高校の頃の話です。
僕はバレーボール部に所属してましたが、どうしようもなく下手だったので補欠でした。
で、補欠の奴は、レギュラーのみの練習のときは、玉拾いか、もしくは体育館の端っこで1人で真上にトスをし続けるという練習をさせられます。
玉拾い係じゃない時は、いつも1人トスばかりやっていました。

やがて2年目になって新入生が入ってきましたが、上手い奴がいっぱいいて、あっさり下のやつに準レギュラーの地位を奪われたりしました。
女子バレー部の方は、その年はいっぱい新入生が入ってきたので(僕とタメの女子は少なかった)、女子チームでも1人トス練をしてる子が出てきました。
自然と、僕と1年の女子部の子の2人でトス練をしている風景が多くなってました。

その子は松永さん(仮名)という子です。
松永さんは背が小さくて僕より下手で、直上トスが上手くできなくてふらふらしています。
男ながら母性本能をくすぐられるような可愛らしい姿、アタフタしてるいじらしさに、色々アドバイスしてあげたりしました。
(トスだけはレギュラー並みに上手いと自負してたので・・・)

そういうきっかけで、松永さんとは仲良くなりました。
監督がいない自主トレの日は、時間があるときは松永さんと2人でパスの練習をしたり、休憩のときに2人きりでしゃべる時間が多くなりました。
補欠な僕なのに、一応師匠っぽく見てくれる松永さん。
尊敬の眼差しで「せんぱ~い」なんて言われるたびに胸がキューンとなって、だんだん松永さんのことが好きになっていました。

思い切って告白をしました。
戸惑いながらもOKをもらいました。
部活が終わったら一緒に帰ったり、お台場とかディズニーランドとか行ったり、試合の日にこっそりお弁当作ってくれたりと、幸せな日々でした。

松永さんの意外な性癖(?)を知ったのは、その年のクリスマスでした。
クリスマスというイベントパワーを使って、初キス、願わくば初体験までもっていきたい!
僕は野心と下心を持って自宅に招きました。
いつものように横に並んで一緒にCDを聞いていたりしたときに、ふと顔が合った瞬間を逃さずキスをしました。
松永さんは戸惑いながらも受け入れてくれました。
いきなり舌を入れるのもはばかれたので、一度唇を離してお互い顔を見合わせたら、松永さんはすごく照れながらぎゅっと抱きついてきました。

(ああ、幸せかも・・・)

僕がボーっとしてると、「先輩の唇ってやーらかいですね、触ってみてもいいですか?」とか言い出します。
ちょっと(?)と思いながらも指でつまませてあげると、なんだか松永さんはさらにうっとりしてきて、「もう1回したいです」と言いながら、今度は松永さんからキスしてきました。

(よーし、次はもう少しハードなやつを!)

そう思って、松永さんの下唇を軽く噛んだり吸ったりしてみると、なんと松永さんも真似をしてきます。
だんだん調子に乗ってきて、一気にディープキスまでクリアだ!と思って舌を入れてみました。
松永さんはちょっとびっくりして目を開けましたが、すぐにまたとろんとなって、ゆっくりと舌を動かしだしました。
松永さんにとってはどうかは知りませんが、少なくとも僕にとっては初めてのキスだったんで感動も交じって、(ああ、気持ちいいなぁ)と時間も忘れてキスを続けていました。

気づいたら5分くらいキスをしてました。
唇を離すと松永さんは、「キスって気持ちいいですね」と言って、「もっとしたい」と言ってまたキスしてきます。

(この子、どんだけキス好き?)

そう思いつつも、応戦しました。

(これはもういける!)

