痴漢したのがきっかけでギャルのマユミとのセックスして、お互いのケータイの番号とメアドを交換して、ヤリ友になった。
僕の仕事が終わる頃に、マユミは僕の最寄り駅で待ってくれていて、2人で駅のすぐ近くにあるシティホテルに入ってセックスに没頭した。
制服エッチをしたり、お互い素っ裸になって求め合ったり、時にはマユミにお願いしてチアのユニホームでコスプレエッチをした。
マユミは高校でチア部に入っている。
僕はマユミと会うのが楽しみになっていた。

電車の中でも、混雑の中で2人向かいあってマユミが僕の股間を弄ったり、僕がマユミのスカートを捲って尻を撫で回したり、時にはマユミが僕に背を向けたまま痴漢するようにスカートを捲って生脚を撫で回し、パンツの中に手を突っ込んで生尻を触ったり。
だんだんエスカレートして、前からパンツの中に手を入れて、まんこを弄ってスリルと興奮を堪能した。

マユミとヤリ友になって2ヶ月くらいが過ぎた。
その日はシティホテルで時間いっぱいまでセックスしてから、近所のマックに入り、セットを食べながら雑談していた。
マユミが手帳を見せてくれると言うので適当に眺めていたら、チアのユニホーム姿の女の子がマユミを含めて6人写った写真が挟んであった。
マユミと雰囲気の似た普通の女の子と、あと2人明らかに雰囲気の違うギャル系の女の子がいる。
1人はぽっちゃりしていて少し無理している感じがするが、もう1人は文句なしに可愛い。
明るめの茶色のロングヘアーでばっちり化粧しており、1人だけ明らかに細い。
華奢な肩、腕や腰も一目で細いとわかるし、明らかに他の5人とは太ももの細さが違う。
1人だけルーズソックスを履いているのがまた可愛い。
僕はしばらくその女の子に釘付けになり、マユミに聞いた。

「部活の友達?」

マユミは、「うん、そうだよ」と言った。
その可愛い方のギャルの子を指差して、「この子も?」と聞いたら、マユミは不思議そうに、「うん、そう」と答えた。

「今度の日曜日、この子も一緒に3人で遊ばない?」

「聞いてみるけど・・・」

心の中で大喜びなのを悟られないように平静を装ってマユミを送った。
次の日、マユミからの電話でギャル系の女の子がOKしてくれたのがわかると、僕は日曜日が待ちきれなくなった。

そして日曜日、僕は車で2人を迎えに行った。
もう7月も近い頃だ。
待ち合わせのコンビニに辿り着くと女の子が2人立っていた。
マユミは、黒のTシャツに膝丈くらいのデニムのスカートでサンダルを履いている。
そしてもう1人は・・・。

(写真より可愛い!)

肌が白くて、明るめの茶髪のロングヘアーを緩く巻いており、細く整った眉、大きな二重の眼が印象的。
そして化粧っ気のないマユミとは対照的に、ばっちり化粧している。
そしてやはり細くて小さい。
悪いがマユミは引き立て役になっている。
赤と白のボーダーのパーカーを羽織って白のタンクトップを着ている。
タンクトップの下からきれいなおへそが見えている。
ウェストもかなり細い。
そしてかなり股上の浅いデニムのショートパンツを穿いている。
ショートパンツからは写真からの想像以上に細くてまっすぐな脚が伸びていた。
太ももも細いし、スラリとしたふくらはぎで足首もキュッと引き締まっており、標準的なマユミの脚とは全然違う。
ヒールの高いサンダルがよく合っていると思った。

もともとギャル系の女の子に興味があって、なおかつ脚フェチの僕にはたまらない。
車を降りて近づくと、ギャル系の女の子が挨拶してきた。

「はじめまして、優子(仮名)です」

僕は、「Kです」と返した。

優子は想像と違って、マユミと同じくらい性格も良い、いい娘だった。
その日はドライブして2人と別れた。
マユミが密かに、「この後どーする?(エッチ)する?」と聞いてきたけど、僕は優子のことで頭がいっぱいで、「今日はやめよっか」とだけ答えてその日は解散した。
アパートに帰った僕は、可愛くてもろタイプの優子の顔や細い体のライン、フェチにはたまらない細く引き締まった美脚を思い出しながらオナニーした。

それからは、マユミよりも優子に興味が移っていた。
でもエッチは気持ちいいので、マユミとセフレの関係は続けていた。
マユミを送った後、優子を思い出してオナニーしていた。

また優子に会いたいと思っていたある時、エッチを終えてまったりしているとマユミが、「優子がまたK君と3人で遊びたいって」と口にしたので嬉しくなった。
でもマユミに悪いので、素っ気なく「うん、いいよ」と答えた。

次の日曜日、また3人でドライブに出かけた。
優子は露出度の高いファッションで、チェックのシャツを羽織り白のキャミを着て、黒の股上の浅いショートパンツを穿いていた。
可愛いしエロいしでたまらない。
途中立ち寄ったファミレスで昼食をとり、マユミがトイレに行った時、言いにくそうに優子が聞いてきた。

「K君はマユミの・・・その・・・セフレ・・・なんだよね?」

僕は、「うん・・・」とだけ答えた。

「でも彼氏ってわけじゃないんだ?」

僕はまた、「うん・・・」としか言えなかった。
優子は「ふ~ん」と言うと、嬉しいことを言ってくれた。

「ねぇ、赤外線で番号とメアド交換しよう。いい?」

めちゃ嬉しかった。
マユミに悪いと思いつつ優子と電話番号とメアドを交換した。

その日から優子はほぼ毎日、電話やメールをくれた。
僕のことは多少気に入ってくれたらしい。
マユミとセックスした後、彼女を駅まで送ってからアパートに帰ると、優子から電話があった。

