・・!あんなモノ買ってるって・・・他のお客さんとか店員さんとか・・・みんなに見られてるって思ったら・・・」

「ただコンビニで買い物をしただけなのにねぇ?」

「だって・・・」

「さすがはドMのK美ちゃん。エッチだね」

「・・・こんなにエッチにさせたのはSさんだからね。責任とってよ?」

そう言うとしゃがみ込み、私のズボンと下着をずり下ろしていきなり咥えます。
フェラでたっぷりと唾液をまぶすと、立ち上がってお尻を突き出し、挿入をねだるように腰をくねらします。
後ろからずぶ濡れのアソコを指で軽く触って焦らしていると、片手を後ろに回して私のモノを掴み、引き寄せようとします。

「ダメだよ。して欲しいことがあるならちゃんと言わないと」

「・・・お願いします。Sさんの太いのを入れてください」

泣きそうな声でおねだりするK美。

「どこに入れるの?ちゃんと言わなきゃ」

「・・・K美のおまんこに入れてください」

K美は言葉責めをすると、どんどん感じて濡れてきます。
その後はお望み通りたっぷり奥まで挿入。

「声を出しちゃダメだよ?」と意地悪を言いながらがんがん突いて、最後はいつものように口にたっぷり出して飲んでもらって終わりました。

ちなみに、K美はちゃっかり替えの下着を持ってきていました(笑)