大学時代の話。
潮ちゃんとセフレになってから4ヶ月くらいだったと思う。
もうその頃にはセックスに慣れてて、フェラとかも普通にしてくれてたし、週3でホテルか俺の部屋で2時間くらいはめてた。
趣味の話とかもしてて、パソコンが欲しい理由が、ネットラジオってのが聞きたかったんだと。
そこで声優の田村ゆかりのファンだって教えてくれた。
声優って基本的には東京でのイベントやライブが多いらしくて、旅費とかホテル代とか稼ぐためにバイトしてるって、ちょい恥ずかしそうに言ってた。

まあ順調に潮ちゃんを含めた何人かのセフレと楽しくやってた。
だけど、年が明けて2月くらいだったかな、いきなり、「好きな人ができて付き合うことになったから、もうこういう事はしないし、会わない」って言われた。
しつこくしても無駄だろうし、女って冷める時はホント容赦ねえから、わかったって言ったら、潮ちゃんは拍子抜けしたみたいだった。

まあ半月くらいで新しいセフレを確保したし、なんてことなかったんだけど、なんだかイケなくなったんだよね。
ちゃんとバキバキになるし、セックスすると気持ちいいんだけど、最後まで出せない。
もともと遅漏気味だったけど、出せないなんて初めてだったから焦った。
よくよく考えてみたら、潮ちゃんがいないのが物足りないんだって気づいた。

かと言って慌てて連絡とってもどうにもなんないから、まずは潮ちゃんの周辺を探った。
金って便利だよね。
探偵なんか雇わなくても、1万も出したらホイホイ引き受けてくれる大学生がいくらでもいた。
1週間程度で調べがついた。
潮ちゃんは京都◯◯大学の2回生と付き合ってた。
共通の趣味で仲良くなって、一緒にイベントとか行ってるらしかった。
相手は童貞だったらしくて、「お互い初めて同士だった」って周囲に自慢気に話していたらしい。
処女ワロス。
潮ちゃんって演技が上手いんだね。

情報収集の次は作戦を立てて即行動。
彼氏のほうは童貞を捨てたばっかならやりたくてたまんないだろうけど、処女相手にそんなにがっつける奴ってのはあんまりいない。
本当はやりたくてたまんないけど、嫌われないようにしようってのが心理ってもんだ。
だから、セフレの友達から男慣れしてるエロい女を調達して、偶然を装わせて男にあてがってみた。
そしたら会った次の日にホテルに行きやがった(笑)
わかるよわかるよ。
童貞を捨てた直後の万能感って異常だもんね。

そこから金で雇った学生を使って、潮ちゃんの耳に浮気の噂がさりげなく入るように仕向けた。
ぶっちゃけ簡単だった。
2週間と経たないうちに彼氏と微妙な関係になったみたい。

んで、潮ちゃんのバイト先に偶然を装って俺も入って再会を演出。

「久しぶりー、なんか元気ないねー」とかって水を向けたら、昼飯のときには相談してきた。

「あの、こんなこと相談するのは違うかもしれないけど・・・彼氏が浮気してるみたいなんです」

(うん、知ってる!)

とはもちろん言わず・・・。

「気のせいだよ」とか「疑ったらだめだよ」とか「初めての彼氏だから、ちょっとすれ違ってるだけじゃないの?」とか励まして、俺を頼る方向に持ってった。

彼氏の方にはもう1人女をあてがって、それと並行して噂を広げてった。
結局、セフレじゃなくなってから1月ちょいくらいで、潮ちゃんとはまたセフレに戻った。
彼氏として付き合ってはいるけど、セックスは物足りなかったみたい。
まあ当たり前なんだけどね。
ガキの頃からサルみてーにやりまくってた俺と童貞を比べるもんじゃねーわな。

セフレに戻って初めてのセックスはかなり興奮した。
かなり溜まってたからこっちも訳わかんなくなってたし、潮ちゃんも溜まってたみたいで、かなり激しかった。
それまでの潮ちゃんにしてた楽しむセックスじゃなくて、ガチでやりまくった。
気絶しても突きまくったし、「もうイキたくない、無理」って泣き喚いてもやりまくった。
飯と風呂とトイレ以外、丸2日やりまくって、ようやく落ち着いた。

潮ちゃんも割り切ったみたいで、彼氏と付き合いつつ俺はセフレって関係になった。
前と違うのは回数。
週3だったのがほとんど毎日になった。
なんかガチセックスしてから潮ちゃんのスイッチが入っちゃったみたいで、めちゃくちゃエロくなった。

春になって、京都市街にあるワンルームマンションを隣同志で2部屋借りて、住むようになった。
毎朝、潮ちゃんのフェラで朝立ちを鎮めてもらってから起きるようになった。
彼氏が週1くらいのペースで泊まりにくるんだけど、やっぱセックスが物足んないらしくて、朝彼氏が帰ったらすぐに俺の部屋に来て、1日中やったりしてた。

この頃は、他のセフレとはたまに気晴らしでやるくらいで、風俗以外は潮ちゃんとばっかやってたな。
いくらやっても飽きないんだよね。
毎日やってりゃアソコも崩れたり変色したりするもんだけど、透き通るようなピンク色のままだったし、次の日になったらぴったり閉じて、処女のときとほとんど変わんないくらいだった。

ひょっとして露出が好きなんじゃないかって思ったのは、その年の夏だった。
祇園祭りの頃で、クーラーが壊れたから窓全開でやってたんだ。
そしたらただでさえキツいのに、その日は潰されそうになるくらい締めてきた。
抱えたままベランダに出て立ちバックでやったら、おしっこを漏らしながらイッた。

次の日から、パンツが見えるかどうかギリギリのマイクロミニにチューブトップだけで外出させたり、下着なしで連れ出して、ショッピングモールのでかいトイレとかで服着たままハメたりした。

潮ちゃん本人が一番良かったって言ってたのは、保津川ってわかるかな?
京都の亀岡から川下りで嵐山に出るトロッコ列車とセットの名所なんだけど、そこの近くのウマホリって駅で、ヒラヒラの服を着せて、真夏の昼間に立ちバックでしたとき。
結構な人数に写真を撮られたけど大丈夫だった。

初めて生ではめたのもそのときだった。
潮ちゃんは生でのセックスは絶対に許さないって子だった。
彼氏にも生ではさせなかったみたいだし、俺も最初はさせてもらえなかった。
だからゴム付けんのが当たり前だと思ってたけど、潮ちゃんの露出癖がわかってからエロくなったのはありがたかった。
興奮のどさくさで何回か生で出来たし。
大学3年の夏には、よっぽど危ない日以外はピルを飲んでくれて、ほとんど生でさせてくれた。

アナルにも興味が出てきたみたいで、自分で浣腸して洗ってきて、ローションとか専用のバイブとか、「ネットで買ったのー」って渡された時は驚いた。
もともとは、「好きな人以外とはしたくないです」って言ってた子だからね。
ソープのテクもかなり仕込んだから、俺の後に付き合った男は幸せもんなんじゃねーかな(笑)