6歳年の離れた弟がいる。
俺が中1のとき、部屋で雑誌を見ながらオナニーしていたら、弟が急に部屋に入ってきた。

弟「おにいちゃん、あそぼー!」

俺「お!お前、急に入ってくんなよ!」

弟「おにいちゃん何してるの?マンガ見てるの?」

俺「そ、そうだよ。だからあっち行けよ」

弟「えーやだよー。僕にも見せてよー」

弟はまったく部屋から出て行こうとしない。
俺は仕方なくオナニーを中断してジャージを穿き、広げておいたティッシュを片付け始めた。
ちんこを見られた恥ずかしさから、ゲームで弟の気を逸らそうとする俺。
適当にソフトを選び、スイッチを入れた。

チャラッチャー。

弟「ねぇ、おにいちゃん、なんでちんちん出してたの?」

俺「・・・」

チャカチャカチャッチャラー。

弟「ねぇ、おにいちゃんてば!なんでちんちん出してたのって!」

俺「うるさいなー」

振り返ると弟はエロ本を読んでたw

俺「お前、なに勝手に見てんだよ?」

弟「ごめん、おにいちゃん。すごいねこれ。も少し見せて?」

俺「いいけど、お前、お母さんや妹に言ったらだめだぞ?」

しょうがないので兄弟仲良く並んでエロ本を見み始めた。
しばらくすると・・・。

弟「おにいちゃん、ちんちんが大きくなっちゃったよ」

俺「あーそーか、まーしょーがねーな」

弟「おにいちゃん、これすごいね。僕もやってみたいな」

俺「そうだなー。俺もやりてーわ」

弟「いい?おにいちゃん?」

俺「ん?」

弟「ねぇ、おにいちゃん、僕もしてみたい!」

弟の読んでるエロ本はオッサンがお姉さんにちんこを舐めさせてた。

俺「ん?ああ、だめだ。お母さんや妹としちゃだめ」

弟「おにいちゃん、舐めていい?」

俺「ん?」

気がつくと俺は弟に説得されてちんこを舐められてたw
俺の頭の中は、(どうしてこうなった?)がループしていたw
後で聞くと、弟はずっと母や姉と一緒に風呂入ってたから、女の裸にはあまり興味がなかったらしい。
むしろちんこを舐める行為に興奮したそうだ。
そして、やらせてみると、びっくりするくらい舐めるのが上手だったww

弟「ほひいちゃん、ひんほすほいへ(おにいちゃん、ちんぽすごいね)」

俺「んっおっくっ」

弟「なんはへへひはほ?(なんか出てきたよ?)」

俺「あっくっ」

弟「ふくふくひへふ!(ピクピクしてる!)」

俺「で、出る!」

弟の頭をおさえて急いでチンコを抜いたが間に合わず、盛大に弟に顔射したww

弟「???」

弟はびっくりしていたが、俺のチンコと顔に付いた精子を珍しがり、やめろというのも聞かずにお掃除フェラを始めた。

弟「へんははひはへ(変な味だね)」

(くっ、くすぐったい!)

またすぐに大きくしてしまう俺ww
またフェラをはじめる弟ww
そして今度は大量に口内射精ww
2発抜いて賢者になったときの罪悪感と自分への嫌悪感はすごかった。
そして弟には、このことは誰にも言うなと言い聞かせた。
弟は神妙な顔で頷いてたが、それから数日間は生きた心地がしなかった。

1ヶ月ほどして、弟が部屋にやって来た。
たぶん、初めてドアをノックしたと思う。

弟「おにいちゃん、いい?」

俺「なんだ?ゲームするか?」

弟「うん、ゲームもしたいんだけど・・・アレまたしたいんだけど」

俺「アレ?・・・!!!」

弟「うん。アレ」

俺「おまっ!あれはもうダメだって言っただろ」

弟「うん、わかってるけど!したくてしょうがないんだ。だめ?」

俺「だめだって!この前も言っただろ?」

弟「うん。おにいちゃんがだめっていうから、おとうさんに頼も」

俺「もっとだめだ!」

弟「うん、お父さんのは太すぎるし」

俺「・・・」

弟「だから、もう1回でいいから、おにいちゃんのちんちん舐めさせてください!」

まぁ、あれですよ。
俺、自分で言うのも変だけどブラコン。
この頃はもちろんだが、いまだに弟が可愛くてしょうがない。
で、弟が一生懸命に頼んでるのを見て、叶えてあげたくなっちゃったんだよね。
そして、この前の快感が凄まじかったことと、弟のフェラ思い出して何度もオナニーしていたのも事実だった。

俺「・・・わかったよ」

弟「いいの?」

俺「うん。でも本当にこれで最後にしような」

弟「・・・わかった」

弟は頷きながら俺に飛びかかってきた。
小1の男の子にベッドに押し倒される俺www
弟は素早く俺のジャージをずり下げてきた。
すでに今までの会話で俺のチンコはフル勃起だった。
パンツを下げた瞬間にピチン!と跳ね上がり、腹に当たって音を立てた。
弟は目を輝かせてちんぽを即咥えて舐め始めた。
今更ながらに弟の将来が心配になった。

弟「んっんっんっ」

ものすごい勢いでちんぽを舐め回す弟。

俺「んっふっ」

防戦一方の俺。
あっという間に俺はイカされた。
弟はちんぽを咥えたまま精子を飲み下し、そのまま舐め回しはじめる。

俺「ちょっと休憩させろって・・・ああっ」

くすぐったいが、弟はちんぽを咥えて離さない。
そのまま3回目の射精が終わるまで弟はちんぽを離さなかった。

弟「はぁはぁはぁ・・・」

俺「ちんぽがふやけちゃうよw」

パンツを穿こうとしたら弟に止められた。

弟「まだ穿かないで」

俺「!?」

弟「だって、これで最後だから、もっとしたい。いいでしょ?」

ぞっとした。

俺「いや、そんなに連発じゃできないし」

弟「だって、今日だけなんでしょ?もうできないんでしょ?」

話しながら、もうちんぽを口に含んでる弟。

俺「うん」

弟「はっはははははふ(だったらまだやる)」

俺「・・・んっ」

そのままさらに2回イッた。
ちんこが痛くなってきたが弟はまだやめない。

俺「頼むからストップ・・・あっ」

弟「・・・んっんっ」

俺「わかったから・・・はっ」

弟「・・・?」

俺「もうちんこが痛いんだよ!わかったから。たまに舐めさせてやるから、だから今日はもうやめろ」

弟「ほんほひ?(ほんとに?)」

俺「約束する」

弟「ありがとう!おにいちゃん!」

俺「お、おう」

それから弟はとても聞き分けのいい子になった。
とにかくいい子になって、俺が褒めるとチンコをねだる。
テストでいい点を取ってはチンコをねだる。
運動会で活躍してはチンコをねだる。
俺に彼女ができてもその関係は変わらなかった。
いつ頃からしなくなったかは覚えていない。
たぶん弟が中学に入った頃だと思う。
その頃にはシックスナインやアナルセックスもしていたが、基本的にいつも俺が受けだった。

今も弟とは仲がいい。
サシで飲みに行くこともあるし、一緒にキャバクラに行ったり、キャンプをしたりもする。
俺も弟も結婚してて子供もいるし、ゲイではない。
あの頃の話はタブーというか、お互いに口に出したことはないが、俺はたまにあの頃を思い出してオナニーしている。