先日、野球少年の母親とリアルにやりまくってきた。
俺が住む地方では少年野球が盛んで、私立中学や甲子園常連校でもスポーツ推薦枠が充実している。
私立中学はスポーツ推薦とは言っても半ばスカウト入学に近い状態で、スカウトマンに対する母親たちのアプローチがものすごいという噂を耳にした。
だからスカウトマンになりきれば美味しい思いができるんじゃないかと考え、次の土曜日にさっそく市内の野球グランドを回ってみることにした。

1箇所目、中学の対抗試合らしく母親たちは沢山いるものの、ちょい年齢層が高めだった。
やれるんなら文句はないが、警戒心が強いのか俺に気づくと周りとヒソヒソ。
諦めて次のグランドへ。

2箇所目、狙い通り少学生の練習試合だった。
しかも、いかにも軽そうな母親たちがチラホラいる。
さっそく作戦を実行。
あまり目立ち過ぎないように、かばんからファイルを出してメモを取るふりをする。
何人かの母親が俺に気付いたらしくチラチラ視線を向けてくるので、ドキドキしながら物影に移動した。
すると、すぐに1人の母親が、「すみません、スカウトの方ですよね?」と声をかけてきた。
その母親は白石美帆に似た感じの美形で、内心(ヨッシャ!)と思いながらも、「え?違いますよ」と答えた。
すると母親は微笑みながら俺にメモを渡して去っていった。
そのメモには、『主人が息子の野球に無関心なので宜しければ相談に乗って下さい』と書いてあり、メルアドが添えられていた。
この母親は、その場では難しそうだったので、後日やることにして次へ移動した。

3箇所目。
ここも少学生が練習試合をしていた。
前の2箇所とは違って、整備の行き届いた新しい野球場で、なかなかやる気のあるチームが使っている。
そして母親たちのやる気も半端ない。
先程と同じく作戦を実行する。
何人かの視線を感じながら15分くらいが過ぎた頃、1人の母親が近づいてきて、通り過ぎざまに「こんにちは~」と会釈をして去っていった。
この母親は坂下千里子にソックリだった。
俺も軽く会釈を返し、後ろ姿を目で追っていると、チラチラこちらを振り返り、俺と目が合うと意味ありげに微笑んでくる。
直感的にヤレると感じ、母親の後を追った。

その母親は、すぐ近くの物影で俺を待っていた。
そして俺が来るのを見越していたように、「じつは息子の進路についてご相談が・・・」と言ってきた。
俺が戸惑っていると、「今日はご挨拶だけでも・・・」と言って身を寄せ、股間にタッチしてきた。
すでに俺のチンコは完全な勃起状態だった。

母親に促されるまま人気のない障害者用のトイレに入ると、「今日はご挨拶代わりにお口で」と言って俺のズボンを下ろし、あっと言う間に勃起したチンコを取り出した。
そして躊躇なく股間に顔を埋めてきた。
視線を落とすと、まるで坂下千里子がしゃぶっているようで興奮した。
そんな状態を5分も楽しんだだろうか、母親の絶妙なテクニックと興奮で、ついに俺は絶頂を迎えようとしていた。

母親に、「口の中に出すよ」と告げると、さらに激しくしゃぶってくる。

程なく俺は坂下千里子に激似の母親の口内に大量の精子を射精した。