そう判断した僕は、とりあえず胸を触りました。
松永さんはちょっとだけびくってなりましたが、抵抗はしてません。
そのままお互いに舌をくるくるさせながら、僕は松永さんの胸を服の上から撫で回します。
そして服を脱がそうとしたら、ここで初めて松永さんはちょっと抵抗をはじめました。

「ちょっと恥ずかしい・・・」

なかなか服を脱がせてくれません。
こっちも童貞なので、どう押したらいいのかわかりません。

「だめ?ちょっとだけ!お願いします!」

とにかく必死で頼みながら服を脱がしていきました。
なんとか下着姿にまではさせれたものの、それ以上は拒絶されました。

「なんだが怖いし、これ以上はできないよ。もう少し待って欲しいな」

申し訳なさそうに松永さんは言いました。
で、不完全燃焼ながらも、今日はここまでにしとくかと思ったら、また松永さんは無言でキスを求めてきました。
もう松永さんから舌を入れてきて、レロレロと舐めまくりです。
唾液が漏れて、松永さんの顎を伝って落ちていきました。
さらにまた5分くらいキスをしました。
漫画であるような本当に糸引くキス。

「んふっ」とか息を漏らしながらのキスに、僕のチンコはもう爆発寸前でした。

ちょっと落ち着いたかなと思ったら、その後もずっと僕に抱きついたまま離れませんでした。
頭を撫でつつ「キスばっかだね」って言ったら、「先輩の唇がやーらかくて美味しいから」と言ってくれました。
唇フェチになったんでしょうか?
その言葉と表情が可愛かったので、これでよしとするかということでその日はおしまい。
松永さんを帰してから1人で抜いたのは言うまでもありません。

ところが、その後も、キスはものすごく大胆にしてくるのに、そこから先は許してくれません。

「めちゃくちゃ痛いって聞くし、すごく不安だから、もう少し大人になるまで待ってください」

いつもそう言います。
とにかく胸くらいは揉めても、それ止まりな日々が続いていました。
友達に相談したりしても、「それは遊ばれてるだけだ」とか「そういう女はかまわずヤっちまえば」とか、あんまりアドバイスになってない感じで、ただ悶々としていました。

ある日、松永さんの部屋でやっぱりキスしてるときに、我慢できなくてベッドに押し倒したんです。
案の定「いや」と言うので、思い切って聞いてみました。

「そこまで抵抗されると、なんかからかわれてるだけなのかなって思っちゃうんだけど、どうなの?」

ちょっとキレ気味で言ったかもしれません。
松永さんはちょっと怯えて、「ごめんなさい」とションボリしてしまいました。
さすがに慌てて、「いや、別に、こっちこそごめん・・・」と、なんとか機嫌を取ろうとしましたが、松永さんは元気になりませんでした。
気まずくなって、「帰るわ」って言って帰りました。

その後はしばらく話しづらくなって、部活のときも近くに寄ったりしなくなりました。
このまま自然消滅なのかなと思うと少し泣けてきそうな感じでした。

ある日、部活が終わって帰ろうとしたら、松永さんが待っていました。
3週間ぶりくらいに話をしました。

「今日これから一緒に遊んでください」と言うので、制服姿のまま地元のショッピングモールをぶらぶらしました。

あの時のことや、しばらく口をきかなかった間のことには触れず、他愛のない会話で場を繋いでいました。
時間も遅くなって、「じゃあ帰るわ」と言おうとしたら、なんか松永さんがもじもじしています。

「あの・・・その・・・」

「どうした?」

「・・・明日は土曜日だし、今日は両親がいないので、ウチに泊まりに来て」

僕は目を爛々に輝かせてOKして、家には友達の家に泊まると電話しました。
そしてドキドキしながら松永さんの家へ。
初めてじゃないのに今までにないくらい緊張してました。
夕ご飯を松永さんが振舞ってくれて、「美味しい!」を連発しながら食べてたら、だんだん以前のテンションというか雰囲気に戻っていきました。
ゲームをしたりドラマを一緒に見たりして過ごしたんですが、夜10時くらいになって見るテレビもなくなったら、キスをして、あのときの話題に・・・。

3週間くらい口をきかなかった間、松永さんは僕に嫌われたと思ってたみたいです。
キスばかりでエッチをさせなかったから僕に嫌われたと、全部自分が悪いと思っていたということでした。
松永さんにとってエッチは、男のモノを自分の股間にグリグリされる、それはとてつもなく痛い行為で、そうした恐怖心のため最後までする勇気がなかったみたいでした。
また、キスはすごく気持ちよくて、それだけで松永さんは満たされていたみたいです。

なんだが申し訳なくて、「ごめん、そんなつもりじゃなかった」と僕は謝りました。

「松永のこと今でも好きだし、あのことで嫌いになったりは決してないよ」

そう言いました。
すると!

