高校生の時、友人の母とエッチしてしまいました。
その友人は、いわゆるヤンキー。
でも試験前になると、さすがに少しは勉強しようという気になるらしく、よく友人の家で一緒に勉強していました。
しかし、友人だけが高1で留年。
高2から違う学年になってしまいました。
それでも友人の家で試験前は深夜まで勉強していました。

友人の母親の清子さんは、ヤンキーで不良の息子が学校でも問題を起こすことに悩んでいました。
しかし、私が一緒に勉強するから、息子は学校で試験の点が取れて、学校を続けて行けていると思っていてくれたみたいです。

清子は四十路半ばの小柄でロシア人っぽい顔立ち。
体型は普通のおばさんです。

ある日、友人の家でトイレに行く時にちょうど清子がシャワーを浴びていて、脱衣場の戸が少し開いていました。
その時にパンティがあり、当時童貞だったこともあり、清子のパンティで色んな想像をしてしまいました。
その日は勉強を早く切り上げ家に帰り、清子で筆おろしされるのを妄想してオナニーしました。

以来、清子が気になり、試験前に友人の家に行くのが楽しみになりました。
行くたびにパジャマ姿を見たり、干してある清子のパンティの染みを舐めたりとだんだんエスカレートしてしまい、リアルに友人の母とセックスしたくなりました。
まだ純粋だったのもあるのですが、まず告白をしようと思いました。
そんな時、友人の父親の出張と、友人が彼女と旅行に行く日が重なることが分かり、実行はその日と決めました。

当日、午前10時くらいに忘れ物をしたと嘘をつき、友人宅を訪ねました。
ベルを押すと清子が出てきました。

「あら、どうしたの?」

清子はセーターにピンクのタイトスカートで、化粧をしていてすごく綺麗でした。
もしかしたらこの清子とエッチできるかもと思うと、すでにあそこは立っていました。

「すみません、忘れ物をしてしまって」

「あらそう、じゃあ上がって。勝手に探していいわよ」

予定通り上がり込みました。
そして友人の部屋に行き、探しているふりをしていました。
10分くらいして・・・。

「あった?」

清子が2階に上がってきました。
私は心臓がバグバグしながら清子が上がってくるのを待ちました。

「S君、あった?」

部屋に入ってきました。
鞄にしまったふりをして、「ありました」と答えます。

「なら良かった」と安心した顔の清子。

いよいよ計画を実行に移すときです。

「おばさん、息子さんには内緒で話したいことがあるんですが?」

「いいわよ。どうしたの?」

「じつはもう試験前にここで勉強できなくなりました。今までありがとうございました」

「どうしたの?息子と喧嘩でもした?」

清子は心配そうに聞いてきました。

「じつはおばさんのことが好きになってしまい、ここで勉強できなくなってしまって」

下を向きながら言いました。

「あら、本当に。でも何で?」

驚いた表情の清子。

「息子もS君がいつも一緒勉強してくれてるから学校が続いてて感謝してたのに」

とても残念という感じでした。

「S君ならこんなおばさんよりも若くて可愛い子がいるでしょう」

説得しはじめました。
そんなことは予定通りでした。

「おばさん、無理なお願いをしてもいいですか?」

「何?」

「好きな人で童貞を失いたいので、してもらえないですか?そうすれば、おばさんのことは忘れます」

さらに・・・。

「ここでまた勉強もできますので、お願いします!」

土下座までしました。
これでダメなら諦めて帰るつもりでした。
清子は無言でした。

「・・・ダメですよね。帰ります。変なこと言ってすみませんでした」

立ち上がり帰ろうとした時でした。

「息子には内緒にできる?」

今まで見たことのないような少し怒ったような表情です。
今思い出すと、かなりそそる表情でした。

「はい、絶対に言いません」

「わかった、シャワー浴びてくるわね」

清子が部屋を出ようとした時、ほっとしたのもあってか、私は理性を失くしたように後ろから抱きつきました。

「ちょっとシャワー浴びさせ・・・」

強引に清子の唇を奪いました。

「ううん、ちょっと」

身体を離そうとするのできつく抱き締め、またキスをしました。
清子は諦めたのか舌を入れさせてくれました。
床に清子を寝かせました。
それからは無我夢中でした。
エロビデオで見た知識でセーターを脱がせ、ブラをずらして胸にしゃぶりつきました。
胸は小ぶりで乳首は少し黒ずんでいましたが、しっかり乳首は立っていました。

「あ~ん」

清子がいやらしい喘ぎ声を漏らします。
唇を奪い、顔じゅう唾液まみれになるくらいキスをしました。

「S君、もっと優しくして」

さっきまできちんとしていた大人の女性とは思えない言葉に興奮し、その勢いで頼みました。

「今だけおばさんのこと、『清子』って呼んでもいい?」

「私の名前、知ってるんだ。いいわよ」

以前に郵便物でチェック済みでした。

「あと、僕のことを『あなた』って呼んでもらえますか?」

すると言うと少しはにかみ顔で、「それじゃあS君の奥さんみたいじゃない」と言うのでまたキスをします。

「今は僕の奥さんになって」

「わかった」

清子が笑みをこぼしました。
その顔を見たらすごく色っぽくて、また唇にむしゃぶりつきました。

「清子、愛してるよ。清子は?」

そう言って清子の顔を見ると・・・。

「私も愛してるよ」

「最後に『あなた』を付けて」

清子はしょうがないなという感じで・・・。

「私もよ、あなた」

そこで結婚指輪を外します。

「ええっ、ちょっと」

少し抵抗しましたが、外しました。

いよいよ清子との初体験です。
まず、スカートを捲り上げました。
透明なパンストの下は、以前に舐めたことのあるブルーのパンティでした。
パンスト越しにマンコ部分を舐めまくりました。

「ううん~、恥ずかしい」

40代の清子が可愛い声を上げます。

「このパンティ、前に干してあったのを舐めたよ」

そう言うと、少しびっくりしたように、「本当に、もう~」と呆れたような清子。

パンストを脱がせ、またキスをしました。
今度は清子と舌を絡ませたり吸ったりと長いキスです。
その間にパンティの中に手を入れ、清子のオマンコに辿りつきました。

「ああ~ん」

触った瞬間に清子がと少し身体をよじります。
少しビックリしましたが、よく触ってみるとヌルヌルしているのがわかります。
パンティを脱がすと、夢にまで見たおばさんのオマンコがありました。
陰毛はほどほどでしたが、じっと眺めていると、「恥ずかしいからそんなに見ないで」と股を閉じる清子。

「何言ってるの、清子」

股を大きく広げてオマンコを晒します。

「本当に恥ずかしいから」

構わず、無我夢中で清子のオマンコにしゃぶりつきました。

「ああ~ん」

だんだん清子が感じ始めました。

<続く>