その日、僕は誰もいない家で裏ビデオを観ながらチンポを擦っていました。
そして射精した瞬間でした。

「誰もいないと思ったら、あんた~」

いきなり親戚の叔母ちゃんに声をかけられました。
慌ててチンポから出た精液を拭く僕。

「な、なんでおばちゃんが?」

「お父さんに用事があって来たんやけど・・・」

そう言いながら、僕のを見ていました。

「今は誰もいないで。夕方には帰るって言ってたけど」

なんとも恥ずかしい格好でしたが、ビデオを止めて言いました。

「そうか夕方か、帰んの。・・・あんたまだやるの?」

「やるって?」

「オナニーに決まってるやん」

「そんな・・・」

「おばちゃんが手伝ってやろか?久しぶりに元気なの見たわ」

「手伝うって?」

「うちも昔、お父ちゃんによくしてやったわ」

「さっき出たからもういいわ」

「遠慮しな!そこに寝てみ」

叔母さんの言う通りに仰向けに寝ました。
叔母さんはチンポを握り締めて口に含んでくれました。
初めてチンポを他人に触られ、初めて舐められたので一気に硬直しました。

「き、気持ちいい~」

「そうやろ」

舌でチンポを擦られると最高に気持ちいい!

「おばちゃん」

「なんや?」

「オマンコに触りたい!」

「そんなことされたらおばちゃん、あんたのチンポ入れたくなるからダメや」

「ええやん、触りたいし、僕も入れてみたい!」

叔母さんの股に手を持っていくと、片足を広げて触りやすくしてくれました。
パンツの脇から指を入れ、マンコに触りました。
ニュルニュルに濡れたマンコの穴に指を2本入れました。
叔母さんも息が荒くなり、激しくチンポを吸い上げてきました。
2本から3本に指を増やして穴を掻き回しました。

「入れたくなった。パンツ脱ぐから指抜いて!」

抜いた指はベチョベチョで糸を引いていました。
叔母さんは大股開きで寝ました。

「来て、知ちゃん」

僕は叔母さんの穴にチンポを突っ込みました。
ニュルニュルしたマンコは超気持ちいい!
叔母さんは上着をずり上げて乳を揉みながら・・・。

「知ちゃん、気持ちいいか?」

「うん、最高や~」

僕は初めてのマンコだったこともありすぐイキたくなりました。

「イキそう、おばちゃん」

「まだや、もう少し」

「アカン、おばちゃん、出る」

「まだや、まだ頑張って」

でも我慢できず射精してしまいました。
叔母さんは出た後も腰を振っていましたが、チンポは小さくなって抜けてしまいました。

「もうちょっとだったのにー」

「ごめん、おばちゃん」

「今度は頑張ってや」

「え、まだやるの?」

「知ちゃんは若いからすぐ元気になる、おっぱい吸ってみ!」

言われた通り、叔母さんの乳房を揉みながら乳首を吸うとチンポが復活しました。

「ほらな、元気になった」

叔母さんは僕を跨ぎ、マンコにチンポを嵌め込みました。
結局、1時間で4発も射精しました。

この日以来、叔母さんとのセックスが楽しみで、毎週のように泊まりに行ってます。
ちなみに叔母さんは59歳で、僕は17歳の高校生です。