「私も先輩に悪いことをしました。だから今日は・・・」

もじもじして、俯いて続きを言いました。

「今日は、エッチ、しましょう」

(うおおお、いいの?今日はOKなの!?)

「それって、罪滅ぼしにってこと?正直すごく嬉しいし・・・その、嬉しいんだけど、無理しないでいいよ。さっきも言ったけど、今のままでも松永さんのことは好きだし」

なんかこれが効果的だったみたいです。

「そうじゃなくて、私も先輩のことが好きだから、したいんです」

微笑みながらそう言ってくれました。
おおおお!と思い、ベッドに押し倒してエッチ開始。
でもやっぱりキスは丹念にします。
10分くらい唇を吸い合っていました。
そして、もう服を脱がしても抵抗しません。
ただ、ちょっとやっぱりびくってなって、腕で体を隠したりしてました。

でも、初めて松永さんの裸を見ることができました。
大きくはないけど、いい形した胸で感動の嵐です!
松永さんの乳首を指で触ったり軽く摘んだりして、キスを続けました。
松永さんがゆっくり喘ぎだしたので、(感じてるのかな?)と思ったら、単にくすぐったいのを我慢してただけでした。

ここでふと、松永さんの言葉がフラッシュバックしてきました。

「先輩の唇がすごく好きです」

キスをするたびにいつも言ってくれる言葉。
僕はキスをやめて、耳たぶや鼻や顎や首など、顔の色んなところに軽くキスをしました。
そしてそのままだんだん下の方にキスを続けます。
松永さんは、やっぱりくすぐったいのかなと思いきや、さっきとはちょっと様子の異なる喘ぎ声を出しました。
声を押し殺すというよりも、息が切れているような感じ。
乳首まで辿り着き、優しく唇で挟みました。
すると、「あっ」って声を発しました。

(指で触るとくすぐったいのに、唇で触るとちょうどいいのかな?)

松永さんの全身にキスをしました。
だんだん松永さんの、「あっ、あっ」という声が大きくなってきました。
アソコに近づくと、「そこ汚いからだめ」と言いましたが、本当はシャワーを浴びるべきなんだろうけど、せっかくのこの流れを止めたくなかったので続行しました。
15分くらいしつこく、おでこからももの内側まで、何度もキスをしたり舐めたりしました。
お互い見つめ合うと松永さんは指を伸ばしてきて、「やっぱり先輩の唇、好きです」と言って僕の唇を優しく撫でました。
またディープキスをしながら抱き合いました。

そろそろいいかなと思って、松永さんの足を広げました。
松永さんは、「ちょっと待ってください」と、かばんからゴムを差し出します。
なんと準備のいい!
で、いざ挿入、脱童貞をしました。
あまり血は出ず、松永さん自身も「ちょっと痛い~」と顔を歪めるくらいでした。
ゆっくり動かしてみると、「あっ、痛い!痛い!」と悲鳴に近い声を上げました。
少し動かすのを休憩して、入れたまま抱き締めてキスしました。

「このままにしておこうか?」

「はい、このままずっとキスしててください」

照れながら松永さんは言いました。
結局その夜はそのまま10分くらいキスをして終了。

その後も松永さんのキス魔は続きました。
2人きりで部屋で会話するのもキスをしながら。
唇がどこかくっついた状態でしゃべると唇が震えるので、それがちょっと気持ちよかったりします。
キスをしながら寝てしまって、目を覚ますと唇がパリパリってくっついてたこともありました。

あれから4年。
今も松永さんと付き合っていますが、初体験以来、挿入したのは数回程度です。
最後までしなくても、お互いに全身にキスしまくるようなエッチばかりしています。
僕も立派な唇フェチになりました。