「K君、今1人?」

そう確認した後で優子が遠慮がちに言ってきた。

「次の日曜日空いてる?2人で会わない?」

「優子ちゃんの彼氏に悪いよ」

すると今はフリーだと言うので、優子の最寄り駅を教えてもらって車で迎えに行き、2人でドライブを楽しんだ。

マユミと優子は夏休みに入った。
マユミと会うペースも多くなりエッチの回数も増え、月末の土曜日は一泊して、日曜の午後までずっとセックスした。
優子から電話があると困るので、ケータイの電源は切っておいた。
マユミを送った後、電源を入れて、程なくして優子から電話があった。

「あー、やっと繋がった」

少し機嫌が悪そうだ。
僕は謝った。
優子に今から会いたいと言われた。
本当は寝かったけど、車で迎えに行った。
優子を助手席に乗せる。
今日も可愛い。
襟から胸元にボタンがいっぱいついた茶色のポロシャツをボタン全開で着て、股の浅いデニムのショートパンツを穿いている。
隣からいい匂いが漂う。

(今日もオカズになりそうだ)

そんなことを考えていると、優子に電話が繋がらなかった理由を聞かれたので、正直にマユミとヤリまくっていたことを話した。
優子は黙ってしまった。
僕も黙った。

「K君は本当にマユミとはセフレなだけなの?」

僕は、「そうだよ」と答えた。

優子はまた少し黙ってから、「K君のアパートに行きたいな」と言った。

僕は焦った。
前に会った時は嫌われたくなくて普通にドライブしただけど、アパートで2人きりになって、もろタイプな小さくて細いギャルの優子に理性を保てる自信などない。
僕はアパートへ車を走らせた。
部屋のソファーに座り、2人で雑談した。

夕方になる頃、「大丈夫?まだ送んなくていい?」と聞いたら、優子は少し黙った後、僕に抱きついてきた。
そして大きな二重の眼で僕を見ながら呟くように言った。

「マユミばっかズルいな~。あたしともして欲しいな~」

僕は優子の態度が信じられなかった。
でも、もろタイプな彼女の誘惑に耐えられるわけもなく、優子とキスをした。
舌を絡ませながらベッドに入り、優子の柔らかいおっぱいを堪能して、パンツを脱がしてクンニから手マンをする。
結構大きな声で喘ぐ優子。
優子の細い太ももも舐めた。
優子が、「K君のを舐めたい」と言うのでフェラしてもらった。
慣れてるのか凄く気持ちいい。
正直、マユミより全然上手いと思った。

「K君のすっごいおっきいー」

嬉しいことを言ってくれる優子。
ゴムはなかったが、優子が構わないと言うので生で挿入した。
優子は158センチのマユミよりさらに小さい152センチ。
アソコも小さいのか、ギンギンの肉棒をズプズプ咥え込んでも根元まで入らない。
優子は僕が挿れてるのを上半身を起こして見つめ、「あっあっあ~ん」と喘いで全部入りきらないのがわかると上目遣いで微笑み、「K君の大きすぎて全部入んないね」と言った。
初めて生で挿入れた僕は優子の小さくてキツい膣内に驚いていた。
生暖かくてトロトロでヌルヌルしている。
ピストンをはじめる。
優子は身体を起こしたまま出たり入ったりする所を見ていた。
ヌルヌルの肉ヒダと肉棒が擦れて固い所に当たるのが気持ち良すぎて腰が止まらない。
優子は身体を支えきれずに上半身を倒した。
ギャル顔が快感に歪んでいる。
優子の首に手を回して彼女と密着してピストン。
肌がスベスベして心地いい。
キスすると口を開けたので舌を絡めた。
優子の身体を起こして座位にして、下から突き上げた。

「あっあ~いいよ~、あっあっああん」

座位のままディープキス。
正常位に戻してピストンして、我慢できずにイキそうになる。

「優子、イクよ」

優子の細い腰を掴んで肉棒を激しく打ちつけると、肉棒を引き抜いて激しく擦り、お腹の上に射精した。
白濁色の精子は優子の腹から首まで飛んでいた。

お互い息が上がったまま、僕はティッシュを手に取り精子を拭いた。
そのまま硬さが収まらないのと、また気持ち良くなりたくて、僕はすぐに優子の中に挿入れた。

「あん、凄い!」

優子も悦んでくれた。
今度はバックや騎乗位も堪能して、最後はまた正常位で発射した。

2人しばらくぐったりしていたけど、僕は起き上がってシャワーを浴びた。
飲み物を手に取ると優子も起き上がり、僕がシャワーを促すと気だるそうに頷いてバスルームに入った。

駅の駐車場に車を停める。
優子はドアを開ける前に聞いてきた。

「また会ってくれるよね?」

僕は、「うん」と返事をした。
優子は可愛い顔を微笑ませて言った。

「ありがとう。じゃあまたね。おやすみ」

マユミに対する罪悪感はあるが、優子とエッチできたことの満足感のほうが大きかった。
信号待ちをしているとき、ケータイにメールが入った。
優子の名前が表示されている。

『今日はありがとう。さっそくだけど来週の日曜日デートしない?』

僕は嬉しくてニヤリとしてしまった。