最初に誘ったのは私の方からだった。

「一緒にお風呂入ろう」

息子の尚哉を、そう誘った。
尚哉は何を言い出すんだという様子で、頑として「いいよ」とは言わなかった。
しかし、しつこく食い下がる私に、押しに弱くやさしい尚哉はついに折れた。

尚哉の背中を洗ってあげる。
いつも見てるはずなのに、いつの間にか肩幅がガッチリしている・・・。
ついこの前まで、私が見下ろしていたはずの尚哉。
背中を洗っていたら私の目線には尚哉の首。
中学入学直後の身体検査では、まだ私の身長に追いつくには時間かかるだろうと思っていたのに、わずか半年で追いつかれ、抜き去られていたんだ。
そう思うと、尚哉に男を感じた。

立って洗われていた尚哉の正面にある鏡は尚哉のオチンチンを映してした。
数年前見たときは、まだ象さんのお鼻みたいなオチンチンだった。
でも今はその面影すらない。

(ごつい・・・)

もうオチンチンとは呼べない、立派なペニスとなっていた。
私は背後から、そのごつくて立派なペニスを握った。

「ちょっと、お母さん!」

手で私の手を振り払おうとした尚哉。
お構いなくニギニギする私との攻防が少し続いた。
振り払おうとする尚哉だが、でも私は手の中で、尚哉のペニスの硬さと熱を感じとっていた。
尚哉の手が抵抗力を失っていった。
ボディソープまみれの手とペニス。
クッチャクッチャと音を立てて、私は手を前後に動かした。
自然と私の乳房は尚哉の背中に押し付けられた。
尚哉はおそらく背中で柔らかい乳房と、硬く勃起した乳首を感じていただろう。
そして背中越しに鏡を見ると、完全に勃起した尚哉のペニスがあった。
私の内股を一滴、また一滴と痴液が伝っていった。
尚哉は太ももをブルブル、お尻をビクビクさせていた。

「我慢できないよ」

蚊の鳴くようなボソッとした声がした。

「出して」

無言だった私は尚哉に答えた。
その直後だった。

「ダメだ!気持ちいい!」

尚哉が強い声で言った。
次の瞬間、尚哉の正面の鏡は白く濁った。
そして浴室に充満する独特の香り。
私の内股は立て続けに痴液が伝わって落ちていった。
真っ白いボディソープに混じり、尚哉の白濁液がよくわかる。
体は私を追い抜いて大人でも、出した後の尚哉を見ると、まだ子供で可愛いと思った。
今まで感じたことがない感情が湧き上がっているのがわかった。
尚哉は出した後、とても恥ずかしそうな様子で慌てたように身体を流して浴室を出た。
私は尚哉のペニスの手の感触の余韻に浸った。

その後、帰ってきた主人と3人で夕食。
尚哉は普通に会話をして、いつもの態度と変わりなし。
でも私はあの興奮をまだ引きずったままだった。

その夜、私は主人におねだりしてセックスをした。
でも頭の中では尚哉としているのを想像した。
乱れに乱れた私に主人は驚き、喜んだ。
私も身体は満足したが、頭の中は満足しなかった。

翌朝、尚哉は普通に学校に行った。

「いってきます」

いつもの言葉。
私も仕事に向かった。
仕事を終え、帰宅したら尚哉はすでに帰っていた。

「早かったのね」

「部活、休んだ」

そう言うと尚哉は立ち上がり、学生ズボンをズルリと下げた。
すでにペニスは立派に立ち上がっていた。

「昨日みたいに・・・」

私は尚哉に言う。

「そんなに良かった?」

「うん・・・」

私は尚哉の前に膝をついて手でペニスを包んだ。
そしてその手を動かす。
尚哉の鼻息が早くも荒くなった。
ちょっと汗とおしっこの香りが私の興奮を後押しして下着を汚すのがわかる。
ペニスの先から透明な液が滲み出す。
それを指先につけると糸を引き、西日を浴びキラキラと光った。

私はペニスを口に入れた。

「あっ!そんな!お母さん!」

尚哉は驚いた様子で私を見た。
私は口に入れたまま尚哉を見上げた。

「お風呂に入ってないから汚いよ」

私は口から離した。

「じゃあお風呂に行く?」

「うん」

前日のように一緒に入る。
再びフェラをした。
前日と同じように尚哉のお尻や太ももがブルブル震える。
今にも出そうな尚哉。

「このまま出して」と言おうと口を離した。

「このまま・・・」

突如、私の顔に白濁液が降り注がれた。
鼻や目にもビチャビチャ当たる。
いつまで出続けるのかというくらいだった。

「ごめん」

そう言って私の顔にシャワーをかけた尚哉。
やっと目を開けた私の視界に飛び込んできたのは、まだ立ったままの尚哉のペニスだった。
私は前夜の主人とのセックスで想像したことをしたくなった。

「大丈夫よ」

私は尚哉の手をとり、浴室を出た。
尚哉は私に手を引かれ、そのまま2階の尚哉の部屋へ。
尚哉をベッドに寝かす。

「え?なに?お母さん」

「したいことをするの」

私は立ったままの尚哉のペニスを掴み、跨がった。
尚哉は待てと言う。
いけないことだから嫌なのか。
そうではなかった。

「もしお父さんが帰ってきたら・・・」

時計を見たらすでに6時に近かった。
確かに、早ければ6時半くらいに帰宅する。
でも私に迷いはなかった。

「大丈夫」

私はそう言って尚哉のペニスに腰を落とした。
脳や心臓が破裂しそうな初めて感じる快感みたいなものが、全身に突き刺さる。
体内から何かが突きあげ、噴き出してきそうだった。
尚哉は何かを私に必死に訴えているようだったが、私の耳には届かなかった。
尚哉が私の右手をガチッと掴んだ。
私は動くのを止めた。

「で・・・あ・・・」

尚哉はぎゅうっと強く目を瞑った。

ビクン!ビクン!

尚哉のペニスは私の中で激しく動いた。
そのとき、私の頭はす~っと白くなって力が抜けた。
過去のセックスでは経験のないことだった。

「お母さん、お母さん!」

揺り動かされ、異様な虚脱感の中で身体を起こした。
時計を見た。
時計の針はほとんど動いていない。
僅か数分あったかないかの行為。
でも私は何時間もされたかのような満足感を身体に感じた。

「ごめんね」

自然に出たのがこの言葉だった。

「時間だよ。それにお腹が空いた」

こんなにいけない行為をしたのに、「お腹が空いた」だなんて。
ようやくの思いで腰を上げると、内ももにドロドロと白濁液が落ちてきた。
それを拭き取り、ヨロヨロと私は階段を下り、部屋で着替えた。
尚哉も着替えて下りてきて、何事もなかったようにテレビを見ていた。
夕食の準備をしている途中で、残っていた白濁液がドロリと出てきたのがわかった。
私は浴室に向かい、シャワーで流し、下着を取り替えた。
台所に戻ると尚哉が私に言った。

「大丈夫?あの・・・中だったでしょ」

「心配しないで」

ちょうど夕食の支度が終わった7時くらいに旦那が帰宅した。
前日したせいか、すごく私に優しく、そして上機嫌だった。
私はなんとなく落ち着かなかったが、そんな様子には旦那は気づかないようで、尚哉は実に落ち着いていた。
私の中にはまだ尚哉のペニスの余韻がありありと残っていた。