前の会社は男社会だったのだが(女もいることはいるが、お局様&似たり寄ったり)、一気に若い女性が5人も入ってきた時があったのです。
軽く彼女達を紹介します。

A:目のクリッとした可愛い女性。
B:登場人物の1人。
C:登場人物の1人。
D:文字の如くDカップ、男性陣の注目の的。
E:ドラえもん。

そこでほら、歓迎会ってやつですよw
ごく普通に予約された居酒屋でごく普通に役職クラスを交えた飲み会が終わり、次に餓えた野郎どもが中心になっての二次会のカラオケスナックへ。
案の定、Dちゃんはハイエナの群れに取り囲まれ、それに取り付くようにB、C、Eが混ざり、その外側で俺、Aちゃん、他少数での飲み会になりました。

2軒目ということもあり酔いも回っており、終電が近いという頃に俺はAちゃんを誘いました。

「もう一軒行かない?」と。

部署は違いましたが、彼女の答えは、「いいですよ」でした。
俺が先輩だから気を遣ったのかも知れませんね。
しかしそこにEちゃんが、「あー、私も行くー!」と声をかけてきました。
内心(あっちゃー・・・来るんじゃねーよ、コラタコッ!)でしたが、可愛い後輩です。
笑顔で、「おー!来い来い」と答えましたよ、はい。

3軒目の居酒屋で俺は、(どうしたらAちゃんと2人きりになれるか)ばかり考えてました。
しかし、いくら考えてもいい考えが浮かばないまま、Eちゃんが酔い潰れそうです。
最悪の考えが脳裏を過ります。
お持ち帰りではなく、俺ん家が酔っ払いの避難所に。
でも神様はいました。

A「なんか私も酔ってしまいましたぁ~」

俺「んじゃ俺ん家で休んで行きなよ」

A「は~い、そうしま~す」

(あぁぁぁぁ神様・・・)

酔い潰れたEをAちゃんと抱えて俺の家へ。
Eを床に投げ出したい衝動を抑えて、俺の神聖なるベッドにEを寝かせて、俺とAちゃんは缶チューハイを開けました。

「眠くなってきましたー」

横になるAちゃんを引き寄せました。

「あん・・・」

軽く抵抗しただけのAちゃんを後ろから抱き締め、顔をこちらに向かせてキス。
すると彼女、「先輩・・・エッチ・・・」と言うだけで抵抗しません。

「先輩・・・彼女はいるんですか?」

「いないよ」(←本当はいました)

彼女のシャツのボタンを外し、ベージュのブラの中に手を差し込みました。
手のひらに吸い付くような色白の肌。
大きくはないけれど、手のひらサイズの胸が俺の手のひらの中でプニプニと弾力を返してきました。

「あっ・・・あぁん・・・」

右腕で彼女を腕枕しながら胸を弄び、左手は彼女のジーンズのボタンを外して下着の中で茂みの奥を擦っていました。

「そんなに声を出したらEが起きちゃうよ」

「あっ・・・だって・・・だって・・・あっ」

左手の中指が粘液質の液体にまみれてくる頃には、Aちゃんの喘ぎ声で本当にEが起きてしまいそうです。
彼女のジーンズを膝まで下し、下着に差し込まれた手の中指で茂みの奥の熱いグチュグチュした部分に指を何度も何度も繰り返し出し入れしました。
さすがに我慢の限界が近いのか、彼女の喘ぎ声が大きいので、口を手で塞ぎました。
荒い鼻息でEが起きないか心配しながら体を起こして彼女のジーンズを脱がせると、彼女に覆いかぶさりました。

「だめ、先輩・・・Eちゃんが起きちゃうよぅ」

「大丈夫、大丈夫だって」

囁きながらボクサーパンツを下ろし、彼女の下着の脇から熱い部分をぐぐぐっと貫きました。

「んっ・・・んっ・・・んっ・・・んっ・・・んっ・・・」

彼女の喘ぎ声が口から漏れないように唇を重ね、一心不乱に腰を打ち付け続けました。

「ふんっ・・・ううっ・・・ううっ・・・ふんっ・・・ふんっ・・・」

彼女を抱き締めながら、悶え声でEが起きないように唇を重ねて腰を打ち付けました。
しかし完璧に声を遮断することはできません。
鼻から漏れる喘ぎ声は防ぎようがありません。
でも、もう止められない。
漏れ出す吐息と、口から伝わって頭に響く喘ぎ声を聞きながら、俺は最後の瞬間を彼女の白い腹の上に放出しました。

「先輩のエッチ・・・」

彼女のお腹の上の液を処理して2人で横になっていると、彼女が抱きついてきました。
Eは相変わらず寝息・・・いや、イビキをかいて寝ています。

「汗かいたね、シャワー浴びようか」

彼女の手を取ってバスルームへ。
そして第2回戦。
シャワーを浴びながら浴槽に両手をつかせて後ろから貫くと、彼女の小気味いい喘ぎ声と腰を打ち付ける音がバスルームにこだましていました。

翌日、二日酔いのEを起こして一緒に朝食。
昨夜のことはバレてない様子。
朝食はAちゃんが冷蔵庫の中の物で簡単な食事を作ってくれました。
何事もなかったかのような3人で食事をしましたが、Eは朝食を作るAちゃんの後ろ姿を見て、『何かあったな(ニヤリ)』と思ったそうです(←後日談)。